lin
ごあいさつ
インターネットバンキング
でんさい
カーローンシュミレーション
採用情報
カードローン
外貨宅配サービス
店舗・ATMコーナー
サービス業務
手数料料金
預金金利
年金サービス
ふりこめ詐欺に注意
アドビリーダー
PDFファイルをご覧頂くには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Adobe Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。
java
HOME>当サイトのご利用にあたって

当サイトのご利用にあたって

金融商品に係る勧誘方針

平成19年9月30日より「金融商品取引法」が施行され、「金融商品の販売等に関する法律」に関連する法令の一部改正が行われました。当金庫は、金融商品の販売等に際しては、次の事項を遵守し、勧誘の適正を図ります。
1. 当金庫は、お客様の知識、経験、財産の状況及び当該金融商品の販売に係る契約を締結する目的に照らして、適正な情報の提供と商品説明をいたします。
2. 金融商品の選択・ご購入は、お客様ご自身の判断によってお決めいただきます。
その際、当金庫は、お客様に適正な判断をしていただくため、当該商品の重要事項について説明をいたします。
3. 当金庫は、誠実・公正な勧誘を心掛け、お客様に対し事実と異なる説明をしたり、誤解を招くことのないよう、研修等を通じて役職員の知識の向上に努めます。
4. 当金庫は、お客様にとって不都合な時間帯や迷惑な場所での勧誘は行いません。

苦情処理措置・紛争解決措置等について

当金庫は、お客さまからの相談・苦情・紛争等(以下「苦情等」という。)を営業店または 相談室および経営企画部コンプライアンス課で受け付けています。

1. 苦情等のお申し出があった場合、その内容を十分に伺ったうえ、内部調査を行って事実 関係の把握に努めます。
2. 事実関係を把握したうえで、営業店、関係部署等とも連携を図り、迅速・公平にお申し 出の解決に努めます。
3. 苦情等のお申し出については記録・保存し、対応結果に基づく改善措置を徹底のうえ、 再発防止や未然防止に努めます。

苦情等は営業店または次の担当部署へお申し出ください。

 

日本海信用金庫 相談室および経営企画部コンプライアンス課
住 所 島根県浜田市殿町83 番地1
TEL 0855-22-1851 FAX:0855-22-7858
Eメール お問い合わせからお願いします。
受付時間 9 時~17 時(信用金庫営業日)
受付媒体 電話、手紙、ファクシミリ、メール、面談

 

* お客さまの個人情報は苦情等の解決を図るため、またお客さまとのお取引を適切 かつ円滑に行うために利用いたします。

利益相反管理方針

当金庫は、信用金庫法および金融商品取引法等を踏まえ、お客さまとの取引にあたり、本方針および当金庫が定める庫 内規則に基づき、お客さまの利益が不当に害されるおそれのある取引を適切に管理(以下「利益相反管理」といいます。)し、もってお客さまの利益を保護するとともに、お客さまからの信頼を向上させるため、次の事項を遵守いたします。
1. 当金庫は、当金庫がお客さまと行う取引を対象として利益相反管理を行います。
2. 当金庫は、以下に定める取引を利益相反管理の対象とします。
(1) 次に掲げる取引のうち、お客さまの利益が不当に害されるおそれのある取引。
  当金庫が契約等に基づく関係を有するお客さまと行う取引。
  当金庫が契約等に基づく関係を有するお客さまと対立または競合する相手と行う取引。
  当金庫が契約等に基づく関係を有するお客さまから得た情報を不当に利用して行う取引。
(2) ①から③のほか、お客さまの利益が不当に害されるおそれのある取引。
3. 当金庫は、利益相反管理の対象となる取引について、次に掲げる方法その他の方法を選択し、またはこれらを組み合わせることにより管理します。
対象取引を行う部門とお客さまとの取引を行う部門を分離する方法。
対象取引またはお客さまとの取引の条件または方法を変更する方法。
対象取引またはお客さまとの取引を中止する方法。
対象取引に伴い、お客さまの利益が不当に害されるおそれがあることについて、お客さまに適切に開示する方法。
4.

当金庫は、営業部門から独立した管理部署の設置および責任者の配置を行い、利益相反のおそれのある取引の特定および利益相反管理を一元的に行います。
また、当金庫は、利益相反管理について定められた法令および庫内規則等を遵守するため、役職員等を対象に教育・研修等を行います。

 

5. 当金庫は、利益相反管理態勢の適切性および有効性について定期的に検証します。

個人情報の取り扱いについて

当金庫は、お客様からの信頼を第一と考え、個人情報の適切な保護と利用を図るために、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)および金融分野における個人情報保護に関するガイドライン、その他の関係法令等を遵守するとともに、その継続的な改善に努めます。
また、個人情報の機密性・正確性の確保に努めます。