西兵庫信用金庫 おかげでさまで70年 <70thロゴ>

にししんは、おかげさまで70年 確かな“絆”を もっと先へ

Message メッセージ

西兵庫信用金庫
理事長
志水宣之

西兵庫信用金庫は平成30年8月15日に創立70周年迎えます。

 当金庫は、戦後混乱期に地域金融の円滑化と地域産業の振興を担って農業会より独立し、昭和23年8月15日に預金量700万円をもって、産業組合法に基づく保証責任山崎信用組合として産声をあげました。その後、昭和26年の信用金庫法の制定に伴い、宍粟信用金庫に改組、昭和47年に西兵庫信用金庫に名称変更し、現在に至ります。

 これまで当金庫は、戦後復興期から高度経済成長期と安定成長期、そしてバブル経済崩壊後の低成長期となる現在まで、一貫として地域密着路線をひたすら堅持してきました。営業地域については、西播磨中播磨東播磨の8市1区6町まで拡げ、店舗は26か店、出張所を14か所配置しています。また、直近決算では、預金量4,518億円、貸出金2,011億円と業容を拡大し確固たる営業基盤を築くことができました。これもひとえに皆様方のご支援ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。

 今年度、私たちは「感謝と飛躍」をスローガンにして、70年間、当金庫を育て支えて下さった地域の皆様に感謝するとともに、厳しさを増す金融環境の中、さらなる成長のため自己変革に挑戦してまいります。これからも将来にわたり活力ある地域社会の実現に向け、金融を通じて寄与していけるよう「地域で最も信用・信頼される金融機関」を目指して邁進する所存でございます。

 今後とも何卒、一層のご支援ご鞭撻を賜りますよう心より願い申し上げます。

Concept 70周年コンセプト

「感謝と飛躍」

おかげさまで70年 確かな“絆”を もっと先へ

シンボルマークコンセプト

虹は、にししんお客様をつなぐ架け橋。
また、未来へ向けた架け橋をイメージ。
これからも地域のお客様とともに歩んでいくということ。
そして、70周年を7色の虹にたとえ、10年ずつ積上げてきた歴史を表現しています。

標語コンセプト

70周年を迎え、支えて下さった地域の皆様への感謝の気持ちとともに、より進化を遂げた金融サービス業を目指し、
地域と共に更なる飛躍を目指していく。
そのために、これまでの70年間築き上げてきた当金庫と地域との信頼の絆を、これからも将来にわたって更に深めていくこと、
また70周年を迎えられたことに対し、地域の皆様への感謝を忘れず、いつも笑顔でお客様に寄り添い、
地域No.1金融機関であり続けることを表現しています。

最後までご覧いただきありがとうございます。
今後とも当金庫をご愛顧賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。

地域で最も信用、信頼される金融機関をめざして
西兵庫信用金庫