中条正志 | 職員からのメッセージ | 採用について | おかやま信用金庫

おかやま信金
金融機関コード 1732


  • おかやま信用金庫 店舗・ATM
    店舗情報 店外キャッシュコーナー 統廃合店舗情報
  • おかやま信用金庫 金利情報
  • おかやま信用金庫 手数料
  • おかやま信用金庫 お問合せ

  • 採用情報
  • 当金庫からのメッセージ
  • 職員からのメッセージ

支店長
中条 正志~Chujo Tadashi~
1995年入庫

~地域のお客様と常に
      繋がりを持ち続けること~

支店長 中条正志

仕事をするうえで大切にしていること

信用金庫で仕事をしていくうえで、地元のお客様との「ご縁」や「繋がり」は常に存在しており、お互いに欠かせないものになっています。それらを無視して地域金融機関としての役割は果たせないと思っています。ですから、この「ご縁」や「繋がり」を大切にし、何をすればお客様の「事業価値」の向上や「生涯価値」の向上に繋がるのかということを考えながら仕事をし、常に何らかの形でお客様と繋がりを持ち続けることを重要視しています。

職場の環境づくりについて

支店長 中条正志 私が在籍している支店の窓口は、平均年齢25歳とフレッシュなメンバーがそろっています。若くて活気があることはいいことですが、反面、経験値が少ないという弱点もあります。職員の成長は大変重要なことであり、管理職としては、常に部下職員に目を向け、何か悩んでいること はないか、問題を抱えてはいないかなど気に かけながら接するようにしています。そして、 日頃から雑談を含めたコミュニケーション をとりやすい環境をつくり、部下職員から の話には常に耳を傾けるようにしています。

ここが魅力!

信用金庫は、様々な年齢層や業種のお客様とお取引があります。仕事を通じて、それらのお客様との「ご縁」や「繋がり」ができ、あらゆる形でサポートやお手伝いができて、感謝していただけることが多々あります。もちろん、大変なこともありますが、職員同士が協力しながら問題を解決していく土壌があり、様々な経験が糧となり、最終的には社会人として自分自身の成長に繋がっていくことが一番の魅力です。初めはわからないことばかりだと思いますが、まずはお客様のことや地域のことに目を向け、興味を持ちながら仕事をしていけばうまくいくと思いますよ!