先輩インタビュー

  • 01 融資渉外係1
  • 02 融資渉外係2
  • 03 預金係
  • 04 預金係(窓口担当)
  • 05 店長代理
  • 06 本部

Interviews 01

街の人とのコミュニケーションを通じ自分の成長を実感できる毎日

日々の訪問は、お客様からいろいろなことを学ぶチャンス

融資渉外係として、担当するお客様のところに集金に伺ったり、ニーズに合わせて保険や投資信託などの商品を提案しています。ただ要望を聞いて説明するだけでなく、こちらからもいろいろと質問し、隠れているニーズを引き出すことも重要な仕事です。それをきっかけに個人ローンや住宅ローンなどの融資の相談をされることもあります。

入庫直後は内勤だったので、来てくださるお客様に対応する仕事が中心でした。でも今は自分から連絡してアポイントを取ったり、ほぼ毎日、日中はほとんどお客様のところに足を運んでいろいろな話をしています。どちらかというと、今の仕事の方が性に合っている感じがしています。お客様は皆、地元のことにものすごく詳しいので、何を話していても発見ばかりで、楽しく仕事ができています。

心掛けているのは、どんなときも笑顔でお客様と会うこと。嫌なことや落ち込むことがあっても引きずらないことです。そうすることでお客様とも良いコミュニケーションがとれるんです。私自身、まだまだ未熟なので、今でもお客様から教わることがたくさんあります「前の担当の人はこんなふうにやっていたよなどと教えてくださる方もいたりして、それが仕事のヒントになることもあります。

以前、ちょっとした不注意で、お客様からお叱りを受けたことがありました。こうして愛情を持って、私のためにアドバイスをしてくださる方、真剣に相談してくださる方がいるからこそ、私も成長できますし、もっともっと頑張ろうという気持ちになります。私にとってとても幸せな環境だと思っています。

ある一日のスケジュール

もっと経験を積み、融資のプロを目指したい

お金を扱う仕事ですから、大きな責任が伴います。口座のお金を動かすといった場合にもし何かミスがあったら、そこで困るのはお客様本人。だから、仕事中は常に緊張感を忘れないように意識しています。

将来は、もっと融資業務に詳しくなって、お客様から頼られる存在になりたいと思っています。お客様にとっては、お金を借りるということは大きな決断であり、警戒することも多いものです。私が尊敬する先輩は、担当のお客様からものすごく信頼されていて、相手を安心させるのがとても上手なんです。私もそういう「渉外マン」になりたいですし、そのためにはもっとたくさんのお客様と接して経験を積む必要があると感じています。

少しずつですが、財務諸表などの決算書類の見方を独学で勉強したり、税務知識を身に付けるために本を読んだりし始めました。銀行業務検定という資格があって、今はその取得を目指しています。こうした資格のための勉強なども通じて、これからも着実にステップアップしていきたいですね。

img02

Profile

2012年4月入庫 工学部情報システム創成学科卒

自営業をしていた祖母の姿を見て、自分を育ててくれた街の人たちを支える仕事で、何か恩返しをしたいと考えるように。できるだけ多くの人と関わりたいと考え、地元の金融機関で働く道を選ぶ。出納係を1年半経験した後、現在の融資渉外係に。サッカー部に所属し、休日は練習に明け暮れている。

どんな職場?

仕事には上司も後輩もみな緊張感をもって取り組んでいますが、風通しはよい職場で、自由に意見を言い合えるため、働きやすい環境だと思います。地元のことが好きな職員が多く、共通の話題にも事欠きません。和やかな雰囲気なので、すぐに打ち解けられると思います。