お問い合わせ ▶︎

お客様サポートダイヤル(平日:9:00〜17:00)

※お亡くなりになったことのご連絡は、お手数ですが、相続センター(上記フリーダイヤル)もしくはお取引店にお電話ください

相続人のご確認

相続関係図

民法の定める相続人は、配偶者と親族ですが、親族には相続の順番があります。
配偶者は常に相続人となり、どの順位の相続人とも共同して相続人となります。

1. 第一順位

子が第一順位の相続人となります。子が子や孫を残してお亡くなりになられている場合には、その子や孫が代襲相続人となります。

【被相続人の戸籍謄本】
出生~死亡まで、ご確認できる戸籍謄本が必要。

2. 第二順位

父母は、子およびその子の直系卑属がいない場合に、第二順位の相続人となります。父母がお亡くなりになられていて、祖父母がいる場合には祖父母が相続人になります。

【被相続人の戸籍謄本】
出生~死亡まで、ご確認できる戸籍謄本が必要。

3. 第三順位

兄弟姉妹は、第一順位、第二順位の相続人がいない場合に、第三順位の相続人となります。また、兄弟姉妹の中にお亡くなりになられている方がいる場合には、その方の子(甥・姪)が代襲相続人となります。

【配偶者がいない場合】
上位順位の方が全て相続します。
例) 配偶者がすでにお亡くなりになられていて、子と両親と弟がいる場合には、子が全て相続する

お客様サポートダイヤル
(平日:9:00〜17:00)

お問い合わせ ▶︎

※お亡くなりになったことのご連絡は、お手数ですが、相続センター(上記フリーダイヤル)もしくはお取引店にお電話ください


TOP