「お客さま本位の業務運営にかかる基本方針」について

さんしんについて > 基本方針 > 「お客さま本位の業務運営にかかる基本方針」について

 三条信用金庫は、金融商品の販売における「お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)にかかる基本方針」を制定しいたしました。
 役職員一人ひとりが、今まで以上にお客さまのためになる質の高い金融商品・サービスの提供に努め、お客さまの安定的な資産形成のお役に立てるよう取り組んでまいります。

お客さま本位の業務運営フィデューシャリー・デューティーにかかる基本方針

三条信用金庫

 当金庫は、お客さまの安定的な資産形成のお役に立つため、金融商品を販売する際の「お客さま本位の業務運営にかかる基本方針」を定め、これを順守するとともに、定期的に見直すことで定着を図ります。

1. お客さまニーズに適した商品ラインアップの構築

  • それぞれのお客さまの投資目的やリスク許容度に応じた商品をご提案できるよう、幅広い商品の品揃えに努めます。
  • 商品導入にあたっては、商品の特性やリスクを十分に検討して選定します。
  • 長期・分散・積立投資に適う商品、分かりやすい商品の導入に努めます。

2. お客さまへのコンサルティングを通じた投資商品の提案

  • 商品のご提案にあたっては、事前にお客さまの資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズ等をしっかりとお伺いします。
  • 中長期的な資産形成の必要性とそれに適う商品をご提案するなど、お客さまの最善の利益を図ることを目指した商品・サービスの提案に努めます。

3. お客さまに応じた分りやすい説明

  • 各商品のリスクの所在やご負担いただく費用などについては、丁寧な説明に努め、説明資料等の改善に取組みます。
  • 商品の複雑さやリスクの大きさ、お客さまのご年齢や投資経験等に応じた、より分かりやすい説明に努めます。

4. 適切なアフターフォローの実施

  • 営業活動やセミナーのの開催などを通じて、継続的な情報提供に努めます。
  • お客さまからのご相談やご質問に的確にお応えできるよう、態勢の整備に努めます。
  • 投資環境の変化、お客さまのライフプランやニーズの変化に応じて、必要な情報の提供やご相談など、アフターフォローの充実に努めます。

5. お客さまの安定的な資産形成を実現するための態勢整備

  • お客さまの金融・投資知識の向上に役立つサービスの充実を図ります。
  • 別に公表しております「利益相反管理方針」に沿って、お客さまの利益が不当に損なわれることがないように対応します。
  • 職員研修の実施や資格取得の奨励等を通じて、担当者の専門知識やスキルの向上に努め、家計の安定的な資産形成に適う商品やサービスをご提案できる人材の育成に取組みます。
  • 「お客さま本位の業務運営」の実現と定着を目的に、お客さまの声を真摯に受止めるとともに、これからも金庫内の態勢整備に努めてまいります。

(H29.9制定)