経営計画

さんしんについて > 経営計画

長期経営計画

さんしん 「共創力」発揮 3か年計画 − 地域と共に未来へ歩み続ける協同組織金融機関を目指して −

計画の期間 : 2018年4月から2021年3月まで

目指すべき姿

本長期経営計画では、信用金庫の原点である「相互扶助」の経営理念に基づき、地域社会の発展をお客様と共に目指すこと(=「共創力」)により、地域金融機関としての強固な経営基盤と確固たる地歩を確立する。

経営戦略

〈基本方針〉

《価値ある提案を通じた収益性の向上》
当金庫は、地域やお客様の課題解決に向けた価値ある提案等による支援力の強化や円滑な資金供給を通じ、適正な対価(貸出金利息、役務収益)を確保する。併せて、共同化等や業界ネットワークの活用による経営の効率化を進める。
こうした取組みにより、収益性の向上を図りつつ、地域と共に歩み続ける協同組織金融機関としての持続可能なビジネスモデルを構築する。

〈四つの重点戦略と具体策〉

  1. 支援力・営業力の 深化×進化 しんか
    (1)金融仲介機能の発揮 〜中小企業の企業価値の向上に向けた取組み〜
    (2)ライフサポーター機能の発揮 〜お客様の生涯価値の向上に向けた取組み〜
    (3)地方創生のプラットフォーム機能の発揮 〜地域価値の向上に向けた取組み〜
    (4)独自性・特性、強みの発揮 〜事業性評価に基づくビジネスモデルの実践〜
    (5)IT・フィンテックの戦略的活用
    (6)イメージアップに向けた取組みの強化
  2. 経営力・内部態勢の 深化×進化 しんか
    (1)収益性の向上
    (2)生産性・効率性の向上
    (3)健全性の確保
    (4)透明性の向上
    (5)法令等遵守態勢・顧客保護等管理態勢
    (6)リスク管理態勢
  3. 人材力・組織力の 深化×進化 しんか
    (1)人材の確保
    (2)人材の育成
    (3)やりがいを持って働くことができる職場づくり
  4. 業界総合力の 深化×進化 しんか
    (1)事務等の共通化・共同化の促進