札幌信用金庫|SAPPORO SHINKIN BANK

文字サイズ
札幌信用金庫 HOME >> 商品のご案内 >> 個人向け国債・新窓販国債のご案内
しんきん電子記録債権サービス
インターネットバンキング
個人のお客様
さっしんパーソナルダイレクト
法人のお客様
さっしんビジネスダイレクト
住宅ローンシミュレーション
住宅ローンシミュレーション
インフォメーション
リクルート情報
手数料一覧
金利一覧
メールオーダーサービスのご案内
ペイジーのご案内
しんきん携帯電話マネージャーサービス
手形・小切手署名判印刷サービス
相談プラザのご案内
さっしんキャラクターのご紹介
確定拠出年金
インフォメーションサービス
頼りになる相談室 プラザ店
さっしん地域経済金融センター
ビジネスマッチング業務のご紹介
信金中央金庫
しんきんカード
経営セーフティ共済
さぁ!ネットで申告e-Tax
でんさいネット

商品のご案内|COMMODITY

国債のご案内

商号等:札幌信用金庫 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第19号
 札幌信用金庫では、個人向け国債および新窓販国債をお取扱いしておりますので、お客様のライフプランや投資目的に合わせてご利用ください。

個人向け国債

個人向け国債とは
●個人の方のみを対象とした国債です。
●額面1万円単位でご購入いただけ、半年毎に年2回利子を受取ることができます。
●満期と金利タイプの異なる3つの種類があり、それぞれに特長があります。
   ①変動金利の10年タイプである、「変動10年」
   ②固定金利の5年タイプである、「固定5年」
   ③固定金利の3年タイプである、「固定3年」

個人向け国債の商品概要
①変動金利型10年満期
 半年毎に適用する利率が変わる「変動金利」を採用した、10年満期の個人向け国債です。
②固定金利型5年満期
 発行時に設定された利率が満期まで変わらない「固定金利」を採用した、5年満期の個人向け国債です。
③固定金利型3年満期
 発行時に設定された利率が満期まで変わらない「固定金利」を採用した、3年満期の個人向け国債です。

個人向け国債の商品性の比較

商品名

変動金利型10年満期

固定金利型5年満期

固定金利型3年満期

満期

10年

5年

3年

金利タイプ

変動金利

固定金利

固定金利

金利設定方法※1

基準金利×0.66 ※2

基準金利-0.05% ※3

基準金利-0.03% ※3

金利の下限

0.05%

利子の受け取り

半年毎に年2回

購入単位
(販売価格)

最低1万円から1万円単位
(額面金額100円につき100円)

償還金額

額面金額100円につき100円(中途換金時も同じ)

中途換金

発行後1年経過すれば、いつでも中途換金可能 ※4
直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれます。

発行月
(発行頻度)

毎月
(年12回)

※1

国債の利子は、受取時に20.315%分の税金が差し引かれます。ただし「障害者などの非課税貯蓄制度(いわゆるマル優、特別マル優)」の適用を受け、非課税とすることができます。この制度については、税務署などにお問い合わせください。

※2

基準金利は、利子計算期間開始日の前日までの最後に行われた10年固定利付国債の入札(初回利子については募集期間開始日までの最後に行われた入札)における平均落札利回り。

※3

基準金利は、募集期間開始日の2営業日前において、市場実勢利回りを基に計算した期間5年または3年の固定利付国債の想定利回り。

※4

中途換金の特例:災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合、又は保有者本人が亡くなられた場合には、上記の期間に関わらず中途換金できます。

募集要項等につきましては、財務省のホームページでご確認ください。

『個人向け国債』のご案内(財務省)

個人向け国債に関するご注意事項について

個人向け国債は預金、保険契約ではありません。また、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。

当金庫が取り扱う個人向け国債は投資者保護基金の対象ではありません。

お取引にあたっては、振替決済口座の開設が必要となります。

個人向け国債の購入に際しては、購入対価のみをお支払いただき、手数料はかかりません。

個人向け国債は1年間の中途換金禁止期間があります。その後は額面で中途換金できます。

中途換金する場合には、原則として次の算式によって算出される中途換金調整額が、中途換金される額面金額に経過利子を加えた金額より差し引かれます。
・中途換金調整額:直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685

個人向け国債は、元本と利子の支払を日本国政府が行うため、安全性の高い金融商品ですが、発行体である日本国政府の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払が滞ったり、支払い不能が生じるリスクがあります。

個人向け国債のお取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。

新窓販国債

新窓販国債とは
●個人、法人、マンションの管理組合などが購入できる国債です。
●額面5万円単位でご購入いただけ、半年毎に年2回利子を受取ることができます。
●満期の異なる3つの種類があります。
   ①満期が10年の固定利付国債の「10年固定」
   ②満期が5年の固定利付国債の「5年固定」
   ③満期が2年の固定利付国債の「2年固定」

新窓販国債の商品性の比較

商品名

2年固定利付国債

5年固定利付国債

10年固定利付国債

満期

2年

5年

10年

金利タイプ

固定金利

金利設定方法

発行毎に市場実勢に基づき財務省で決定

利払い

半年毎に年2回

購入単位

最低5万円から5万円単位

購入限度額

1申込みあたり3億円

販売価格

発行毎に財務省で決定

発行月

毎月(年12回)

流動性
(中途換金)

市場でいつでも売却が可能(売却 益/損 が発生)

国の買い取りによる中途換金制度はありません

募集要項等につきましては、財務省のホームページでご確認ください。

『新窓販国債』のご案内(財務省)

新窓販国債に関するご注意事項について

新窓販国債は預金、保険契約ではありません。また、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。

当金庫が取り扱う新窓販国債は投資者保護基金の対象ではありません。

お取引にあたっては、振替決済口座の開設が必要となります。

新窓販国債の購入に際しては、手数料はかかりません。

ご購入時に初回の利子の調整額を払い込む必要があります。

国債の市場価格は、金利の上昇等による債券価格の下落や、発行者の信用状況の変化により、途中売却の際は投資元本を割り込むことがあります。

新窓販国債は、元本と利子の支払を日本国政府が行うため、安全性の高い金融商品ですが、発行体である日本国政府の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払が滞ったり、支払い不能が生じるリスクがあります。

新窓販国債のお取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。