ホームへ よくあるご質問 サイトマップ


■投資信託について

投資信託とは、たくさんのお客様からお預りした資金を集めてひとつにまとめ、運用の専門家である投資信託会社が、国内外の株式や債券、不動産投信等に投資し、その運用成果をお客様に分配するというしくみの商品です。

■投資信託の特徴

1. 小さな資金で始められます。

  投資信託は、株式、債券、不動産投信などへの投資を1万円程度から始められる身近な投資手段です。

2. 分散投資の効果を得られます。
  投資信託では、複数の投資対象に資金を分散して投資しますので、
  リスクを抑えた運用を目指すことができます。

3. 投資の専門家に運用をお任せいただけます。

  株式や債券などに投資するには専門的な知識が必要となります。
  投資信託は投信の専門家である投資信託会社が長年培ったノウハウを活かして
  バランスの取れた運用を行います。

■投資信託のしくみ

■投資信託の取扱商品並びに投資信託の取扱手数料について
新宮信用金庫では6パターンの投資対象分類で8種類の商品をお取扱しています。

   投資信託に関する手数料等の概要
申込手数料(ご購入時)
ご購入時に直接ご負担いただく費用で、各ファンドの買付時の1口あたりの基準価額(買付価額)に、商品一覧表に記載の手数料率、約定口数を乗じて得た額。
信託財産留保額(ご換金時)
ご換金時にご負担いただく費用で、換金時の基準価額に対して、商品一覧表に記載の料率を乗じて額。ご換金の際には、ご換金時の基準価額から信託財産留保額を控除した価額(換金価額)にて換金代金が算出されます。
信託報酬等(保有時)

保有時に間接的にご負担いただく費用で、原則として、信託財産の純資産総額に対して、主には商品一覧表に記載の料率を乗じた額。日々計算され、信託財産の中からご負担いただきます。

その他詳細につきましては、必ず各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧下さい。

なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。

   投資信託に関するご注意事項
投資信託は、預金ではなく、預金保険機構の保護の対象ではありません。
当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
投資信託は元本および利回りの保証はありません。
投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生じることがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生じることがあります。
投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
投資信託には、換金期間に制限のある場合があります。
投資信託の取得のお申込に関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
投資信託をご購入にあたっては、あらかじめお渡しする最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等を必ずご覧になり、内容を十分にご確認のうえ、お客さまご自身でご判断下さい。なお「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等は当金庫の取扱い本支店にご用意しています。


個人情報の保護について | 金融商品勧誘方針保険募集指針預金保険制度ご利用規約について
反社会的勢力に対する基本方針利益相反管理方針地域金融円滑化のための基本方針