新宮信用金庫

よくあるご質問 サイトマップ 金融機関コード:1671
PC版スマホ版切り替え

ためる・ふやす


新宮信用金庫  登録金融機関

近畿財務局長(登金) 第60号

投資信託取扱商品一覧について

ファンド名をクリックすると、運用会社のホームページにリンクします。リンク先のコンテンツは各運用会社が管理します。

ファンド名 運用会社 決算日 買付・換金申込
▼主に海外の債券で運用するファンド
 グローバル・ソブリン・
オープン

(毎月決算型)
外部リンクはこちら
 <取引中止>
 国際投信投資顧問 年12回 
(毎月17日
原則いつでも

日本を含む世界主要先進国(OECD加盟国の内、原則としてA格以上の信用力の高い国)のソブリン債券に分散投資し、リスク分散を図ったうえで、長期的に安定した収益の確保と信託財産の成長を目指します。外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

▼ 主に国内の株式で運用するファンド

 しんきんインデックス
  ファンド225

 外部リンクはこちら
 <取引中止>

 しんきんアセットマネジメント 投信 年1回
(1月13日)
原則いつでも

日本を含む世界各国において上場されている不動産投資信託を実質的な投資対象とします。安定的かつ相対的に高い配当収益の確保を目指すために、賃貸事業収入比率の高い銘柄を中心に分散投資します。運用指図に関する権限はBNPパリバ インベストメント・パートナーズ・グループに委託します。なお、外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

 ニッセイ日本勝ち組ファンド
 (3ヵ月決算型)




 外部リンクはこちら
 <取引中止>

 ニッセイアセットマネジメント 年4回
(1,4,7,10月の各5日)
原則いつでも

東京証券取引所第1部上場銘柄を対象として、各業界をリードする勝ち組企業の株式への投資を行います。

組入銘柄数は原則として30銘柄とし、業種分散を図りながら銘柄選定を行い、各銘柄への資産配分は、概ね等金額投資となることを目標とします。

■投資信託に関するリスク

各ファンドには以下のリスクがありますので、元本が保証されているものではございません。また、投資信託の運用による損益はお客さまに帰属します。その他のリスクおよび詳細については、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」(以下目論見書等という)に記載しておりますので、必ずご覧下さい。
※外部リンクについて
「外部リンクはこちら」をクリックすると、各社のWEBサイトにリンクされます。リンク先のWEBサイトは当金庫のWEBサイトではありません。
   投資信託に関するリスク

各ファンドには以下のリスクがありますので、元本が保証されているものではございません。また、投資信託の運用による損益はお客様に帰属します。その他のリスクおよび詳細については、各ファンドの「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」(以下目論見書等という)に記載しておりますので、必ずご覧下さい。

主に海外債券を投資対象とするファンド
金利変動等による組入債券の価格変動、組入債券の発行者の信用状況の変化、為替相場の変動等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
主に国内株式を投資対象とするファンド
組入株式の価格変動、組入株式の発行者の信用状況の変化等により基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
投資対象分類については当金庫独自の分類です。また、「新宮信用金庫の投資信託取扱商品一覧」および当資料は当金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
   投資信託に関する手数料等の概要
申込手数料(ご購入時)
ご購入時に直接ご負担いただく費用で、各ファンドの買付時の1口あたりの基準価額(買付価額)に、商品一覧表に記載の手数料率、約定口数を乗じて得た額
信託財産留保額(ご換金時)
ご換金時にご負担いただく費用で、換金時の基準価額に対して、商品一覧表に記載の料率を乗じた額。ご換金の際には、ご換金時の基準価額から信託財産留保額を控除した価額(換金価額)にて換金代金が算出されます。
信託報酬等(保有時)

保有時に間接的にご負担いただく費用で、原則として、信託財産の純資産総額に対して、主には商品一覧表に記載の料率を乗じた額。日々計算され、信託財産の中からご負担いただきます。

その他詳細につきましては、必ず各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等をご覧下さい。

なお、投資信託に関する手数料の合計は、お申込金額、保有期間等により異なりますので表示することはできません。

   投資信託に関するご注意事項
投資信託は、預金ではなく、預金保険機構の保護の対象ではありません。
当金庫が取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
投資信託は元本および利回りの保証はありません。
投資信託は、組入有価証券等の価格下落や組入有価証券等の発行者の信用状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生じることがあります。また、外貨建資産に投資する場合には、為替相場の変動等の影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生じることがあります。
投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
投資信託には、換金期間に制限のある場合があります。
投資信託の取得のお申込に関しては、クーリングオフ(書面による解除)の適用はありません。
投資信託をご購入にあたっては、あらかじめお渡しする最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等を必ずご覧になり、内容を十分にご確認のうえ、お客さまご自身でご判断下さい。なお「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等は当金庫の取扱い本支店にご用意しています。

個人情報の保護について | 金融商品勧誘方針保険募集指針預金保険制度ご利用規約について
反社会的勢力に対する基本方針利益相反管理方針地域金融円滑化のための基本方針

↑ PAGE TOP