ホームへ よくあるご質問 サイトマップ


■預金保険制度
預金保険制度とは、万が一金融機関が破綻した場合に、一定額の預金を保護するための保険制度です。預金保険制度は、政府・日本銀行・民間金融機関の出資により設立された「預金保険制度」によって運営されています。
■預金等の保護の範囲
 預金保険の対象商品 決済用預金
(当座預金・利息のつかない普通預金など)
全額保護
利息の付く普通預金・定期預金・貯蓄預金・通知預金・定期積金・納税準備預金など 合算して元本1,000万円までとその利息等を保護。(1,000万円を超える部分は一部カットされることがあります)
 預金保険の対象外商品 外貨預金・譲渡性預金など 保護対象外
破綻金融機関の財産状況に応じて支払われます。一部カットされる場合があります。


個人情報の保護について | 金融商品勧誘方針保険募集指針預金保険制度ご利用規約について
反社会的勢力に対する基本方針利益相反管理方針地域金融円滑化のための基本方針