相続相談事例

相続手続きには、どのような書類が必要でしょうか?

相続手続きで一般的にご用意いただく書類は下記の通りですが、状況によっては異なる書類が必要になる場合がございますので、詳しくは窓口までお問い合わせください。

  • 被相続人(死亡された方)の出生から死亡までの連続した戸籍(除籍)謄本及び相続人全員の戸籍謄本、若しくは認証文付き法定相続情報一覧図の写し
  • 相続人全員の印鑑証明書(発効日から3ヶ月以内のもの)
  • 被相続人(死亡された方)の預金通帳、預金証書、出資証券等
  • 相続手続依頼書(当金庫指定のもの)※1
  • 遺産分割協議書(該当がある場合)※1
  • 遺言書(該当がある場合)

※1 実印の押印をお願いします。

預金者の死亡が金融機関に知られると、死亡者の預金の払戻しができなくなるのは本当でしょうか?

金融機関は顧客の死亡を知ると、死亡された方の預金の払戻しを停止します。その預金の相続者が確認できないとお支払いできないからです。
当金庫では、ご遺族が葬儀費用等の支払いに充てるため、予め死因贈与契約を当金庫・贈与者・受贈者の3者で契約することにより、指定された受贈者に対し、預金者死亡後に円滑な預金の払い出しを行うことができる商品「家族あんしん定期預金」をご用意しております。詳しくはこちらをご覧ください。

年金の受給者である父が死亡し、未支給となっている父の年金を長男の私が請求したところ、私の口座に年金が振込みされました。これは、遺産相続の対象でしょうか?

すでに死亡されている方の未支給の年金は、請求者の口座に振込まれます。この年金は、遺産相続の対象外となります。

個人のお客さまむけチーム湘南
  • チーム湘南とは
  • 相談会のご案内
  • 相談事例紹介
  • ご利用方法
個人のお客さま
  • 湘南ダイレクト
インターネット24時間受付
  • フリーローン
  • カードローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • 奨学ローン
  • 奨学カードローン