ビジネスマッチング事例

農商工等連携事業によるビジネスマッチング事例

相談経緯

農業経営者の課題

三浦市の農業経営者は、法人化や機械化をいち早く進め、自社直売所だけでなく量販店や観光施設等での販売を行っていました。しかし、利益率の低い量販店向け出荷量が増加したため、収益性の悪化に頭を悩ませていました。

中小事業者の課題

横浜中華街の中華菓子・惣菜製造販売業者は、首都圏のホテルや百貨店での販売を行っていましたが、新鮮で美味しい野菜の安定供給先の確保が課題となっていました。

主な支援内容

  • 一次産業者と二次産業者・三次産業者とのマッチング
  • 中小企業基盤整備機構・神奈川県中小企業団体中央会との連携による補助金申請支援
  • 大学と連携、成分分析やPR用ポスター制作等の産学連携支援。

支援のポイント

農業者(一次産業)は野菜の生産と流通経路は持っているものの、加工技術などはもっていませんでした。製造(二次産業)・販売(三次産業)に強みをもつ中華街の事業者とマッチングできたのが本件のポイントです。

関連リンク

法人のお客さまむけチーム湘南
  • チーム湘南とは
  • セミナーのご案内
  • 支援内容
  • 支援事例紹介
  • ご利用方法
  • ビジネスお役立ち情報
法人のお客さま
  • 湘南ビジネスダイレクト
  • 湘南でんさいサービス