ホーム > 館山信用金庫について [ 経営理念 / 経営方針 ]

経営理念

当金庫は、昭和3年(1928)の創業以来、常に「地域と共に、皆様と共に」をモットーに、豊かで活気あふれた地域社会を共有すべく業務に邁進してまいりました。その結果、「信用」というかけがえのない財産を築いてまいりました。
共存共栄、相互扶助の精神のもと、「地域金融機関」としてお客様一人ひとりの声に耳を傾け、お客様との間に更なる支持・信頼関係を築いてまいります。その上で、皆様の期待に応えるべく、健全かつ積極的な経営に努めてまいります。

経営方針

当金庫の3か年計画【中期の経営方針・計画(平成26年度〜平成28年度) 】も二年目に入り、掲げた重点目標の進捗状況等が問われる年となります。 ついては、「地域と共に、皆様と共に」の経営理念のもと、着実に計画を推し進めることとし、平成27年度事業計画の経営方針を次のとおり定める。 1. 経 営 方 針   (1) 協同組織金融機関として、中小企業の健全な発展と地域住民の生活の向上を通じて地域の活性化を図り、地域社会に貢献する   (2) 役職員が一体となり相互の信頼と理解を深め、お客さまとの絆を大切に地域と共存共栄し、地域で最も親しまれる金融機関を目指す   (3) 堅実な経営を維持・推進して経営基盤を強化し、お客さまの信用、信頼の確保と職員の生活の向上に努める  2.具体的施策等 信用金庫業界としては、引き続き「つなぐ力」を発揮して、地域の課題解決に努めるとともに、政府の施策等を活用しながら中小企業の成長・発展、地域活性化に積極的に貢献することが何よりも肝要である。 今年度から業界の新長期経営計画“しんきんスクラム強化3か年計画”がスタートするが、業界としては、同計画に基づき中小企業・個人・地域に対する支援を強化するとともに、それを支える経営力や人材力の強化に取り組むことが求められている。  しかしながら、地方経済は、未だ景気回復の実感を得るには至っておらず、中小・零細企業の業況も依然として厳しい状況が続いており、信用金庫の収益環境も一段と厳しさを増している。  以上の状況を踏まえ、当金庫が以前から取組んできた中小企業の経営改善・事業再生等への支援をさらに推し進め、取引先に対しコンサルティング機能を高めていく必要に加え、成長分野における創業・新事業の支援や次世代経営者の育成等にも積極的に取り組んでいく態勢が重要である。  また、各種経営指標を分析し、あらゆる事態を想定して統合的リスク管理はもちろん、金利リスクや与信集中リスク等のリスク管理の強化等に努めるとともに、自己資本強化に努め、経営管理の効いた内部管理態勢の下、安定した経営基盤を構築することが最重要課題である。  このような状況下において、 @本業である預貸金の増強 A各種ローンおよび小口事業資金を主体とした融資の増強 B新商品・サービスの開発・提供等による総合的な収益力の強化 C組織体制の合理化・効率化による営業力の強化 D経費の節減 E内部管理態勢の整備を通した経営管理体制の再構築   等を実践することにより、当金庫の課題である経営重点目標の達成に向け、 役職員一丸となり邁進するものとする。 よって平成27年度の経営重点目標は、「中期の経営方針・計画」における 次の目標とする。  

T.経営基盤の充実・強化

1.収益力の強化    2.店舗の効率化、人材の適材配置    3.人材の確保・育成

U.中小企業支援の推進

1.金融の円滑化    2.事業の活性化支援 3.経営者保証に関するガイドラインの活用 4.地域力の創造

V.管理態勢の強化

1.組織の活性化   2.法令等遵守(コンプライアンス)の徹底    3.業務継続体制の整備   4.福利厚生

W.地域活性化の推進

1.地域活性化への連携    2.地域貢献

   
ページトップへ 前のページへ