Home > 東京シティについて > 金庫の概要

金庫の概要

1.名称 東京シティ信用金庫
2.所在地 東京都中央区日本橋室町1丁目9番14号
3.創 立 昭和25年6月5日
4.理事長 小 池 誠 一
5.営業地区 東京都23区、西東京市(旧保谷市)、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、小金井市、府中市、川口市、戸田市、三郷市、八潮市、草加市、朝霞市、和光市、さいたま市(旧浦和市)、市川市、浦安市、松戸市
   

シンボルマークについて

このシンボルマークは、当金庫の理念に不可欠な数々の要素をシンボル化したもので、東京都の都花「ソメイヨシノ」をイメージ化したものです。マークの中心円を「東京シティ信用金庫」に見立て、外周の花びらは次の5つの要素をわかりやすく、親しみやすく表現しています。
  1. さまざまな意味で街(TOKYO)の中心であること
  2. 顧客の相談に親身に応じ、人の輪の中心になれること
  3. 豊かな暮らしを提案できる情報発信地であること
  4. 常にフレッシュな話題を提供できること
  5. 明るく規律正しい職場づくりに心がけること
 

当金庫の基本方針

  1. 地域社会への奉仕
    東京シティ信用金庫は地元の中小企業者並びに一般大衆に密着し、地域社会の発展に貢献する信用金庫としての誇りを持ち、地元奉仕の精神に徹して利用者の増加に努める。
  2. 合理性の追求
    東京シティ信用金庫は上昇する諸経費を吸収し、コストの低下を行うため、事務の合理化、経費支出の効率化、規模の拡大を推進する。
  3. 希望をもって働ける職場の形成
    東京シティ信用金庫は合理化を推進する中で、人間性を見失わない職場と、正しい人間関係を作り上げると共に、職員の生活の安定向上をはかる。
▲このページのトップへ
 
トップページへ戻る