Home > 東京シティについて > 当金庫の社会的責任(CSR)

当金庫の社会的責任(CSR)

企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility)とは、企業が利益のみを追求するだけでなく、その組織活動が社会に与える影響に責任を持ち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をすることを指します。このCSRの考え方は地域や国や時代によって様々な考え方を基に改善・成長してきたものであり、それを実施していく企業によって何を優先して取り組むかについて差が生じ、様々な議論が行われて参りました。
 私ども東京シティ信用金庫は、金融を通じ社会にその役割を果たすべき実務集団として、先ず自らができることから着手し、徐々にその範囲と深度を広げ、また深めていこうと考えています。文字通り手探り状態、微々たる力ではありますが、当金庫の活動を継続して参ります。
 
平成24年度「当金庫の社会的責任」結果ご報告
 
 
 

お知らせとお願い

1.献血活動
 「ご報告」にも記載してありますが近年の採血基準は、安全性確保のため大変厳しく、本部・本店及び日本橋支店・京橋支店を合わせた約200名の職員中で採血可能者は30名程度というのが実態です。例年、近隣のご有志の皆様にご協力を頂いています。2月・6月の実施日近くになりますとポスター・チラシ等でお知らせ致しますので、引き続きご協力をお願いいたします。実施日・時間等のお問い合わせは下記業務部担当者までお願いいたします。
 
2.エコキャップ回収活動
エコキャップ回収については、各営業店周辺の企業・町会・学校等の皆様に広くご協力を賜っています。お手元にキャップがごさいましたら、営業店のエコキャップ・ポストにお持ちいただくようお願い申し上げます。お問い合わせは、下記業務部担当者までお願いいたします。
 
3.職場体験・インターンシップ制度
次世代を担う子供達に、金融機関の仕事や役割について、正しい知識を身につけていただくために、職場体験やインターンシップ制度を重要視しています。小中学校、高等学校から毎年数名のお申し出を頂き、実施しております。ご希望の学校がございましたら、下記担当者までご連絡下さい。
 
4.車いすの寄贈
平成25年度の車いすの寄贈は、6月に新宿区の神楽坂支店周辺、墨田区の押上支店・菊川支店周辺、江東区の深川支店・砂町支店周辺、中野区の野方支店・中野支店周辺へ、11月に北区の赤羽支店・東王子支店周辺、世田谷区の玉川支店・豪徳寺支店周辺の区の外郭団体・病院・介護施設等の団体にお贈りする予定です。年度合計11台となります。各支店1台の割り当てで、ご要望にお応えできない台数ですが、ご希望がございましたら下記担当者までご連絡下さい。
 
5.「運転経歴証明書所有者専用定期預金」(愛称「免許証返納定期預金」)
運転免許証をご返納になって、運転経歴証明書(運転免許証を返納すると警察から発行されます。)をお持ちになっている方は、店頭金利+0.150%(平成28年5月現在)と有利な「運転経歴証明書所有者専用定期預金」を利用できます。窓口で「免許証返納定期」を作りたいとお申し付け下さい。
 
 
 
▲このページのトップへ
 
トップページへ戻る