基本方針・ごあいさつ

基本方針

  • 郷土の繁栄に奉仕し、郷土のすべての人々から“愛され親しまれる”信用金庫にする。
  • 明朗堅実な庫風をつくり、すべての従業員がその一生を賭しても悔いのない誇りうる職場とする。

ごあいさつ

徳島信用金庫 理事長 森尊昭

日頃は、徳島信用金庫に格別のご支援、ご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。
今般の新型コロナウイルス感染症に関する様々な影響を受けられている皆様、そのご家族、関係者の方々に謹んでお見舞い申し上げます。

このたび、山本忠義前理事長の後任として理事長に就任しました森尊昭です。
現在、コロナ禍の影響で世界的に先行きが不透明な状況が続いております。このような状況の中、理事長の任を頂くことにその重責を深く実感し、改めて身が引き締まる思いであります。

足下の徳島県内の景況も、新型コロナウイルス感染拡大防止への行動自粛が広まり、個人消費の減少や、原材料の納入遅延等、関連する様々な経済影響が顕著に表れています。

当金庫も現在の活動は、新型コロナウイルスに関連する影響を受けられているお客様の業況確認や、資金繰り支援等のサポートに尽力している状況です。
私の就任にあたり目下の命題は、影響が出ているお客様へのサポートを着実に行うこと、このことに尽きると思慮しています。

お客様の業況回復無くして、当金庫の未来はございません。

このような状況の時こそ、地域金融機関としての役割・使命を着実に果たすべく、お客様に寄り添い、当金庫の経営理念である「中小企業の育成支援」・「地域社会への貢献」を念頭とした、課題解決や様々な支援強化等の施策に注力し、役職員一丸となり地域経済の難局を乗り越えてまいりたい次第です。

これからも地元の皆さまの信頼と期待に応えられるよう、全力を尽くして参る所存ですので、引き続き格段のご支援・ご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。