お客さま本位の業務運営に関する取組方針

2022 年 3 月
徳 島 信 用 金 庫

徳島信用金庫は、経営理念、経営方針に基づいて、地域の皆さまの資産形成・資産運用における「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」を制定いたしました。全役職員がこれを遵守することで、お客さま本位の業務運営に取組んでまいります。


1.お客さまの最善の利益を追求

お客さまの知識・経験・財産の状況及び金融商品のご購入目的に照らして、お客さまの最善の利益を追求し、適正かつふさわしい商品・サービスを提供するよう努めてまいります。


2.利益相反の適切な管理

お客さまとの取引にあたり、お客さまの利益が不当に損なわれることがないよう、お客さまとのお取引について適切に管理を行い、お客さまの利益を保護するよう努めてまいります。


3.手数料等の明確化

お客さまにご負担いただく手数料やその他費用について、お客さまに十分ご理解いただけるよう丁寧な説明に努めてまいります。


4.重要な情報の分かりやすい情報提供

金融商品の提供にあたり、お客さまに適正な判断をしていただくために、金融商品の特性やサービスについての重要な情報を分かりやすくご提供するよう努めてまいります。また、お客さまの経験・知識に応じた適切な情報をご提供するよう努めてまいります。なお、当金庫は、複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売・推奨等しておりません。


5.お客さまにふさわしいサービスの提供

お客さまとのお取引を通じて得た情報等によりライフプランやニーズを把握し、お客さまのご意向に沿った金融商品の充実やサービスをご提供するよう努めてまいります。また、高齢のお客さまには、金融商品のお申込時にご家族の同席や同意のお願い、複数の職員による立会など、より丁寧に対応いたします。なお、当金庫は、金融商品の組成には携わっておりません。


6.職員に対する適切な動機づけと人材育成

職員に対する継続的な研修や資格取得の奨励を通じ、より高い金融知識の向上に努め、コンサルティング力が発揮できる人材の育成に取組んでまいります。

以上


※2021年度 お客さま本位の業務運営に関する取組状況について