簡単!!住宅ローンガイド

金利タイプとそのしくみ

住宅ローンの金利タイプの特徴やそのしくみについてご説明します。

1

金利タイプ

当金庫の住宅ローンは、以下の金利タイプをご利用いただけます。

固定・変動自由選択型

お客さまに、期間を定めた固定金利型(3年固定型、5年固定型、10年固定型)と変動金利型をお選びいただけます。

3年固定型 ご利用当初から3年間、金利を固定します。
固定期間終了時に、期間を定めた固定金利型と変動金利型をお選びいただけます。
5年固定型 ご利用当初から5年間、金利を固定します。
固定期間終了時に、期間を定めた固定金利型と変動金利型をお選びいただけます。
10年固定型 ご利用当初から10年間、金利を固定します。
固定期間終了時に、期間を定めた固定金利型と変動金利型をお選びいただけます。
変動金利型 お借入当初から市場の金利水準に応じて金利が変動します。
ご利用期間中、いつでも期間を定めた固定金利型に切替えることができます。

固定金利型

ご利用全期間をご契約時の金利で固定します。 フラット35、フラット50がご利用いただけます。

2

しくみと特徴

住宅ローンの金利タイプのしくみと主な特徴(メリット・デメリット)についてご説明します。

金利タイプ しくみ 主な特徴
メリット デメリット
固定・変動
自由選択型
3年固定型
5年固定型
10年固定型
選択期間中は固定金利が適用されます。固定期間内は金利タイプを変更できません。 固定期間内の返済額を確定できます。
固定期間内で金利上昇リスクを抑えることができます。
固定期間内に金利が上昇した場合、選択期間終了後に毎月の返済額が増加する可能性があります。
固定期間内に金利が低下した
場合、その期間内は金利低下のメリットは享受できません。
変動金利型 市場金利に連動した金利が適用され、年2回の金利見直しがあります。いつでも他の金利タイプに変更できます。 適用金利が下がると返済額が減少します。
金利動向を見ながら金利タイプを変更できます。
適用金利が上がると、返済額が増加します。
将来の返済額が確定しないため、返済計画を立てにくくなります。
固定金利型 ご利用全期間をご契約時の金利で固定します。 全期間の返済額が確定し、計画的に返済できます。
金利上昇リスクを抑えることができます。
ご利用後に金利が低下した場合、金利低下のメリットを享受できず、結果的に他の金利タイプよりも返済額が多くなる可能性があります。

3

金利タイプの選び方

お客さまのライフプランにあわせて金利タイプを選ぶことが大切です。
特徴を踏まえて、最適な金利タイプをお選びください。
当金庫では、お客さまからの、

「今は子どもの出費が多く、当面の返済額はできるだけ抑えたい」
「金利上昇に備え、返済額を確定させ、長期的な返済プランを立てたい」

といったご要望にそって、お客さまと一緒に考え、金利タイプ選びをお手伝いします。

お客さまのご要望など、詳しくはお近くの店舗にご相談ください。

住宅ローントップへ戻る

お問い合わせ・ご相談

電話でのお問い合わせ

とうしんローンセンター(鷹来支店内)

フリーダイヤル 0120-283-278
平日・土曜日9:00~17:00
※5月3日~5日、12月31日~1月3日は休業

お近くの店舗でご相談

お気軽にお越しください。

お近くの店舗を探す

休日営業店舗でご相談

土曜日・日曜日に相談できる店舗です。

休日営業店舗を探す

資料請求

インターネットから24時間いつでも受付します。

資料請求