• HOME
  • お知らせ
  • 「公益信託 校條すみ学生奨学基金」の奨学金贈呈式が行われました

お知らせ


「公益信託 校條すみ学生奨学基金」の奨学金贈呈式が行われました

 8月11日(月)午後2時から東濃信用金庫本店8階大ホールにおいて、「公益信託 校條すみ学生奨学基金」の奨学金贈呈式が行われ、基金の運営委員である古川多治見市長らが見守るなか、運営委員長である渡辺多治見市教育長から、東濃地区五市内の10校に在学する14名の高校生に奨学金が贈呈されました。
  校條すみ学生奨学基金は、ご主人に先立たれ、お子さまもなかった校條すみさんが、資産の一部を社会のために役立てることができないか、と東濃信用金庫にご相談されたことがきっかけとなり、平成8年4月に設立されました。
  残念ながら校條すみさんは平成23年11月に98歳でお亡くなりになられましたが、「東濃地区五市の高等学校に在学する学力優秀、品行方正、能力も意欲もありながら経済的な理由から、修学が困難な生徒に奨学金を支給」するという校條すみさんの意思は基金を通じて受け継がれ、本年までに361名の高校生に年間12万円の奨学金が贈呈されています。

奨学金贈呈式

インターネットバンキング

金利情報(預金・ローン)

手数料一覧