• HOME
  • お知らせ
  • 「地域中小企業のシニア人材確保・定着化支援事業」への参画について

お知らせ


「地域中小企業のシニア人材確保・定着化支援事業」への参画について
 
 東濃信用金庫は、中小企業の皆さまに対する経営課題解決のため、中部経済産業局の協力を得て、中小企業庁の「地域中小企業のシニア人材確保・定着化支援事業」へ参画いたしますのでお知らせします。


 1.開催目的

  日本の労働力に占める25歳以上34歳以下の割合は、2013年には18.8%となり、10年前、2003年の23.0%と比較して4.2ポイント低下しています。一方で、55歳以上64歳以下の割合は2003年に17.1%だったものが、2013年に18.5%と1.4ポイント上昇しています。少子高齢化に伴う「働けるシニア」に対する就業機会の提供は、日本の雇用問題の大きなテーマとなっています。一方、中小・ベンチャー企業では、経営リソースが不足がちで、大手企業で培われた技術力、人脈などが必要とされるケースは少なくありません。
 シニア人材(新現役)交流会を開催して、シニア人材(新現役)と中小企業のマッチングの場を提供するものです。

  ※シニア人材(新現役)
   退職(予定者含む)している方で、一つの専門分野で概ね10年以上の職歴があり、
   実務支援能力が十分に発揮できる人材。年齢は概ね50歳以上。


 2.開催要領  


主催
東濃信用金庫
開催日
平成26年12月9日(火) 13:00~
会場

東濃信用金庫本店8F大ホール
中小企業  16社程度の参加を予定しています。

共催
中小企業庁、全国中小企業団体中央会

 3.実施内容 


 1 企業の課題の聴き取り 当金庫職員とシニアアドバイザー(クオリティ・オブ・ライフ社員)が、中小企業の課題を聴き取ります。    
 2 シニア人材(新現役)
交流会の開催
中部経済産業局が、シニア人材に中小企業の支援ニーズを連絡し、当金庫がシニア人材(新現役)交流会を開催します。
 3 企業とシニア(新現役)
マッチング
交流会の結果を踏まえ、シニア人材と経営者が2次面接を行い、支援内容を詳しく確認し、支援を受けるかどうか決定します。
 4 個別支援

具体的な支援を開始します。(原則5回まで)
※シニア人材(新現役)に対しては、国から、1回あたり25,000円(4時間未満の場合13,000円)支給されるため、中小企業の負担はありません。 その後は、雇用契約等へ推移する場合は、シニア人材・中小企業の通常の2者間の自由契約となります。

お問い合わせ先
東濃信用金庫 営業統括部
電話 0120-330-111

インターネットバンキング

金利情報(預金・ローン)

手数料一覧