• HOME
  • お知らせ
  • 各務原市との地方創生「空き家リノベーション事業」に係る連携協定締結

お知らせ

各務原市との地方創生「空き家リノベーション事業」に係る連携協定締結

 平成28年5月24日(火)、各務原市および当金庫は、包括的な連携協力のもと、各務原市が取組む地方創生施策である「空き家リノベーション事業」について、「産官学金」が相互に連携・協力し、積極的に事業展開を図ることを目的として、 本協定を締結しました。
 本協定は、空き家所有者や借主をサポートし、「借主負担DIY型契約」で空き家をリノベーションしながら、持ち家のように住むことができる住宅施策を推進するもので、各務原市の魅力とブランド力を高める一助になると考えています。
 今後も、まち・ひと・しごと創生法第2条の基本理念の本旨に則り、各分野において、持ち得る資源を有効に活用し、綿密な相互連携と協力のもと、各務原市における地方創生の課題解決を図ってまいります。

【参考:借主負担DIY型契約】
 貸主は現状のまま所有する空き家を貸すことができ、借主は賃貸物件を自分のライフスタイルに合わせて自由にカスタマイズすることができる賃貸借契約。
 

調印式

 

日時 平成28年5月24日(火) 13:30~14:20
場所 各務原市役所 3F 第1応接室
締結者 各務原市 東濃信用金庫
市長 浅野 健司 氏 常務理事 松本 義市

 

   
「産官学金」の役割
   
1
「産」
セミナーやワークショップ等を計画し、制度のPRに努めるとともに借主及び所有者の
掘り起こしを行う。また、借主と所有者との マッチングを図るために必要な各種計画を
立案し、賃貸借契約を行う。
2
「官」
事業全体を円滑に推進するために必要な支援に努めるとともに、市広報、ウェブサイト
その他の広報媒体によりPRを行い、空き家所有者の掘り起こしに努める。
3
「学」
学生に対して、「空き家リノベーション事業」に係るリノベーション案の制作等、実地
研修を含めたカリキュラムの開設を行う。
4
「金」
「空き家リノベーション事業」に係る改装資金の融資等、借主等を支援するための金融
商品の提供を行う。

  

      

   

 

お問い合わせ・ご相談

電話でのお問い合わせ

各種商品・サービスについてのお問い合わせ

営業統括部 業務企画課

フリーダイヤル 0120-330-111 平日9:00~17:00



 

インターネットバンキング

金利情報(預金・ローン)

手数料一覧