重要事項のご説明

 金融商品販売法では、お客さま保護の観点から「勧誘方針」の公表と「重要事項」の説明を金融機関に義務付けています。
 東奥信用金庫の預金に関する「重要事項」は以下のとおりです。
 東奥信用金庫に預金される際には、預金規定、各説明書のほか事前に重要事項の説明をお受けいただき、内容をご確認くださいますようお願い申しあげます。
 
1. 国内円預金(当座預金、利息のつかない普通預金、利息のつく普通預金、貯蓄預金、別段預金、通知預金、納税準備預金、定期預金、定期積金)について
(1) 預金保険制度の対象となる預金です
(2) 決済用預金(注)に該当する当座預金、利息のつかない普通預金は全額保護されます。
(3) 定期預金や利息のつく普通預金などは、1預金者あたり元本1,000万円までとその利息、給付補てん金が保護の対象となります。(当金庫に複数の口座がある場合には、決済用預金を除くそれらの預金・積金元本を合計して1,000万円までとその利息、給付補てん金が保護されます。) 
(4) 振込み等の仕掛り中の決済資金は全額保護されます。また、預金小切手(預手)、送金小切手(送手)は原則として全額保護されます。 
(5) 元本1,000万円を超える部分とその利息、給付補てん金については、概算払い率に応じて払い戻されることになります。したがって金額が一部カットされることがあります。 
  (注) 決済用預金は「無利息、要求払い、決済サービスを提供できること」という3条件を満たすものです。 
   
2. 外貨預金について
当金庫では取扱いいたしておりません。
   
3. 預金以外の金融商品について

債券、投資信託受益証券、保険に関する「重要事項」については、預金と性格・仕組みが異なっておりますので、ご契約いただく際に改めてご説明いたします。
   

詳しくは、お取引店にお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ