Q1 通帳・証書・届出印・キャッシュカードをなくしてしまったときは?

A1    こちらをご覧ください。



Q2 住所が変わったときは?

A2    届出印をご持参のうえ取引店へ「届出事項変更届」をご提出するか、
「メールオーダーサービス」をご利用ください。

メールオーダーサービスをご利用いただく場合は、
ATMコーナーに設置してある申込用紙をご利用いただくか、
当金庫ホームページの「メールオーダーサービス」より資料請求してください。
(ただし、当座勘定、融資をご利用のお客さまはご利用いただけません)。

当座預金、融資をご利用のお客さまは通帳・届出印の他
別途確認資料が必要となりますので、あらかじめ取引店へご確認ください。



Q3 氏名が変わったときは?

A3 通帳・キャッシュカード・証書等と、届出印(新しい印鑑に変更するときは、旧・新両印鑑が必要です。)
をご持参のうえ取引店へ「届出事項変更届」をご提出ください。
ご本人が確認できる書類と、変更事項が確認できる書類の提出が必要です。
当座預金、融資をご利用のお客さまと法人のお客さまは
別途確認資料が必要となりますので、あらかじめ取引店へご確認ください。



Q4 届出印を変更するには?

A4 通帳・証書等と、「現在使用中の届出印」および「新しく使用する印鑑」の両方を
ご持参のうえ、取引店へご来店ください。
ご本人を確認する書類の提示をお願いすることもございます。



Q5 キャッシュカードの暗証番号を変更するには?

A5 ご利用中のキャッシュカードでATMを利用し、その場で変更できます。
キャッシュカードは引き続きご利用いただけます。



Q6 キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまったときは?

A6 お客さまの極めて重要な秘密情報である暗証番号につきましては、
当金庫でお調べすることができません。
大変ご不便をおかけしますが、取引店の窓口で暗証番号の変更をお願いいたします。
キャッシュカードの他、届出印またはご本人を確認できる顔写真入りの
公的書類をご持参のうえご来店ください。



Q7 年金のさまざまな手続きをするには?

A7 年金は加入期間や加入した年金の制度、配偶者の年金の加入状況など
その人それぞれで用意する書類が異なってきます。
当金庫ではあらゆる質問にお答えできるよう努力しております。
お気軽に窓口または渉外担当へおたずねください。

年金サービスのご案内はこちら >>> 



Q8 家賃など毎月決まった日にちに他の口座に振り込みたいときは?

A8 家賃や仕送りなど、同一振込先に対して毎月一定日に指定の金額を振込む場合は、
「為替自動送金サービス」をご利用ください。
毎月一定金額の指定も、月ごとに指定も可能です。店頭振込みに比べて105円手数料がお得です。
通帳と届出印をご持参のうえ取引店でお手続きください。

    

 

    



    

このページの先頭へ