Q&A


Q1 募集の職種について教えてください。
Q2 入庫後の配属や異動はどのように決まりますか。
Q3 入庫後までに必要な資格・知識はありますか。
Q4 求める人材像を教えてください。
Q5 結婚・出産後も仕事を続ける女性職員は多いですか。
Q6 目標(ノルマ)や残業はありますか。
Q7 信用金庫と銀行の違いを教えてください。

   



Q1 募集の職種について教えてください。


当金庫では、総合職や一般職といった職種は設けておらず、入庫後は、営業店にて預金担当、融資担当、渉外担当、または本部における信用金庫業務を担当していただきます。
その上で、随時部店内でもジョブローテーションを行っています。
各担当の業務内容につきましては、「仕事案内」または「先輩からのメッセージ」をご覧ください。





Q2 入庫後の配属や異動はどのように決まりますか。


新入職員の場合は、原則として営業店に配属されます。
異動に関しては、3年前後を目途に行います。職務適性や業務の取り組み状況等を考慮して、決定しています。





Q3 入庫後までに必要な資格・知識はありますか。


特段、入庫にあたり必要な資格や知識はありません。また、資格の有無が選考に関係することもありません。
入庫前に新入職員研修を行い、入庫後も、通信講座や集合研修などで業務に必要な知識を十分に習得していきますので、ご安心ください。
自己啓発としての資格取得は推奨しており、「公的資格取得奨励金制度」を設けております。





Q4 求める人材像を教えてください。


地域の発展ために貢献したい、地域とともに成長していきたいという意欲のある方を求めています。
また、お客様との応対が主な仕事のひとつであるため、コミュニケーション能力の高さや行動力も大切なポイントとなります。




Q5 結婚・出産後も仕事を続ける女性職員は多いですか。


女性職員の約半数は既婚者であり、また過去5年間における女性職員の育児休業取得率は100%です。このことから、結婚・出産後も働きやすい環境であるといえます。
毎年、数名が育児休業制度を利用し、職場復帰したあとも活躍しています。





Q6 目標(ノルマ)や残業はありますか。


営業店毎に目標は定められており、その上で個人毎に目標が与えられる場合もあります。目標は成長するために必要であり、またクリアする喜びでモチベーションも上がると思います。
残業については、業務上必要とされる場合は認めていますが、普段から計画的に行動し、家庭と仕事を両立しやすい環境づくり(ワーク・ライフ・バランス)の拡充を図っています。





Q7 信用金庫と銀行の違いを教えてください。


信用金庫の業務内容は、銀行とほぼ同様ですが、組織のあり方が異なります。
信用金庫は、地域とその地域で暮らす方々の繁栄を図る相互扶助を目的とした「協同組織金融機関」です。そのため営業区域が決まっています。地元地域の中小企業や個人が主な取引先となり、組織の営利ではなく、地域の方々の便益を最優先に考え営業しています。
一方、銀行は「株式会社」であることから、基本的には株主の利益が優先され、また営業区域も限定されておらず、取引先も大企業が多くなっています。