百 万 貫 の 岩


白山市白峰地区の百万貫の岩

 百万貫の岩は、昭和9年の手取川流域に大きな被害をもたらした水害の際に、手取川支流の宮谷から流されてきた巨大な岩で白山市白峰地区の名物となっています。
 この百万貫の岩は、実測129万貫(約4800トン)、高さ16m、周長52mで、平成13年12月石川県指定史跡名勝天然記念物に指定されています。その巨岩は深い大自然のなかでも他を寄せ付けない圧倒的な存在感があります。

            



「百万貫の岩」の碑





平成25年11月9日撮影





 訪ねてみよう アクセス MAP    現地


            【 終  了 】           【 次頁へ 】