境 松 跡(能美市)





能美市下開発町は、全国でも珍しい苗字の町として知られている。町民の多くの方が「東・西・南・北・中」さんで占められているというのが特徴で、明治の初めから現代まで多くの家庭で苗字が残っている。
 この下開発町のシンボルともいえるのが「境松」で、大きく笠状に広がった枝ぶり、集落のはずれに一本だけ樹立している雄姿は、集落の人々だけではなく、近郷の住民にもランドマークとして親しまれている。










           【 終  了 】           【 次頁へ 】