能美市山田町の水害記念碑





 能美市山田町の水辺ふれあい公園のそばには水害記念碑がある。この記念碑は明治32年に建てられたもので、明治29年8月の洪水で流失家屋二戸、半壊一戸のほか全部が浸水した集落の北西の耕地が流され、「河川に接し、水害を避けるは難しい」の大洪水の教訓を永く子孫に伝えていくために村を守った地普謂の石に碑文が刻まれている。













             【 終  了 】           【 次頁へ 】