「 ほ う ら い 祭 り 」


お 神 輿


造  り  物

 ほうらい祭りは白山市(旧鶴来町)金劔宮(きんけんぐう)の秋季祭で、白山市指定無形民俗文化財に指定されています。
 御神輿と棒振りと呼ばれる獅子舞、造り物と呼ばれる山車が2日間町内を練り歩きます。見所は造り物で、高さは約5メートル、多くは武者をかたどっており、1か月をかけて造りあげるもので、細部に五穀野菜等をあしらい、その年の豊作を感謝し、来る年の無事を祈る意味がこめられています。
(毎年10月2日以降の第1土日曜日開催)

            

以下は平成28年10月撮影



  


以下は平成27年10月撮影



  


以下は平成26年10月撮影



  


以下は平成25年10月撮影



  


以下は平成24年10月撮影



  


以下は平成23年10月撮影



  


以下は平成22年10月撮影
  


  


以下は平成21年10月撮影





  

  

    

【 前頁へ 】            【 終  了 】            【 前頁へ 】