「 ほ う ら い 祭 」



 「あさがおや つるべとられて もらひ水」と千代女の句にも詠まれている朝顔は、白山市松任地区では子供からお年寄りまで大勢の市民に親しまれています。その朝顔を市民をはじめ多くの企業、アサガオ同好会、福祉施設、保育所や小中学校などの団体から協力を得て毎年8月初旬に展示会が行われ丹精こめて作られた約6千鉢を超える朝顔が出品展示される。
(毎年8月初旬開催 開催場所:松任総合運動公園)

            

     
上段の写真をクリックすると拡大します。


     

【 前頁へ 】            【 終  了 】            【 次頁へ 】