「九谷茶碗まつり」


能美市の「九谷茶碗まつり」会場


 能美市では毎年ゴールデンウィークの5月3日・4日・5日に「九谷茶碗まつり」が開催される。
 まつりでは、たくさんの九谷焼窯元の露店が立ち並び、工芸作家の美術作品から、日常食器まで数多く並べられ、年に一度の大特価奉仕市として、観光客や家族連れが県内外から大勢訪れる。
 この「九谷茶碗まつり」の起源は明治時代といわれ、その後は蔵ざらえ品や見切り品の奉仕販売が珍重され、今では日本三大陶磁器まつりの一つとされ、全国から20数万人が九谷焼を求めて訪れ、この3日間はまつり一色となります。
 尚、第106回九谷茶碗まつり(平成26年5月)からは、開催会場を能美市泉台町の九谷陶芸村に移し開催されている。

            



九谷陶芸村」会場にて













  


  
    

【 前頁へ 】            【 終  了 】            【 次頁へ 】