金融機関コード:1735

サイトマップ
文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小
津山信用金庫トップページ > 増やす > 投資信託の3つの特徴
増やす

投資信託 - 投資信託の3つの特徴

特徴1 小口資金からはじめられます。

投資信託は、多くの投資家のみなさんから集めた資金をもとに、債券や株式等に投資・運用するものです。1万円から始められ、個人のお客様にも、手軽にご利用いただけます。

特徴2 小口資金では通常困難な分散投資ができます。

複数の対象を組み合わせて投資することを分散投資といいます。
投資対象をバランスよく分散させることで、一般的にリスクを軽減する効果があるといわれています。

特徴3 資産運用の専門家が運用を行ないます。

投資信託は、お客さまからお預りした資金を、経験豊富な専門家である投資信託会社が運用し、バランスのとれた分散投資を行います。

ご購入の際の注意事項

  • お申込の際には、最新の投資信託説明書(交付目論見書)を必ずご覧頂き商品内容・リスクをご確認ください。投資信託説明書(交付目論見書)は、当金庫の各営業店にご用意しています。
  • 投資信託は、金融機関の預金とは異なり、元本保証されていません。また、分配金の支払い、利回りについても保証されていません。
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 当金庫で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資した資産の減少を含むリスクは、購入者であるお客様の負担になります。
  • 投資信託は、組入れ有価証券(株式・債券等)等の値動きによるリスク(価格変動リスク)、組入れ有価証券(株式・債券等)等の発行者の信用状態の悪化によるリスク(信用リスク)、国の財務状況等の変化等によるリスク(カントリーリスク)、外貨建て資産に投資するものは、通貨の価格変動リスク(為替変動リスク)、市場の動向や取引量等の状況によって不利な価格で取引を余儀なくされるリスク(流動性リスク)等により投資元本を下回ることがあります。
  • ご購入または換金時などに手数料がかかるものや、信託財産留保額が控除されるものがあります。  また、運用中は信託報酬などの諸費用が信託財産から支払われます。
  • 当金庫は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用等は運用会社が行ない、信託財産の保管・管理・計算等は受託銀行が行ないます。

以上の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身でお決めいただきますようお願い申し上げます。


投資信託に関するお問い合わせは

津山信用金庫 営業支援部
TEL:(0868)22-4121
受付時間:月~金曜日(休日は除く)、8:30~17:00
※メールによるお問い合わせは、こちらからどうぞ