金融機関コード:1735

サイトマップ
文字サイズ変更
  • 大
  • 中
  • 小
津山信用金庫トップページ > 増やす > 投信自動積立サービスの特徴
増やす

投資信託 - 投信自動積立サービスの特徴

投信自動積立サービスの特徴(定時定額購入取引)

月々1万円から 月々の購入代金は1万円から1千円単位で、年6回まで増額月をご指定できます。
ご指定の預金口座からの自動振替ですから手間もかかりません。
ドル・コスト平均法 毎月同じ金額で継続して投資信託を購入していく投信自動積立サービスなら、基準価格が低い時には多くの口数が購入でき、高い時には少ない口数の購入となりますので短期的な価格変動リスクを抑える効果が期待できます。
資産づくり 毎日の値動きにとらわれずに継続して投資信託を購入することにより、計画的な資産づくりが可能になります。

ドル・コスト平均法の例


標準価格の推移例

1ヵ月 2ヵ月 3ヵ月 4ヵ月 合計 平均
購入価格
定時定額
購入
購入口数 10,000口 12,500口 8,333口 10,000口 40,833口 9,796円
投資金額 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 40,000円

※購入に要する手数料、税金などは考慮しておりません
※上記の例は、仮定のものであり、現在および将来の成果を保証するものではありません。
※平均購入価格は円未満切捨て、手数料および消費税等は考慮しておりません。

購入金額  1ファンドにつき1万円以上1千円単位、年6回まで増額月を指定できます。
口座振替日 毎月10日

※投信自動積立の取扱いファンドは、投資信託の種類をご参照下さい。

ご購入の際の注意事項

  • お申込の際には、最新の投資信託説明書(交付目論見書)を必ずご覧頂き商品内容・リスクをご確認ください。投資信託説明書(交付目論見書)は、当金庫の各営業店にご用意しています。
  • 投資信託は、金融機関の預金とは異なり、元本保証されていません。また、分配金の支払い、利回りについても保証されていません。
  • 投資信託は、預金保険の対象ではありません。
  • 当金庫で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資した資産の減少を含むリスクは、購入者であるお客様の負担になります。
  • 投資信託は、組入れ有価証券(株式・債券等)等の値動きによるリスク(価格変動リスク)、組入れ有価証券(株式・債券等)等の発行者の信用状態の悪化によるリスク(信用リスク)、国の財務状況等の変化等によるリスク(カントリーリスク)、外貨建て資産に投資するものは、通貨の価格変動リスク(為替変動リスク)、市場の動向や取引量等の状況によって不利な価格で取引を余儀なくされるリスク(流動性リスク)等により投資元本を下回ることがあります。
  • ご購入または換金時などに手数料がかかるものや、信託財産留保額が控除されるものがあります。  また、運用中は信託報酬などの諸費用が信託財産から支払われます。
  • 当金庫は投資信託の販売会社であり、投資信託の設定・運用等は運用会社が行ない、信託財産の保管・管理・計算等は受託銀行が行ないます。

以上の点をご理解いただき、投資の判断はお客様ご自身でお決めいただきますようお願い申し上げます。


投資信託に関するお問い合わせは

津山信用金庫 営業支援部
TEL:(0868)22-4121
受付時間:月~金曜日(休日は除く)、8:30~17:00
※メールによるお問い合わせは、こちらからどうぞ