通帳・キャッシュカードの取扱いについてのお願い

通帳・キャッシュカードは磁気製品に近づけないでください!

通帳、キャッシュカードの磁気ストライプ部が他の磁気の影響で破損し、「ATMで使えない」というお客様の申し出が増えています。
原因としては、携帯電話・留め具に磁石を使用しているカバンやサイフ・磁気を帯びた製品等の影響による磁気ストライプの破損が考えられます。

  • 携帯電話・テレビ・冷蔵庫・パソコンなど、磁気を帯びている電子機器に近づけないで下さい。
  • バッグやカバンなどに入れて持ち運びされる際は、携帯電話などとは一緒に入れないで下さい。
  • 留め具に磁石を使用しているカバンやサイフ、スマートフォンケ ース等には近づけないようご注意下さい。
  • 他の通帳・キャッシュカード等の磁気ストライプと接触しないようご注意下さい。
磁気製品には近づけないでください

磁気ストライプとは?

その名のとおり、磁気によって情報の読み書きをおこなう磁気記録媒体です。(赤線部分)そのため、他の磁気の影響を受け破損する場合があり、磁気ストライプが破損した場合、ATMがカード情報を正常に読み取れず、お取引ができなくなる場合があります。

磁気ストライプとは