文字サイズ
  • 標準
  • 大
  • 最大

金融円滑化に向けた取組方針

結城信用金庫は、地域金融機関として、地域の皆様にきめ細かなサービスを提供し、地域への安定した資金供給を社会的使命と考え、経営改善支援への取組など地域密着型金融 を推進し、地域金融の円滑化に取組んでまいりました。

現下の厳しい経済金融情勢にあって、地域に密着した当金庫の役割が一層重要になっていると考え、中小企業や個人事業主のお客さま及び住宅資金をご利用のお客さまからの資金繰り、ご返済に関するご相談に対して、適切、迅速に対応するため、金融円滑化に向けた基本的な取組や体制整備について定めました。

金融円滑化に向けた取組方針

  • 中小企業や個人事業主のお客さま及び住宅資金をご利用のお客さまからの貸付条件の変更等のご相談、お申込みについては、お客さまの状況を十分に把握したうえで、きめ細かな対応により、お客さまの抱えている問題解決に向けたご相談に応じ、できる限り返済負担の軽減を図るよう努めます。
  • お客さまの過去における貸出条件の変更等の履歴に係わらず、新規融資や貸出条件の変更のご相談、お申込みについては、適切に審査いたします。
  • 貸出条件の変更等を円滑に行うため、守秘義務に留意しつつ、お客さまの同意を前提に、他の金融機関、政府系金融機関、信用保証協会、中小企業再生支援協議会、住宅金融支援機構等と緊密な連携を図るよう努めます。
  • 貸出条件の変更等のお申込みを謝絶させていただく場合は、その理由を可能な限り具体的かつ丁寧に説明します。
  • 貸出条件の変更等に関するお客さまとの協議にあたり、経営改善計画の策定に向け真摯に話し合い、ご要望がある場合には、経営改善計画の策定を支援し、改善等に向けた助言等を行います。
  • 貸出条件変更等に関する苦情・相談を受けた場合は真摯に受止め、迅速・丁寧、誠実に対応します。
  • 金融円滑化統括責任者、管理責任者、管理者、管理担当者を設置し、管理責任者等は、金融円滑化取組方針および金融円滑化管理規程の周知と実践状況を管理いたします。
  • 理事会は、金融円滑化の取組状況及びその苦情相談等の報告を受け、その取組状況が十分であるかを点検し、必要に応じて当取組方針を見直してまいります。
このページのTOPへ