朝日信用金庫

できない言い訳より、
できる方法を。

本店 営業係
池田 祥太(2015年入庫)Shota Ikeda

「何でもご相談窓口」
になるために。

信用金庫とは、一言でいうと地元企業、地域住民の皆さまのトータルコミュニティーバンク。つまり、何でもご相談窓口です。私たち営業担当は融資や預金取引に関するご提案をするだけでなく、保険商品に関するご相談、相続や事業承継、最近では不動産売買に関するご相談をいただくこともあります。入庫する前はご預金とご融資が主な業務だと考えていましたが、実際は金融に関するありとあらゆるご相談にのるのが、私たちの役目です。

時代の変化とともに、お客さまが金融機関に期待することや、私たち営業担当に期待することは、変わってきていると感じます。お客さまから最初にお声がけいただける営業になるには、さまざまな知識や経験が求められます。投資信託や生命保険、損害保険などの金融商品を扱うには、資格も必要です。学生の頃よりも、今の方が熱心に勉強しているのではないかと思います。

上司が背中で
教えてくれたこと。

入庫して間もない頃は、目の前の業務をこなすことに精一杯で、目標数字にはまったく届きませんでした。同僚が確実に数字を積み上げていくなかで、自分は結果を出すことができず、一人で悩んだこともありました。「自分にできるわけがない」と、どこかで言い訳をしていたのだと思います。

そんな時直属の上司が「このお客さんに、こんな提案をするといいよ」とヒントをくれました。試しにアドバイス通りに営業をすると、見事契約がとれたのです。その時は、自分の手柄だとばかり思い込んでいたのですが、後から、私の知らないところで上司が担当エリアを回って、事前にお客さまのニーズを調査してくれていたのだと知りました。真夏の暑い中、誰よりも忙しいのに、誰よりも熱心に部下の担当エリアを回ってくれていたのです。そのことを私には一言も言わず「よくやった」と褒めてくれました。その時から、直属の上司は自分の目標です。

「できる方法」
を考え続ける。

「できない言い訳を考えるより、できる方法を考え続けろ」。上司に教えてもらったことが、今では自分のポリシーになっています。できる方法を考え続けて行動した結果、メガバンクや他の信用金庫と競合していた案件で、契約を勝ち取ったこともあります。金利はメガバンクの方が低く、条件としては不利でした。しかし、足繁くお客さまの元に通い、朝日信用金庫ならではの小回りの良さをアピールしました。ちょっとした雑務もすすんでお引き受けするようにしたのです。そんな日々の積み重ねを見ていたお客さまは、最終的には「朝日さんに」と決断してくれました。

仕事とはいえ、結局は人対人なのです。「この人になら任せてもいい」と、思ってもらえるまで、これからも「できる方法」をあきらめずに考え続けたいと思います。そして、いつかは上司が自分にしてくれたように、後輩をうまくアシストできるような先輩になりたいです。

燃える瞬間

人一倍負けず嫌いなので、仲間が頑張っている様子を見ると燃えますね。同じチームのメンバーは、仲間でもあり、ライバルでもあります。頑張っている仲間の姿を見ると、自分ももっと頑張ろうと思えます。その頑張る自分の姿に、他の仲間も触発される。お互いに刺激し合うことで、良いスパイラルが生まれているのではないでしょうか。

ページ上部へ