朝日信用金庫

働き方を知る

ワークライフ
バランス

職員がいきいきと働くことができるように、
朝日信用金庫ではワークライフバランスを推進しています。

働き方にメリハリを
つける制度

●年次有給休暇

毎年4月1日に10~20日が一斉付与されます。職員全員が気兼ねなく、月1回程度をめどに有給休暇を取得できるように、「アニバーサリー休暇」「スクールイベント休暇」「ヘルスケア休暇」などの各種休暇をつくり、3ヵ月に一度、計画表を人事に提出してもらいます。

●ストック休暇

労基法の定めにより2年で消滅する年次有給休暇を積み立てられる休暇。最高50日まで積み立てることができます。

●プレミアムフライデーの導入

原則毎月第2金曜日を「朝日プレミアムフライデー」として16時退庫を推奨しています。当金庫は全国の信用金庫の中で初のプレミアムフライデー登録企業となりました。

●レクリエイト休暇(連続休暇)

年に一度必ず、7連休以上のまとまった休みを確保してもらいます。年次有給休暇を連続5日取得し、休日と連結させて7連続以上の休暇を取得させる制度です。

●リフレッシュデー

全職員の定時退庫を促進する、一斉リフレッシュデーを月1回、水曜日に実施しています。

アニバーサリー休暇を活用した先輩の声

早川さん

休日(土日)は混雑しているレジャーランドに平日に行って、子どもの誕生日を祝い、家族との時間を満喫しました。

長く安心して働ける制度

●育児休業復帰者の短時間勤務制度

育休から復帰して間もない職員のために所定労働時間を短縮して働くことができる制度です。当金庫は子どもが小学校6年生の年度を終了するまで本制度の利用を認めています。

●あさひママ友会

同じ悩みを抱える育児休業者同士の情報交換や、育休を経験した先輩職員との座談会、健保組合保健師による育児セミナーを実施しています。

●年末臨時託児ルーム

保育園が休業する年末に職員の子ども(未就学児)を受け入れるため、当金庫事務センター内に「臨時託児ルーム」を開設しています。

●職場見学会

職場見学会は、職員の子ども(小学生)を対象に希望者を募り、毎年8月に開催しています。親子の絆を深める良い機会となっています。

育児休業復帰者の
短時間勤務制度
を活用した先輩の声

守田さん

短縮する時間を自分で決めることができるので、育児と仕事の両立ができています。子どもの病気で急に休むときも「お互い様だから」と声をかけていただける温かい職場です。違う支店ですが同じ時期に復帰したママ友とのつながりも支えになっています。

当金庫は
次世代育成支援対策推進法
に基づく
特例認定マーク
(愛称「プラチナくるみん」)
を取得しました。

朝日信用金庫は子育て支援に高い水準で取り組んでいる企業として、厚生労働省より、2009・2011・2014・2017・2020年と5期連続で認定を取得しており、2020年は最高位である「プラチナくるみん」も同時認定となりました。都内信用金庫では当金庫がはじめてになります。

独身寮

さいたま市に男性寮(浦和寮)、草加市と荒川区に女性寮(草加寮・荒川寮)があります。
総合職、担当職どちらも利用することができ、家賃も1万円程度(食事別)と利用しやすい金額になっています。

浦和寮

職員の声尾上さん

遠方から上京する時に、一人暮らしを始めるにあたって一番の不安要素は食事だと思います。浦和寮では平日の朝食・夕食を準備していただいているので、とても助かっています。

荒川寮

職員の声窪田さん

都内のワンルームマンションと変わらない、とても快適な環境です。各部屋には通常の鍵に加えて外出時の警備システムがついているのも安心できるポイントです。同期のつながりだけでなく、同じ寮の先輩方とも交流がありますよ。

草加寮

職員の声小野澤さん

優しい寮監さんが、朝晩と栄養バランスの取れた美味しい食事を作ってくれます。食堂で食事をとる職員が多いのですが、ご飯を食べながら仕事の悩みやプライベートの話をしたりと、和気あいあいとした雰囲気です。

OPEN

部活動・サークル活動

朝日信用金庫では職員が自主的に参加するクラブ活動も大変活発に行われています。
信用金庫協会や都・区の大会にも積極的に参加し、多くのクラブがトップレベルの成績を収めています。

野球部

サッカー部

硬式テニス部

バスケットボール部

卓球部

自転車部

吹奏楽部

OPEN
ページ上部へ