姫路信用金庫 金融機関コード : 1685

メニュー メニュー 店舗・ATM 店舗・ATM

ホーム サイトマップ

文字サイズ

標準 大きく

働く環境づくり 次世代認定マーク(くるみん)の取得について 働く環境づくり

働きやすい環境支援

<ひめしん>では、職員が仕事と家庭を両立させることができる働きやすい環境をつくるとともに、次世代育成支援対策推進法及び女性活躍推進法に基づく行動計画を策定し、両立支援に取り組んでいます。各種休暇制度の活用や労働時間の適正な把握を、組織全体で促進しています。

《姫路信用金庫 取得認定マーク》

ひょうご仕事と生活のバランス認定企業、くるみん、えるぼしマーク

WLB(ワーク・ライフ・バランス)

ひょうご仕事と生活センターキャラクター ペンギン 仕事にやりがいや充実感を感じ、責任を果たしながら、その一方で、子育てや介護、家庭や地域での生活、自己啓発といった、個々の私生活も充実させるという考え方です。 当金庫でも仕事と生活の調和を重視し、職員が働きやすい職場環境を整えています。

「ひょうご仕事と生活の調和推進企業」の認定を取得

2021年9月、公益財団法人 兵庫県勤労福祉協会より仕事と生活の調和推進を目指す企業である「ひょうご仕事と生活の調和推進企業」として認定されました。

子育て支援

「くるみん」次世代認定マーク。4回目の取得。 当金庫では、職員が仕事と子育てを両立させることができる働きやすい職場環境をつくるために、下記の通り行動計画を策定し取り組んでいます。

1 計画期間
2022年4月1日から2026年3月31日までの4年間
2 内容
(目標1)
計画期間内の育児休業の取得状況を次の水準以上にする。
男性職員・・・取得率を30%以上とすること。
女性職員・・・取得率を90%以上とすること。
<対策>
・育児休業に関する諸制度を職員に周知し、男性女性共に育児休業取得を勧めていく。
(目標2)
所定外労働削減のための措置を実施する。
<対策>
・ノー残業デーを設定し、全店統一の早帰りを推進していく。
(目標3)
年次有給休暇取得を促進していく。
<対策>
・年間に5連続以上の休暇(リフレッシュ休暇)の全員取得を推進する。
・全職員が有給休暇を一定日数以上取得する取組を継続していく。

次世代認定マーク「くるみん」を取得

2008年5月、厚生労働大臣より次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一般事業主」第1期目の認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得して以降、継続して子育てサポート企業として認定を受けています。

女性の活躍応援

「えるぼし」2つ星。女性活躍マーク。 当金庫では、女性の管理職への昇格・総合職転換、その他意欲のある女性の活躍を応援するために、下記の通り行動計画を策定し取り組んでいます。

1 計画期間
2022年4月1日から2026年3月31日までの4年間
2 内容
(目標1)
計画期間内に、女性管理職(店舗営業次長職以上)の比率を20%以上とする。
<取組>
・職員の教育機会への参加を奨励し、知識・スキルの習得を支援する。
・中堅職員を対象として管理職育成を目的としたキャリア研修等を実施する。
(目標2)
計画期間内に、女性役席者(部室店長代理)の比率を45%以上とする。
<取組>
・育児休業制度および育児短時間制度等の利用向上を図り、女性職員の勤続年数の長期化を図ることにより女性役席者の対象者を拡充する。
・役席者に求められるスキルアップ研修を実施し、女性職員のキャリアアップを進め役席者の増員を図る。

女性活躍認定マーク「えるぼし」を取得

2018年9月、厚生労働大臣より女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づく認定「えるぼし認定」を受けました。

福利厚生

《社会保険等》

健康保険、厚生年金保険、確定給付年金、確定拠出年金、雇用保険、労災保険、交通傷害保険、生命保険

《持家制度》

土地購入資金、家屋建築資金の低利融資制度

《厚生施設》

保養所(京都)

《レクリェーション》

職員親睦懇親会他

《その他》

健康増進・受動喫煙防止のため「金庫敷地内 全面禁煙」を実施しています。
兵庫県「健康づくりチャレンジ企業」に登録し、職員および家族の健康づくりへの取組みを推進しています。

クラブ紹介

野球部、卓球部、テニス部、バレーボール部、陸上部、美術部、サッカー部