TOP > 店舗・ATMのご案内 > 蕨支店 芝出張所

蕨支店 芝出張所

蕨支店 芝出張所

店舗名 蕨支店 芝出張所
店舗コード
店舗形態 出張所
住所 〒333-0852
埼玉県川口市芝樋ノ爪1-7-48
電話番号 048-261-3311
窓口営業時間 平日 9時~15時
ATMご利用時間 平日 8時~19時
土曜 8時~17時
日祝 8時~17時

駐車場の有無
駐車可能台数 8台
駐車場ご利用時間 8時~17時
(窓口営業日のみ)

店舗TOPICS

新メンバーになりました! 「また来たい」と思っていただける『おもてなし』を目指して、笑顔で皆さまをお迎えいたします。ご来店お待ちしております。

職員

いつも笑顔で、ご来店をお待ちしております!

TOPICS

支店内のビジネスマッチングが実現 コラボ商品が完成しました!

今回の店舗活動報告は・・・

蕨支店新企画「蕨ブランド認定品紹介」第一弾でご紹介した、当支店取引先である有限会社クチュールカワムラさまと、芝出張所取引先・有限会社河内さまによる支店内ビジネスマッチングが実現し、お客さま同士によるコラボレーション商品が完成しました。

 

コラボ商品は、有限会社クチュールカワムラさまが取り扱う、蕨ブランド認定品である「双子織」と、有限会社河内さまの皮革を使った「名刺入れ」です。

 

今回の経緯

有限会社クチュールカワムラさまより、当支店リレーショングループ担当者に「双子織を使った新商品を作りたい。」というご相談からはじまり、支店内でマッチングプランを検討した結果、皮革製品のデザイン工房を経営している有限会社河内さまとのマッチングが可能ではないかと判断し、早速今回の「名刺入れ」作りの商品プランをご提案しました。
有限会社河内さまでも、日頃出る皮革の切れ端の使い道に頭を悩ませていたところ、両社はすぐに意気投合し、今回の蕨支店と芝出張所のお客さま同士によるのコラボレーション商品が完成にいたったものです。

 

有限会社河内さまは・・・

昭和2年個人商店として浅草橋にて創業。平成11年に有限会社河内として法人成り。

問屋中心に有名ブランドの製造を請け負う。革製品業界以外からも依頼があり製品開発やブランドの立ち上げなども数多く携わる。良質な革製品は手作業で多様な工程を経て製作。

 

 

河内皮革デザイン工房においては、国内の優秀な職人と協力して弊社の工房において製造。

それぞれの工程におけるプロフェッショナルが在籍しております。

 

 

より高品質な革製品を生み出すために

「ALL MADE IN JAPAN」

によるモノづくりが誇りです。

 

河内さまの事務所に、リレーショングループ担当者とカスタマーグループの職員で訪問し、今回のマッチングの件についてお話を聞くことができました。

 

今回の「双子織」を使用した名刺入れがこちらです。

カラーは三種類あります(レッド・グレー・ブラウン)名刺入れの表面にはワンポイントで双子織を、また名刺入れの中にも双子織を使用しています。革は河内社長が厳選し、国産であります。
そして名刺入れを開くと、クチュールカワムラさまのロゴが刻印されています。

 

 

職員 「今回、クチュールカワムラさまから双子織を入れた名刺入れ作成の話がきましたが、どう思いましたか?」

河内社長 「まず最初に蕨の街を盛り上げられるきっかけになればと思いました。双子織は蕨市の地域資源であり、弊社の革とコラボすることが斬新な商品ができると思いました。そして何よりもクチュールカワムラさまの代表者である川村さまは、とても人柄が良く、親しみやすい。すぐに意気投合しましたね」

 

 

職員 「社長さまは、地域を大事にしているんですね。当庫も地域貢献の為頑張っています。ちなみに川村社長も河内さまとお会いすることができて本当に良かったとおっしゃっていました。」

河内社長 「いまでは深耕が図れ、ビジネスの良き相談相手となりました。川村さまとは何度も何度も新商品について話し合い、試行錯誤しながら進めていきました。

 

 

職員 「新商品を作成するにあたり、大変だったことはありますか?」

河内社長 「今回の名刺入れは、名刺の内側にふんだんに双子織の生地をしようしています。双子織自体の生地がやわらかい為、革の裁断時、正確に真っ直ぐに裁断できないことが悩みでした。しかしながら努力を重ね、結果的にきれいに裁断することができました。やっぱり川村さんの熱い気持ちに応えたいという気持ちがあったからだと思います。

 

 

職員 「やっぱり新しいことにチャレンジするのは大変なんですね。今回やってみて良かったこと思うことはありますか?」

河内社長 「まず素晴らしい商品ができあがったことですね。見事に双子織の生地と革がマッチし高級な雰囲気をだすことができました。そして何よりも、地元の方である、クチュールカワムラさまとつながれたことが、一番良かったと感じております。

 

当支店では河内さまを応援するため、様々な取り組みをしております。

1.本部と連携し、当社のホームページを作成しました。

営業担当が何度も訪問し、深耕を図れた結果、河内さまのニーズを汲み取り、ホームページ作成サービスの提案。そして完成にいたりました。

「河内皮革デザイン工房」ホームページ(http://www.kawauchileather.com/)

2.Origami pay登録のお手伝いをしました。

今回の訪問以降、同席したカスタマーグループ職員も深耕を図れ、後日Origami payの登録をすることができました。

3.今回完成した名刺入れを職員が使用しています。

地域資源である双子織を使用しているため、地域のお客さまからの評判も良く、人気商品となっております。
今後も当支店から情報発信をしてPRしていきます。

 

会社名 有限会社 河内
事業内容 革製品企画制作・OEM・オリジナル商品制作
本社 埼玉県川口市芝2−4−28
設立 平成11年5月19日
資本金 800万円
役員 代表取締役 河内 由紀男

ページの先頭に戻る

 

ページの先頭に戻る