TOP > 店舗・ATMのご案内 > 綾瀬北支店

綾瀬北支店

綾瀬北支店

店舗名 綾瀬北支店
[アヤセキタ]
店舗コード 025
店舗形態 支店
住所 〒120-0005
東京都足立区綾瀬5-21-9
電話番号 03-3605-1151
窓口営業時間 平日 9時~15時
ATMご利用時間 平日 8時~19時
土曜 8時~17時
日祝 8時~17時

駐車場の有無
駐車可能台数 8台
駐車場ご利用時間 24時間時間貸
(全日20分無料。
但し窓口営業時間は
窓口にて無料券発行)
貸金庫
夜間金庫

店舗TOPICS

綾瀬北支店では「地域と共に」を合言葉に、地元綾瀬五丁目商店街と共に防犯・防火・交通安全運動などに積極的に取り組んでおります。今回、春の交通安全運動に協力、更に地元中学校の体験学習の受入など地元の活性化へ積極的に取り組んでおります。今後も地域のお客さまが気軽に立ち寄れる店舗を目指し、職員一同「笑顔」でご来店をお待ちしております。

 

綾瀬北支店 企業訪問とインタビュー! 店舗からのお知らせ

 

綾瀬北支店 企業訪問とインタビュー!


第3回 「株式会社 すずき商事/鈴木昇司さま」の本社と工場へ訪問させていただきました!

本社(足立工場)

では、早速インタビューを始めていきたいと思います!

Q1.御社の事業内容を教えてください。

生花仲卸、加工業、販売業を主にしております。
1983(昭和58)年に小さな花屋として創業スタートし、ひとりでも多くの方に満足していただけるようにと現在まで、販売店の拡大、産地との提携、加工、流通までお花のトータルサービスをグループ企業として確立し、様々なサービスを展開しております。

 

Q2.御社の沿革を教えてください。

昭和58年
足立区綾瀬にて個人創業
昭和59年
亀有店(現ふろーりすと かりん)を開店
昭和60年
東京生協(現コープみらい)へ協同購入(現宅配)業務開始
昭和62年
有限会社 シリムフローリスト本店を設立
平成 元年
足立区東綾瀬にシリムフローリスト 本店を開店
平成 4年
生花仲卸部門として株式会社すずき商事を設立
株式会社 すずき商事は仲卸加工業と業務内容を分割する
東京都中央卸売市場 板橋市場にて場内仲卸事業を開始
平成 5年
花束加工・配送部門を株式会社すずき商事にて開始
平成10年
シリムフローリスト 北綾瀬店を開店
平成12年
シリムフローリスト 綾瀬駅前店を開店
平成15年
本社工場・事務所を足立区六町に移転
平成18年
場内仲卸を全面改装
平成20年
JFMA(日本フローラルマーケティング協会)に加盟
スタッフの教育機関として足立区 東綾瀬に花工房を設立
平成22年
東京都中央卸売市場 北足立市場にて場内仲卸事業を開始
有限会社 シリムフローリストの社名を有限会社昇莉夢(しりむ)へ変更
平成23年
本社工場・事務所を足立区保木間に移転
平成25年
株式会社鈴幸農園設立
平成26年
株式会社すずき商事 鴻巣営業所を設立
平成29年
MPS-Florimark Trace Cert トレーサビリティ認証を取得
平成30年
イトーヨーカ堂昇莉夢アリオ亀有店リニューアル
平成31年
昇莉夢本店「ギャラリー」オープン
併設店舗「アネックス」オープン

 

Q3.御社の経営理念を教えてください。

お花を通じて、お客さまに喜んでいただくことです。
ショップ・スーパーマーケット・カタログ販売など、お客さまのニーズはさまざまですが、開業当初から「お客さまに喜ばれるお花を」ということを基本理念として事業を進めてまいりました。

 

Q4.御社の一番自信のあることを教えてください。

もちろんお花です。
グループ企業一環して、高い技術を活かし取り組むことで、新鮮なお花と笑顔をお届けできる「お客さまに喜ばれる会社」をスローガンに、流通のコールドチェーン化に取り組んでいます。

 

Q5.社長にお伺いします。経営者として過去の経験から一番嬉しかったことを教えてください。

「人」(取引先や従業員など出会うすべての方々)と商品である「お花」を大事にしてきたことが、結果としてお花の販売につながったことです。
人と人のつながりを大切にしてきたことによって、確かな商品を扱っている当社へ、「商品を売ってもらえませんか」と、大手から中小まで、様々なお客さまから問い合わせをいただくこととなりました。それが今日に繋がっています。

 

Q6.社長にお伺いします。経営者として一番大切にしていることを教えてください。

生産者・市場・仲卸・小売店・お客さまのすべての人達を大事にするということです。 人の心、心の通じ合う関係を目指しております。
そして、全ての人が満足できるよう、花の流通を根本から見直し、効率の良い流通を目指し、取り組んでおります。
ひとりでも多くの方に喜んでいただけるお花を提供できる企業をめざし、努力・前進を続けて行きたいと考えております。

 

Q7.今までの経験の中で一番苦労したことを教えてください。

過去というよりは現在進行形ですが、情報伝達には基本的に苦労したとは思っておりません。常に目標を持ってチャレンジしているため、苦労と感じないのだと思います。
若い頃から右肩上がりの業績を残せましたが、企業はその時代時代に合わせなければなりません。目標を持ってチャレンジしていく中で、軌道修正を繰り返す必要もあると思います。
また、右肩上がりにある中でも、常に危機意識を持つことが大事だと思います。驕らず、慢心せず、決して油断をしないことです。今はトップダウンは流行らず、ボトムアップが求められます。社長自ら、社員と共に悩み、行動することが大事であると考えています。

お忙しい中、ご協力いただきましてありがとうございました。

 

訪問場所

足立工場(本社):  東京都足立区保木間5-27-6
鴻巣営業所:  埼玉県鴻巣市広田2095-1

 

鴻巣工場(ビニールハウス)

作業レーン

種類ごとにレーンへ

鴻巣工場内部

花束巻機

出荷前

訪問日

令和元年6月

 

編集後記

花屋からスタートし、今では生産から加工、効率の良い流通を確立し、鮮度の高い商品をお客さまに提供する取り組みを肌で感じることができました。
社長の「お花」に対する思い、「人」に対する思いを聞き、サービス業である当庫は勉強すべきところが大いにあると思いました。
(K.I)


ページの先頭に戻る

 

 

第2回 「株式会社 藤田工業/藤田 隆文さま」

 

 

株式会社 藤田工業の
本社・工事現場・工場へ訪問させていただきました。

 

では、早速インタビューを始めていきたいと思います!

 

Q1.御社の事業内容を教えてください。

給排水衛生設備工事(給水・排水配管・外構工事)、消火設備工事(屋内消火栓設備工事・連結送水設備工事・スプリンクラー設備工事等)、 換気設備工事(一般換気ダクト・厨房換気ダクト・排煙ダクト等)、空調設備工事、リニューアル工事を主に行っています。

また、改修工事の付帯工事として、内装改修工事(クロスの補修、点検口取付、タイルの張替、屋上の防水工事等)を行っており、物件の状況に合わせてご提案しております。

 

Q2.御社の沿革を教えてください。

1968年4月
葛飾区西亀有にて配管工事請負業「藤田工業」を創業
1978年3月
「有限会社藤田工業」を設立登記
1994年1月
葛飾区西亀有に本社を設置
1995年5月
倉庫を設置
1996年6月
株式会社に組織変更
2006年4月
藤田 隆文 現社長就任
これに伴い、前社長 藤田 輝男が会長に就任
2009年4月
西亀有本社増築
2013年5月
本社建設に伴い足立区東綾瀬に移転

 

Q3.御社の経営理念を教えてください。

建築設備施工会社として、安全・品質・管理を充実、発展させ、自社一貫工事が可能な総合設備業を目指し「おいしい水ときれいな空気を提供する」広く社会に貢献出来る企業になることです。

 

Q4.御社の一番自信のあることを教えてください。

アイディアや提案力が抜群なところです。また、1級技能士が多く在籍しています。

 

Q5.社長にお伺いします。経営者として過去の経験から一番嬉しかったことを教えてください。

得意先より従業員の技術力を評価いただいたことです。

 

Q6.社長にお伺いします。経営者として一番大切にしていることを教えてください。

相思相愛の関係作りです。
この関係には、社員・得意先だけでなく知り合った全ての方々が対象になっています。

 

Q7.今までの経験の中で一番苦労したことを教えてください。

過去というよりは現在進行形ですが、情報伝達には苦労しています。
口頭に頼らず文章・図面・写真・動画など理解しやすいように指示指導を心がけています。

 

Q8.御社はレクリエーションにも力を入れていらっしゃいますが、心掛けている点について教えてください。

社内コミュニケーション(意思伝達)を目的に互いの考え方や受け止め方などを知ることで、円滑な業務ができると考えています。

 

Q9.御社は業務上、安全管理に対する重要性が高いと思われますが、どのような管理をされてますか。

過去の事例を基に、これから行う作業で発生しうる危険を想定し、対策を講じる教育をしています。

 

Q10.御社が今後目指す新たな挑戦は何かございますか。

技術

配管資材のプレハブ工法を進化させ、工場で組み立てた資材を納品するユニット工法を目指しています。

管理

タブレット等を活用し、ソフト開発によるITを取り入れた業務および勤怠管理を進めています。

経営

事業に特化した経理ソフトの作成と活用を進めています。

人材

外国人労働者の雇用および技能実習生の現地教育施設の設立を目指しています。

 

工事現場・工場へ

では次に実際の工事現場、工場に伺いたいと思います。

現場では、気温の高い中でも安全の為、長そで・安全靴・ヘルメットの装着が必須となっており、これは常識化されたものだそうです。

工事現場で発見!

現場に入る前には、掲示板にてKYKの確認があります。
KYKとは・・・危険予知活動のことです。
今日どのようなことをするのか、どんな危険工具を使うのか、どのような対策をとるのかといった表が貼り出されていました。
給水管は、赤さびが出ないように現在では鉄鋼管から、軽くて施工しやすく、さびの出ない樹脂製のものになっているそうです。

 

工場にて頂戴したお話

60歳以上になり、作業が難しくなった方たちの「雇用の場」を作る目的で工場を作りました。
それが今では、自社で溶接加工して現場へ持っていくことが出来るという強みに繋がり、コストも抑えることができるようになったんです。
またこれからは、現場の作業員が図面を描き、管理・監督もできるように、技能者と技術者のどちらもできる人材を育てていきたいと考えています。

御社の歴史、考え方、我々にとって勉強になるお話ばかりでした。

お忙しい中、ご協力いただきましてありがとうございました。

本社

訪問場所: 東京都足立区東綾瀬2-3-3
訪問日:  令和元年5月

 

編集後記

今年度より始まった企業訪問で初めての「工事現場」の見学となりました。なかなか工事現場を見学できる機会のない中で、快く取材の許可をいただき、丁寧なご対応をしてくださいましてありがとうございました。
お仕事中の様子を見学できて、普段は壁に隠れてしまう裏側を知ることができ、とても興味深いお話も聞くことができました。作り上げたものが形として残り、時がたってからまたリニューアル工事として引き継ぎ、受け継がれていく作業がとても印象的でした。こうして世代を超えて喜ばれる実感があるのは貴重なことだなと思います。私も改めて周りの人に喜ばれる存在になりたいと思いました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(M.K)

担当者として、実際の現場を見学することは、企業の業務内容をイメージする上で とても重要なことなんだな、と改めて再認識いたしました。お聞きしたことを忘れずに、これからも御社のお役に立てるよう頑張ります!
本当にありがとうございました。(S.H)


ページの先頭に戻る

 

 

第1回 「株式会社 柿沼商店ときわ屋/柿沼貫太郎さま」


記念すべき第1回目の企業訪問先は、当金庫の総代である柿沼貫太郎さまが社長を務められる「株式会社 柿沼商店ときわ屋」です。
では、早速インタビューを始めていきたいと思います!



Q1.御社の事業内容を教えてください。

生花・洋菓子・アイスクリーム等の小売販売を主に行っております。

また、飲食・美容健康店舗の業務委託販売・サブリース事業にも取り組んでおり、大手GMSへの花卉卸業・レンタルグリーン業も手掛けております。


レンタルグリーン業とは・・・
オフィスや店舗、商業施設等の空間に、お客さまのご要望にあった グリーン(観葉植物)をグリーンコーディネーターがコーディネート・メンテナンスするサービスです。

Q2.御社の沿革を教えてください。

1960年
米菓の製造卸・小売販売業『ときわ屋』を設立
1974年
(株)柿沼商店として法人化
同年
(株)不二家とFC契約し、千代田線綾瀬駅にて開店
1988年
(株)マツモトキヨシとFC契約し千代田線北綾瀬駅にて開店
1993年
(株)イトーヨーカ堂RE部の納入口座を開設し、レンタルグリーン業を始める
1995年
(株)イトーヨーカ堂青果部の納入口座を開設し、生花の卸売業を始める
同年
(株)鈴木商事の生花卸部門と業務提携
1997年
(株)シリムフローリスト「(株)昇莉夢」と小売店業務委託契約を結び4店舗営業中
(アリオ西新井店・アリオ亀有店等)
1998年
(株)西友生花部の納入口座を開設する(青井店・竹ノ塚店・足立島根店)
2006年
(株)モール・エスシー開発(現:(株)セブン&アイクリエイトリンク)より、アリオ亀有の全体植栽を請け負う
(アリオ西新井店・アリオ北砂店等、他3店舗)
2007年
BRサーティワンアイスクリーム(株)とFC契約し、アリオ西新井店にて開店
その他、業務委託販売として(リラク・飲食店2店舗・携帯ショップ他)

 

Q3.御社の経営理念を教えてください。

お客さまのお買上げを通して、日常に少しでも幸せや安心をお届けするお手伝いをしたい、というのが経営理念です。BRのモットーである"We make people happy"に触発されました。

また、以前までは『六つの心』を掲げておりました。
● 「おはようございます」、という明るい心
● 「はい」、という素直な心
● 「すみません」、という反省の心
● 「わたしがします」、という積極的な心
● 「ありがとうございます」、という感謝の心
● 「おかげさまで」、という謙虚な心

お金儲けよりも、こういった理念を優先しています。

 

Q4.御社の一番自信のあることを教えてください。

弊社と関係するすべての会社・お客さまと信頼関係を築くことですね。
特に心がけているのは「嘘をつかない」ということです。そういったことの積み重ねで、自ずと信頼関係は築かれていくんです。そうすることで、周りからも支持されるようになり、スタッフ間の雰囲気も良くなっていくことで、良い店になります。

 

Q5.柿沼社長にお伺いします。経営者として過去の経験から一番嬉しかったことを教えてください。

今現在も店舗(会社)を継続させていただけていることですね。
振り返れば嬉しかったことはたくさんあるけれど、やはり85歳になった今でもこうして仕事ができていることがなによりも嬉しいことですね。六つの心のひとつである、「おかげさまで」の心を常に忘れず、「おかげさまで」今も商売できていることがありがたいですね。

 

Q6.柿沼社長にお伺いします。経営者として一番大切にしていることを教えてください。

全ての人に、信頼を得ること(嘘をつかない)・おかげさまでの精神を忘れないことです。 様々な経験の中で、全てがあって今があるからこそ「おかげさまで」続けられています。 また、父が僧侶であったことから「感謝極楽 不平地獄」のように、感謝の気持ちも忘れないようにしています。そして、スタッフを大事にすることも常に心がけていますね。スタッフを大事にすると本当に良いお店になるんですよ。就職等で一度辞めた従業員も、結婚して落ち着いたら結構戻ってきてくれることが多いんですよ。そうやって戻ってきてくれるっていうのは経営者としては嬉しいですね。

 

Q7.米菓から始まり、生花、不二家、サーティワン等の洋菓子・冷菓子へと業務変化していった理由、きっかけを教えてください。

親戚の米菓卸業から独立して、米菓卸と米菓小売りを営んでいましたが、地域のお客さまに絶えず時代に合った商品は?を考え、自社でできないことは大手の会社とのFC(洋菓子)や、また、経営面資金繰りを考えて年間の売上を平準化できる商品は?で、冷菓子店舗に発展し、更に、地域においてあった方が良い店舗で、自社でなく(または、自社でできない店舗・業務)違う会社にお願いした方が良いと思う場合は、弊社の理念に共感してもらえる会社さまと業務提携や連合を組み、店舗や事業を展開して今日にいたりました。ただ、私としては、その時代、時代にお客さまが喜んでいただける商品をいかに提供できるか?だけを考え、業態変化をしてきたという意識は特別ありません。
時代に合った商品を考える上で、昔から今もずっと続けていることはとにかく流行に敏感でいることです。今でも車で街を走っている時に少しでも気になるお店があれば必ず車を停めて確認するようにしています。また、デパ地下に行くと時代の流行がわかるので見に行くのもいいですよ。店舗の広さ・商品が時代を表していますから。

 

Q8.当金庫との取引を始めたきっかけ、関係について教えてください。

妻の義兄が当時の光信用金庫の理事長(まだ理事であったかも?)だったので、それがきっかけです。
結婚し独立した当初は、逆にお世話になることをためらっていたが、(旧日興信用金庫とお取引させていただいていました)商売も軌道に乗ってきた時期に、私を知っていただいていた支店長からのご助言で、光信用金庫ともお取引を始めました。

 

Q9.FC契約している店舗での売れ行き商品、柿沼社長のおすすめ商品を教えてください。

スタッフはポッピングシャワーが一番人気だと言っていました。
私のおすすめは、サーティワンをはじめて見つけた40年以上前からずっとチョコミントです。サーティワンの知名度がまだほとんどない頃、バニラやチョコしかない時代に目黒の直営店で見つけたチョコミントは衝撃的でした。思い出の味ですね。


最後にひと言お願いします!!

最終的には人と人との取引です。
機械化はその手段にすぎません。機械化することで人と接する時間を増やすことが大切だと思っています。

当たり前のことですが、人の目を見て直接話すことを大事にしています。そうすることで納得する店づくりができるんですよ。

ちなみに弊社は特に売り上げの設定をしていないんです。取引先・お客さま・スタッフを大切にすることがありがたいことに売り上げにつながっているんだと思います。
とにかく人と人との信頼関係作りが大切です!

お忙しい中、ご協力いただきましてありがとうございました。御社の歴史、そして柿沼社長の信念、我々にとって勉強になるお話ばかりでした。


では次に、FC契約をされているサーティワンアイスクリーム・アリオ亀有店に伺いたいと思います。

全店舗で単月売り上げ第2位を誇るアリオ亀有店!
働いているスタッフの方々は笑顔が眩しく、とても楽しそうに働かれている印象でした。

本社

訪問場所: 東京都足立区青井4-24-16
訪問日:  令和元年5月

サーティワンアイスクリーム・アリオ亀有店

訪問場所: 東京都葛飾区亀有3-49-3 1F

 

編集後記

今回、企業訪問委員会として訪問させていただき、普段の訪問時には聞けない貴重な話を、聞くことができました。
その中で、一番自信のあることの質問の回答で、『すべての会社・お客さまと信頼関係を築くこと』ということでしたが、当金庫もすべての会社・お客さまとの信頼関係を築くことが大事なので、柿沼社長のように自信を持てるよう、私自身日々の営業でお客さまに寄り添い、信頼関係を築きたいと感じました。 ご多忙の中、このような機会を与えていただきありがとうございました。今後とも、城北信用金庫をよろしくお願いいたします。 (S.H)

私たちカスタマー職員は、普段お店から出ることがほとんどないので、「株式会社 柿沼商店ときわ屋」さまにご訪問させていただいたことは大変貴重な経験になりました。
会社の歴史や業態変化、経営理念等、私たち信用金庫職員にとっても勉強になることばかりでした。
私も改めて「株式会社 柿沼商店ときわ屋」さまのように、周りの人に喜ばれる存在になりたいと思いました。
お忙しい中、丁寧なご対応をしていただきありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 (M.K)


ページの先頭に戻る

 

店舗からのお知らせ

盆踊り大会に参加してきました!

昨年同様、綾瀬五・六丁目自治会納涼盆踊り大会に職員全員で城北の浴衣を着て参加してきました!
地域の皆様と力を合わせ、一緒に踊ることが出来たので会場は非常に盛り上がりました。これからも地域のイベントに積極的に参加していきたいと思います!


ページの先頭に戻る

 

綾瀬北支店限定☆Summerキャンペーンを開催しています!


当キャンペーンは、終了しました。

令和元年6月3日(月)~令和元年7月31日(水)までの期間中、Summerキャンペーンを実施しています!
定期預金、定期積金、年金をご契約いただいたお客さまに「三角くじ(先着1,000枚)」をお渡しいたします。
※くじが無くなり次第、終了となりますのでご了承ください

この機会にぜひ、ご来店をお待ちしています!


ページの先頭に戻る

 

~information flower~

この花の名前を知っていますか?
これは、「ハイドランジア コットンキャンディー」という
ピンクの紫陽花の一種です。

ピンクの紫陽花には、「元気な女性」「強い愛情」などの花言葉や、
小さな花が集まって咲いているようにみえることから「和気あいあい」や
「団欒(らん)」などの花言葉もあります。

柔らかくフェミニンな紫陽花をぜひ店頭にてご覧ください。
職員一同ご来店心よりお待ちしています。

ページの先頭に戻る

 

綾瀬北支店限定☆Springキャンペーンを開催しています!


当キャンペーンは、終了しました。

平成31年3月1日(金)~平成31年3月29日(金)までの期間中、Springキャンペーンを実施しています!
定期預金、定期積金、年金をご契約いただいたお客さまに「三角くじ(先着500枚)」をお渡しいたします。
※くじが無くなり次第、終了となりますのでご了承ください

この機会にぜひ、ご来店をお待ちしています!


ページの先頭に戻る

 

交通安全運動に参加しました


ページの先頭に戻る

 

店舗近隣商店街

夕方は買い物のお客さまでにぎわう商店街

商店街は37店舗が加盟しています

綾瀬五丁目商店街の会長と
地区担当者の日比 駿己です。

ページの先頭に戻る