TOP > 店舗・ATMのご案内 > 堀切支店 > バックナンバー

堀切支店バックナンバー

堀切支店 お客さま紹介 ボランティア報告
ラッキー通りメロン育て隊報告 商店街イベント報告
堀切支店ギャラリー

堀切支店 お客さま紹介

堀切ラッキー通り商店街シリーズ第2弾!!「くすりとエステの三春堂」さまにお伺いしました!!

「お客さまとのコミュニケーションの質を高める」をモットーに、地元堀切のお客さまを職員が訪問し、紹介させていただいている「お客さま紹介」。前回より始まった「堀切ラッキー通り商店街シリーズ」の第2弾として、今回は「くすりとエステの三春堂」さまにお伺いさせていただきました。

「くすりとエステの三春堂」さまは、現在の店主の先々代であるご祖父さまが、昭和元年に福島県三春町から上京され、ご出身地である「三春」を店名として開業。
以来90年以上にわたって、堀切の街の健康をサポートしています。

 

現在の店主である岩崎修さまは、薬剤師としてのお仕事のほか、堀切ラッキー通り商店街の会長として、また著名な市民ランナーとしても、多くの商店街イベントやマラソン大会の運営を切り盛りされています。

 

また、奥さまは「くすりとエステの三春堂」内でエステを開いており、100名を超える会員を抱えるエステティシャンとして、堀切の街の美をサポートしています!!

合言葉は“美と健康のサポーター”、「くすりとエステの三春堂」さまです!!
(中央右:店主 岩崎 修さま、中央左:奥さま、右端:柴田副支店長、左端:当店職員熊野)

60年ほど前の三春堂さま
永年にわたり堀切の街を見守っています

さまざまな薬が常備され、
急な症状にも対応していただけます

別名は「走る薬剤師」!!

数多くの大会にて表彰されています!!

「くすりとエステの三春堂」さまと、一般の薬局の大きな違いは、ズバリ!「科学的・継続的な健康サポート」です!!
一般的に薬局は、お客さまからお体の調子をお聞きし、薬やサプリメントを処方しますが、「くすりとエステの三春堂」さまは、一般的なヒアリングの他に体測定機を利用し、お客さまの体の状態をより細かくチェックしたうえで、どのような薬・サプリメントが必要か、健康維持のためにどのような生活習慣の改善や運動が必要かを提案してくださいます。

今回訪問した柴田副支店長が検査していただきましたが、身長体重の他、体脂肪率・BMI・タンパク質やミネラルの過不足・内臓脂肪や全身の筋肉バランスなどが数値化され、まるで人間ドックを受診したような検査表をいただくことができました。また、定期的に受診することによって、体重や体組織の変化をグラフ化してくれるので、自分の体がどのように変化しているかが一目でわかり、体質改善のモチべーションも上がっていきます。

病気を治すことは重要ですが、病気になりづらい健康的な体作りはもっと重要。そのように考える店主のサポートを受け、多くのお客さまが健康の維持に努めています。

「くすりとエステの三春堂」が誇る体測定機
大病院やスポーツジムにも負けません

柴田副支店長が体験しました!!
10秒程度で測定できます

身長・体重・体脂肪率・BMI
その他さまざまな数値がわかります!!

 

 

検査結果は・・・
「素晴らしいです♡」でした!

定期的に計測・サポートを受けるとグラフ化され、改善の度合いが一目でわかります
モチベーションも上がりますね!!

 

次は奥さまが行っているエステを、当店職員熊野が体験させていただきました。
約15年ほど前、化粧品を販売していた奥さまが「これからはモノを販売するだけでなく、サービスも提供していかなければ!」と感じ、講習を受けエステの施術テクニックを学び、また超音波でお肌の引き締めを行うソニックエステマシーンを導入し「三春堂」内でエステを開業しました。
今では100名以上の会員さまを持ち、いつも予約でいっぱいとなっています。

今回、体験させていただいたのは「お試しエステキャンペーン60分コース」です。
このコースはハンドマッサージ・ソニックエステ・クレンジング・パックもついて、お試し価格1,000円(税別)で体験できる、とってもお得なコースです。

手作りの看板が目印です!

 

まずはカウンセリングから、最近のお肌の調子は・・・

まずは奥さまのハンドマッサージから
リンパの流れがよくなっていきます

そしてソニックエステです
ヒアルロン酸とコラーゲンが浸み込み、超音波で
お肌がキューッと引き締まってきます!!

お肌のカウンセリングから始まり、奥さまのフェイシャルハンドマッサージ・ソニックマシーンを使ったソニックエステを、まずは右半面にだけ施術してもらいました。
奥さまによるハンドマッサージでリンパの流れを整えた後、ソニックエステで細胞レベルの引き締めをおこないます。
その効果は絶大で、今回たった1回の施術でフェイスラインが非常に引き締まったのが一目でわかり、本人も非常に驚いていました。
その後、左半面も施術してもらいパックの後、完了。
本人曰く、「とても気持ち良いうえに、1回でこんなに引き締まるなんでビックリ!ハリも出たし、くすみもとれた」とのこと。
定期的に継続的に行えば、さらに効果が期待できるとのことです。

※職員個人の効果・感想です。効果には個人差があり、保証されるものではありません。

お試しキャンペーンは内容盛りだくさんで
1,000円(税別)
お近くの方はぜひ体験してみてください!!

右側(向かって左側)だけ施術していただ いた後です
右側が目に見えて引き締まってます!!

街のお薬箱として、身近な美容のお悩み相談所として、堀切の街にしっかりと根付き「美と健康のサポーター」として堀切を明るく元気にしてくれる「くすりとエステの三春堂」さま。 堀切にお越しの際は、ぜひお寄りになってみてください。
また我々堀切支店も、堀切の街に元気をお届けできるよう、共に歩んでいきたいと思います。

店名 くすりとエステの三春堂
住所 東京都葛飾区堀切2-55-11
電話番号 03-3693-4673
店主 岩崎 修
ホームページ https://miharudo.com

ページの先頭に戻る

 

堀切支店 お客さま紹介 堀切ラッキー通り商店街シリーズ第1弾!!

「お客さまとのコミュニケーションの質を高める」をモットーに、地元のお客さまを職員が訪問し、紹介させていただいている「お客さま紹介」シリーズ。今回から、堀切支店が属する「堀切ラッキー通り商店街シリーズ」として、リニューアルします。
記念すべき第1回目は、ラッキー通り商店街にて半世紀以上の歴史を誇る「松葉せんべい」さまにお伺いさせていただきました!
「松葉せんべい」さまは、昭和42年に現在の店主のお父さまが脱サラして創業(お父さまは元信金マンだったそうです!!)。その後、50年以上2代に亘り、変わらぬ製法と味を、堀切の街で守り続けています。

左:先代おかみさん(お母さま)/中央:店主(2代目)田邊さま/右:当店職員長内
お忙しい中ありがとうございました!

奥に続く道が、メロン育て隊でおなじみの
「堀切ラッキー通り商店街」。堀切支店も会員です!



「せんべい」の文字に伝統を 感じます!

「松葉せんべい」さまのお煎餅は昔ながらの伝統的な製法を受け継いでいます。
原料となるうるち米は新潟産にこだわり、そのお米を蒸して、ついて、型抜きした後、1週間かけて「むしろ」の上で天日干しします。そうして時間と手間を惜しまず作った生地を日向産備長炭でおこした炭火で一枚一枚手焼きで焼き上げています。一枚を焼き上げるのに30回~40回ひっくり返し、仕上げは無添加の生醤油で味付けです。
手間を惜しまず作られたお煎餅は、素朴ながらも豊かな風味と味わいを生かした昔ながらの「堅焼きせんべい」として地元の皆さまに愛されています。

昔ながらの伝統的な炭火で、
1枚1枚 焼き上げています。

良質なお米を、“むしろ干し”した生地。
このまま食べても美味しそう!

焼き上げるのに、30~40回ひっくり返します。
2代目の箸さばきは、とってもリズミカル。

無添加の生醤油で味付けして、完成です!

焼きたてに醤油を塗ると、湯気が立ちあがり
香ばしい香りが広がります!

1日に400枚程度焼き上げます。

今回、私たち職員も「焼き」に挑戦させていただきました。
菜箸のようなものでひっくり返すという一見単純な作業でしたが、むらなく焦がさず綺麗に焼き上げるのは想像以上に難しいものでした。そんな中、「焦げたのは香ばしくなるからOKだよ」と言ってくれた店主の優しさは印象的でした。
地元小学校の職場体験学習にて、毎年多くの小学生が挑戦しているとのことですが、人気の理由がわかる気がしました。

伝統の製法を守り、根強いファンが多く、芸能人の楽屋土産にも利用されている、名物の『堅焼きせんべい』が人気の「松葉せんべい」さま。

店主とおかみさんにお話を聞きました。
「昔、割れてしまったお煎餅を近所のお子さんにあげていたら、大人になって遠くに引っ越した後も買いに来てくれるのよ。おばちゃんによくお煎餅もらったよって言ってくれて」とおかみさん。

「昔ながらの伝統の味、素朴な味をできる限り残していきたいですね」と店主。
「松葉せんべい」さまは、今日も香ばしい香りと懐かしい味を、堀切の街に届けてくれています。

箸さばきが上手とほめられました!

副支店長も挑戦、焦がしてるよ!!

1番人気の厚焼きせんべいです。
歯ごたえが人気!!

お年寄りやお子さまには、薄焼きが好評です。

詰め合わせは、楽屋土産にも利用されています。

この歯ごたえがたまらなく、美味しい!!

現在、堀切支店では「松葉せんべい」さまとコラボした、受験生応援キャンペーンを開催中です!
「松葉せんべい」さまの堅焼きせんべいのように、固い信念を持って困難に挑む受験生の皆さんを応援すべく「合格祈願せんべい」をお配りしています。お米とお醤油だけで作られ添加物の入っていないお煎餅は受験勉強中に小腹がすいたときにもぴったり、受験生の皆さん、「松葉せんべい」を食べて合格を勝ち取りましょう!!

堀切支店「受験生応援キャンペーン」コーナー。
オリジナルの店主似顔絵ポスターが、皆さまをお待ちしています!

「お煎餅食べて第一志望合格したよ~」
とのお言葉も頂戴しました!!

「松葉せんべい」さまで販売しています。

店名 松葉せんべい
住所 東京都葛飾区堀切2-57-6
電話番号 03-3691-2847
店主 田邊 紀之
ホームページ http://www.katsushika-kushouren.jp
かつしか商店街HP:
[買う]→[堀切・お花茶屋エリア]で店舗名があります。

ページの先頭に戻る



第6回 堀切支店 会社訪問

10月30日、葛飾区立石にある「ワタナベ食品株式会社」さまにお伺いしました。
ワタナベ食品は昭和22年に製麺工業として創業、その後昭和27年に製麺の技術を活かしお蕎麦屋さん「伊豆万」を開業しました。昭和28年にはメニューの中で特に人気の高かったカレーに注目し「旭食品研究所」を設立、カレールウの研究開発を開始しました。
その後いくつかの変遷を経て現在のワタナベ食品株式会社となり、カレールウの研究開発・製造販売を行っています。創業から今日まで親子孫3代、70年にわたり続いている老舗の企業です。

右より、渡邉社長、社長のお母さま、柴田副支店長、萬代推進役
お忙しい中ありがとうございました!

昭和レトロな雰囲気がとてもかっこいいです!

歴史を感じます…

今回、カレールウの製造過程を見学させていただきましたが、驚いたのが最初から最後まで社長が目を離さずに見守っていることです。大きな窯の中で煮込まれている材料に常に目をくばり、湯気や表面の状況を見ながら次の材料を入れるタイミングを計っていく…。まさに一窯一窯に魂を込めているのがひしひしと感じられました。
1つの窯で2時間をかけ100キロ300袋分を作ることができますが、季節や天候によって煮込む時間や油のバランスを変えるそうで、そのこだわりはまさに「職人の業」でした。その深い味わいにはファンも多く、地元葛飾区の「葛飾ブランド」として認定を受けメディアにも数多く取り上げれられている他、現在は海上自衛隊横須賀基地でも通称「金曜カレー」として使用されており、また南極観測船「しらせ」にも採用され隊員たちと共に世界に羽ばたいています。

最初から最後まで社長自らチェックします

季節によって温度やタイミングを微妙に変える職人業です

門外不出、秘伝のスパイスです

スパイス投入!工場内が香ばしい香りに包まれます!

永年、ワタナベ食品を支える攪拌機(かくはんき)
社長の右腕です

各種メディアにも取り上げられています

ワタナベ食品「旭カレールウ」の特徴である、「コク深さ」「風味の高さ」「懐かしい味わい」は、その手間暇かけた作り方にあります。生の小麦粉を熱伝導の良い銅直火窯を使用し丹念に焙煎する方法は胸やけの原因といわれる小麦粉の焙煎不足をなくし、小麦粉の風味をルウに閉じ込めることができるのです。
最初から最後までつきっきりで窯をチェックし、その日の天気や湿度によって焙煎時間やスパイス・フルーツなどを入れるタイミングを変え、保存料やエキスは一切使わないなど大手メーカーの効率重視の作り方とは真逆の製法により少量ずつ丹念に時間をかけ、昔ながらの伝統を守り「旭カレールウ」は作られているのです。
ただ、伝統を守るだけではありません、3代目である現社長が研究開発した「旭カレールウ 孫」は伝統の味にトマトとフルーツの酸味を加えたさわやかな味わいが人気を博しています。

最後のひと手間を加え…

完成です!!

初代から受け継がれる旭カレーの定番商品です!

2代目が考案したシーフードと相性の良いルウ、横須賀基地で利用されています。

現社長(3代目)が考案したトマトとフルーツをふんだんに使用したルウ、1番人気の商品です!

蕎麦屋さんの経験を生かし、カレーうどん・そば専用に考案されたルウ、うどん・そばとの相性バッチリです!

平成23年葛飾ブランドに認定されました!!

カレールウに深い愛情を熱意を注ぐ3代目渡邉社長、最後に社長の夢をお聞きしました。
「夢は…、まずは旭カレーの名前を全国に広げることです。そしていつかは、大自然の中にオープンファクトリーとオープンキッチンを併設したカレーショップ&カレーレストランを作りたいですね。」
そんな社長の夢をかなえるお手伝いを少しでもできるよう、私たちも地域と共に歩んでまいります。 

≪おまけ≫渡邉社長のおすすめレシピ
普段通り作ったおでんに、おでんのスープで溶いた「旭カレールウ」を流し込み、5~10分煮込むだけの「カレーおでん」、体の芯から温まり絶品です!
今回紹介した商品はワタナベ食品株式会社公式ホームページにて購入できますので、是非お買い求めください!

商号 ワタナベ食品 株式会社
住所 東京都葛飾区立石4-15-3
電話番号 03-3691-0922
代表者 渡邉 正道
事業内容 カレールウ製造販売
ホームページ http://www.asahicurry.com

ページの先頭に戻る



第5回 堀切支店 会社訪問

足立区千住曙町にある「株式会社横山商店」を、リレーションG担当者宮下さんと事務G長内さんで訪問しました。昭和35年浅草にてアイススケートの靴の専門メーカーとして創業、現在全てのスケート種目(スピード、フィギア、ホッケー)の靴を生産しております。当庫とのお取引は創業者の故横山安蔵さん(現社長の父)より長いお付き合いをいただいております。社長の横山剛さん、取締役の内藤浩子さん、社長のお母さまであり先代の社長夫人であるさきさんにお話を伺いました。始まりは合併前の荒川信用金庫で、取引開始当時は浅草のお店だったそうです。昭和40年足立区千住曙町に移転、偶然堀切支店も昭和40年11月に開店、お取引店を移していただき、現在に至ります。

当時の思い出を伺いました。
移転してから数年した頃、取引先からもらった大きな金額の手形が不渡りになったそうです。当時の黒田支店長は、「事業を廃業したらどうか?」と投げかけました。しかし、冷酷な言葉と裏腹にしっかり安蔵社長の眼を捉えておりました。「絶対にこの苦難を乗り越えてみせます。」との安蔵社長の強い気持ちを確認すると、「分かりました。それだけの覚悟なら全面的に協力させていただきます。」と支援を約束しました。将来性を見据えた黒田支店長の言葉は忘れられないそうです。

スケート靴について伺いました。
横山商店では、遊園地などの貸スケート靴、北海道を中心とした学校向けスケート靴を、国内シェアの80%生産しています。創業当時の安蔵社長はブーツの靴職人で、皇室の乗馬靴を任される程の腕前でした。当時人気のアイススケートに目を付け、最初はOEMでブーツにブレード(金具)を取付け、月1,000足以上生産しておりました。その後自社ブランド『ZAIRAS』を立上げます。『ZAIRAS』はドイツ語で『浅草』を表現したそうです。スケート靴を主軸にボーリング、野球、ボクシングと製品の幅を広げられ、その時代のスポーツ靴に対応されてきました。
靴を足にフィットさせる技術力、長年培ったブレードの理論はフィギアスケートのアスリートからも高い支持を受けております。トリノオリンピックで金メダルを取った荒川静香さん、世界選手権で2度優勝した安藤美姫さんも横山商店に足を測りに訪れたそうです。世界一の演技を支える技術に感動を覚えました。

工場も見学させていただきました。
職人さん達が、型取り、プレスによる成型、靴底の糊付け、ブレードの取付け、を行っています。靴工場にしか見られない特殊な機械を沢山拝見させていただきました。スケート靴だけに限らず、ボクシングシューズ、野球の靴も生産していました。

今回会社訪問に挑戦した長内さんの感想です。
モノを作る会社の社長さん、皆さんとお会いするという初めての経験をさせて頂きました。色々と苦労されたこと(とにかく数を多く作らなければいけなかった時代、スケートがスキー人気に移り替わった時代、大きな不渡りをもらった時代等)、製品への想い(ブランドのロゴ等)が溢れていました。私がお話を聞かせていただいているこの事務所で、たくさんの議論がされ、たくさんの靴が出来上がっていったことを想像し、感動いたしました。

足立区千住曙町の株式会社横山商店さんにお邪魔しました。

旧荒川信用金庫本店の新築記念に貰った温度計だそうです。50年の歴史をここに見つけました。

左から社長さん、内藤さん、社長のお母さまのさきさんです。自社ブランド「ZAIRAS」を手にしてみます。

お子様用に2枚刃の靴もあります。素人の私もこれなら大丈夫!!

カッコイイ!!スピードスケートの靴はブレードも迫力あります。

16㎝の靴から32㎝の靴の型まで0.5㎝刻みの抜型です。同じ質・形のスケート靴を生産します。

こちらのプレス機に抜型をセットして裁断します。

靴の形に成型する機械です。

糊を付け、靴底を貼り付けていきます。
正に職人技です。

ブレードを取付けて出来上がりです。


ページの先頭に戻る



第4回 堀切支店 会社訪問

今回は食リポにチャレンジ!!と葛飾区お花茶屋1丁目にあるイタリアンレストラン『ストマコ』にお邪魔しました。『ストマコ』は平成25年にオープンお花茶屋駅からも近く、とっても家庭的で近所の方が気軽に通うイメージのお店です。女子会などで利用される方が多いそうです。 『ストマコ』のマスター河内航也さんは、当店の古くからのお取引先である正栄ゴム株式会社の河内正社長の次男にあたり、今回堀切支店の新入職員歓迎会に利用させて頂きました。 気軽にワインを楽しめる雰囲気の店内でシャンパンを開けて乾杯!! 3種の前菜、サラダを頂きました。サラダの“トマト”にビックリ!?!今まで食べた事のない甘さなんです。生ハムに隠れたサプライズ。絶対やみつきになる味です。店内のオーブンで焼いたピザも絶品でした。

さて平成29年度、堀切支店に3年振りに新入職員、男女1名ずつ計2名が配属になりました。男性が坂口純さん、女性が長内紀子さん、共に平成6年生まれです。2人ともフットサルを学生時代にプレーしていたそうです。

歓迎会も中盤に差し掛かった所でサプライズゲストの登場です。正栄ゴム株式会社の河内社長さんが『ストマコ』に南葛SC総監督の向笠実氏をお連れし登場です。
南葛SCは城北信用金庫がスポンサー契約をしているサッカーチームで、トップチームは東京都社会人リーグ2部に所属しています。向笠監督は名門修徳高校サッカー部で38年間監督を務められた偉業をお持ちです。そんな向笠監督を囲んで貴重なお話しを聞かせて頂きました。
修徳高校サッカー部というと北澤豪選手を連想しますが、向笠監督が北澤選手と出会ったときはスーパー選手ではありませんでした。読売のユースチームに入れなかった北澤選手は修徳高校で向笠監督の指導を受けます。仲間の前では練習姿を見せたがらないタイプだったそうです。ひとりでドリブルの練習や走り込み等見えない努力をしていたそうです。ただ、「サッカーが好きだ!」という情熱は誰にも負けないものでした。修徳高校卒業後ブラジルにて修行し、Jリーグ選手として読売ベルディで活躍されたのはユースチームに入れなかったリベンジだったのでしょう。新入職員に向けて
向笠監督から「わからないことばかりだからこそ面白い」という言葉をいただきました。新しいことを常に学ぶチャレンジ精神と色々なことを身につける楽しさに希望を感じ、新社会人として頑張ろうと誓う新入職員2人なのでした。

お花茶屋駅北口徒歩5分の所にある『ストマコ』です。
住所 葛飾区お花茶屋1-28-21お花茶屋
パークハイツ1階
TEL 03-6662-6068

少しシャイなマスター河内航也さんと奥さま 副支店長と一緒に一枚!

3種の前菜です。キッシュがとてもおいしかったです。

生ハムとチーズのサラダ。
隠れたトマトの甘さと言ったら!!
こんなに甘いトマト食べた事がありません。

ピッツアマルゲリータ。
お店のオーブンで焼き立てをどうぞ。

サプライズで登場した向笠総監督。
今年の南葛SCは勝ちに行きます。

新入職員の長内紀子さんと坂口純さん。
二人ともフットサルプレーヤーです。

堀切支店のメンバーとゲストで記念撮影。
中央にいるのが河内社長と向笠監督です。


ページの先頭に戻る



第3回 堀切支店 会社訪問

葛飾区東四ツ木にある有限会社坪川製箱所を、窓口係の井野主任と齋藤副支店長で訪問いたしました。
昭和32年より現地にて木箱製造にて創業、昭和37年からダンボール箱の製造を開始し現在に至ります。当庫とのお取引は先代の社長さんより55年にわたる長いお付き合いをいただいております。社長の坪川美明さん、社長夫人の坪川恵子さん、社長のお母さまであり先代の社長夫人である美代子さんにお話しを伺いました。合併する前は荒川信用金庫で、当時は旅行の会(荒信会)やゴルフの会(36会)もあり、何人もの担当者にお世話になったとお褒めいただきました。「田中さん、藤田さん、渡辺さん・・・」美代子さんの想い出から何人もの歴代担当者(私たちの先輩)の名前が上がります。
城北信用金庫の良い所は、①相談しやすいこと ②引継ぎがしっかりしていて担当者が変更してもすぐに思ったとおり意思疎通ができることだそうです。

HPを拝見したところ、木根川小学校において避難所を体験する記事が掲載されております。地域の中で震災に対する意識を高め、実際に体育館で寝泊まりしたそうです。いつ自分達がその状況に遭遇するかわからない。子供たちも大人もとってもよい経験になったそうです。『避難所とはいえど、枕があると安心して眠れるのではないか?』そんなやさしい想いからダンボール枕を考案しました。(実用新案出願完了済)
井野主任が手に取ってみました。ちょうど頭にあたる部分にダンボールのクッションが効いておりジャストフィットします。細かな収納も付いていて、赤ちゃんのおむつ、歯ブラシ、お財布等 いざという時枕一つ持って逃げれば大丈夫という訳です。

工場も見学させていただきました。普段見ることのない大きさのダンボールシートにビックリ!!大型の機械の中にシートが吸い込まれ、あっという間にオレスジが刻まれ、バリがカットされ、印刷されて出てきます。中学校の図形の時間、展開図に悩んだものですが、社長さんの頭の中では常に箱の形がアレンジされていきます。
今回初めて会社訪問に挑戦した井野主任の感想です。

普段はお客さまをお店でお迎えしているので、外に出て坪川製箱所さんへ訪問するのはとてもドキドキしました。お伺いすると、あたたかく迎えていただいて嬉しかったです。
防災グッズのダンボール枕を考案されて、試してみるととても寝心地がよく、機能性も充実していることに感動しました。従業員の方が少ないそうで、社長と恵子さんが夜遅くまで機械を動かしていることを伺い、とても大変なんだと実感いたしました。

メロン1

坪川製箱所さんの看板です。歴史を感じます。

メロン2

左から先代社長夫人の美代子さん、社長さん、社長夫人の恵子さんです。

メロン3

社長さんから避難所体験の様子を伺っています。

メロン4

避難所体験の様子です。

メロン5

ダンボール枕を手に取って試してみます。

メロン6

実用新案の認定証です。
私、ちょっと目をつむっちゃいました。

メロン7

とっても大きな機械です。
私が3人分??

メロン8

機械から出てきた製品を検品中です。

メロン7

製品がとても速いスピードで流れていきます。

メロン8

ガムテープのカッターもダンボール製。社長さんの頭の中は展開図でいっぱいです。


ページの先頭に戻る



第2回 堀切支店 会社訪問

葛飾区堀切にある「株式会社ナウケミカル」を、窓口係の塩野主任と齋藤副支店長で訪問いたしました。10ミクロンの径の紛体にメッキすることができるという特殊な技術をお持ちの会社です。金城純一社長にご案内いただき、電子部品を製造する作業場を見せていただきました。メッキ工場というとラインがあり大きなスペースをイメージしがちですが、そこは理科の実験室をイメージさせる小さな作業場であり、小学校で使ったそれより大きめのビーカーで、メッキ液を従業員さんが手作業でかき混ぜています。ベテランの従業員の手で均一に紛体にメッキ出来る様、約30分間かき混ぜ続けます。できあがった20ミクロンの個体は、メッキで全体が覆われ電子部品のスイッチに欠かせないものになるそうです。電子部品については企業秘密が沢山あり、すべてを写真撮影することはNGでしたが、塗料の顔料に含まれる“キラキラ”の元を作るメッキ槽、乾燥機、振動篩、ミクロの世界を検査する蛍光X線検査器、スコープを撮影させて頂きました。

金城社長にインタビューです。
メッキ加工は、先代の社長(現社長のお父さん)が昭和58年に創業。前社長はメッキ液を独自に社内で開発する事にこだわり続けました。当時から金属を加工する時、融点の高い合金のメッキが貴重とされていました。『金―錫』は融点が300度の為加工に非常に便利な合金です。しかしながら、メッキ液としては安定性が悪く、長くて3日の寿命しか持たないものでした。 ある大手メーカーから相談された先代の社長は、20年の歳月を費やし研究を重ね、平成14年、ほんの一瞬の閃きで、ついに安定性のよい(半年以上の寿命)メッキ液を開発したのでした。 前社長さんは、平成25年にお亡くなりになりましたが、お父さんのメッキ技術と情熱を社員さんと引き継ぎ研究開発を続けています。 『最後の砦』と言われるような技術開発型企業という形態を目指して顧客の細やかな要求に対応し続けています。

会社訪問を終えた塩野主任の感想です。
異業種(光学メーカー)にお勤めだった現社長は、その時培った経験があるからこそ特殊な分野の要望も理解することが出来、応えられると話されていました。又その技術を応用し、新製品を開発し続けます。『下町ロケットの佃製作所』がロケットエンジンを開発、技術を磨き続けた姿に重なるものを感じました。 社長さんのお話はとても楽しく、とても勉強になりました。

株式会社ナウケミカルさんに訪問しました。

平成26年度葛飾ブランド認定証の前でツーショット写真をお願いしました。左側が塩野主任 右側が金城社長です

副支店長、塩野主任が金城社長にインタビューです。先代の社長さんの想い出等をお話しいただきました。

塗料の顔料に入っている紛体です。メッキした粉がキラキラの元になります。金色の塗装をすると本物の金と間違うかもしれません。

高価なのはどちらでしょう?酒ビンは金メッキ、怪獣は金色のキラキラが入った塗装です。純金メッキなので、酒ビンの勝ち!!

“

塗料の“キラキラの元”を製造するメッキ槽です。


“キラキラの元”はこの真空乾燥機で乾かします。

“キラキラの元”はこの振動篩にてサラサラにします。

マイクロスコープ(1,000倍)紛体の一粒一粒をチェックします。

蛍光X線です。ミクロ単位の膜厚をチェックできます。とても高価な機械です。


ページの先頭に戻る



第1回 堀切支店 会社訪問

葛飾区堀切にある「株式会社松栄シルク」を、窓口係の塩野主任と齋藤副支店長で訪問いたしました。Tシャツを中心とした『シルク印刷』という特殊な印刷技術をお持ちの会社です。松井達人社長にご案内いただき、工場内、作業場を見せていただきました。最新鋭の機械を見ていると、シルクの版の上を機械のヘラがインクを滑らせていく過程が何時間みていても飽きません。手動のラインでは、従業員さんが一枚一枚版を合わせながら印刷していきます。インクの種類や素材によって、手動か機械か印刷方法を選択するそうです。工場を見せてもらった後はインタビューです。(会社の転換期のお話しを抜粋します)
平成7、8年頃カバン中心の売上構成を、新分野であるTシャツにシフトするべくアメリカから20フィートコンテナ1本(14,400枚)金額にして数百万円のTシャツを輸入し在庫としたそうです。金融機関担当者からTシャツを在庫とする事を反対されたそうですが、社長の信念である「6割の成功確率があるならばやるべきだ」という強い気持ちで押し通しました。結果、平成10年頃からカバンの受注が減少し、Tシャツへの売上に上手くシフトしていったそうです。今では、数百万枚、金額にして数億円分のTシャツの在庫を確保。一日1万~2万枚の受注に対応できるそうです。
会社訪問を終えた塩野主任の感想です。
時代の流れを読み、先々を考え、次の手次の手を考える想像力(創造力)と発想力。何もやらずに愚痴をこぼすより、ある程度の可能性が見えたら攻める姿勢。社長さんのお話はとても楽しく、とても勉強になりました。

新型印刷機

新型印刷機

今年の1月末に導入した新型印刷機です。
なんとオーストラリア製です。

印刷方法

シルクの版にインクをのせて機械が印刷します。

手動印刷

こちらは、職人さんが心を込めて印刷する手動印刷ラインです。

職人技

数枚の版をピタッと合わせて印刷します。まさに職人技です。

インクジェット印刷機

一台数千万円もするインクジェット印刷機。細かい配色指示も一発で処理します。

写真製版機

版を制作する写真製版機ももちろん自前です。

成功の秘策

松井社長と塩野主任、齋藤副支店長。
成功の秘訣を熱く語っていただいてます。


ページの先頭に戻る

堀切支店へ

ボランティア報告



第17回くすのき祭 ポップコーンと共に弾ける笑顔にふれてきました!

平成30年10月20日(土)、今回で3回目となりますボランティアで「東堀切くすのき園 くすのき祭り」に今年も支店長以下9名で参加してきました。
東堀切くすのき園さんは、重度の障害を持ち、日常生活や一般就労が難しい18歳以上の方々を支援する施設です。今回のお祭りも利用者の方やそのご家族のみならず、地元の方々も参加され盛大なイベントとなりました。
堀切支店は模擬店ブースに2店舗を出店し参加させていいただきました。毎年恒例のポップコーン屋は例年塩味だけでしたが今回4つのフレーバーを用意、お子さんから高齢の方までとても喜んでいただきました。今回初の出店となるおにぎり屋は、当店のお取引先である、手作りおにぎり「たいめい」さんのおにぎりを用意させていただきました!堀切支店はどんなときもビジネスマッチングにつなげます!!

毎年皆さんに喜ばれ、今年で17回目の開催となりました!

地区担当の坂口君です(左)

ポップコーンガールズがお迎えします!

メンズチームです、模擬店他ボランティアに参加させいただきました。

「たいめい」さんの手作りおにぎり、200個用意していただきました。

お祭りは午前11時からのスタートでしたが、待ちきれず門の前には多くの方が並ばれ、改めて「くすのき祭」の人気の高さと地元の方々との親密度が感じられました。
11時となり和太鼓の生演奏と共にお祭りがスタート!待ちわびた皆さまが我先にと入場されていました。お祭りは模擬店の他、地元中学校吹奏楽部のコンサート、パントマイムチームによるパフォーマンスショー、手品師によるマジックショー、ゲームコーナーやフリーマーケットと盛りだくさんの内容で、非常ににぎやかなイベントとなりました。
堀切支店が担当した「ポップコーン屋」と「おにぎり屋」も多くの方々に喜んでいただき、特におにぎりは用意していた200個があっという間に完売!毎年参加されている周りのお店の方も目を丸くしていました。

「たいめい」さんのおにぎり大好評でした!

4種の味のポップコーンも大人気!

地元のご家族も多数ご参加いただきました。

おにぎり完売です!!

お祭りでは「くすのき園」スタッフの方々、ボランティアの参加者、いつも施設を利用されている障害者の方々、地域の皆さまが共にふれあい・共に楽しみ・共に笑い合っている姿がとても印象的で、くすのき園さんが地元に深く根差した活動を行われていることが強く感じられました。
我々堀切支店のメンバーも今回の活動を通し様々な方々と交流を経て、優しく成長できたと思います!!



さまざまな方々と交流させていただきました。ありがとうございました!!
堀切支店はこの先も地域に貢献し続けます!!


ページの先頭に戻る



くすのき祭2017ボランティア活動報告

皆さんは毎年楽しみにしている行事やイベントありますか?
平成29年10月28日、すっかり恒例になりました『第16回くすのき祭』のボランティア活動に堀切支店から11名が参加いたしました。くすのき祭は当店のお客さまである障がい者施設『くすのき園』で毎年行われるお祭りで、堀切支店は第14回より参加しています。
アートな作品の掲示(絵画、モニュメント等)、利用者さん作品の販売、ゲームコーナー、アトラクション(バンド演奏、パフォーマー・『パーツショー』)ダンス、各種模擬店など今年も盛り沢山の内容です。11名のメンバーの内3名がポップコーンの販売を担当、9名はいろいろなブースに分かれ、それぞれのお手伝いを行いました。

ポップコーンの販売は昨年に続き2回目です。昨年より齋藤副支店長が構想していた『あふれポップコーン』を実践します。『あふれポップコーン』とは利益度外視、通常のカップからあふれるお得感たっぷりのポップコーンをお届けするものです。
『あふれポップコーン』は元気な掛け声がポイントです。『最初の1杯から~、おまけの1杯~、おまけの2杯~、それラストの3杯~。ありがとうございました~』 通常の3倍の量のポップコーンに、お客さまはうれしいサプライズでした。

各ブースに分かれて行ったメンバーもクイズラリーのお手伝い、くすのき園利用者さんの作品販売、みんなが自由に創作するアートの受付等を担当しました。
14時30分お祭りが終わり、ボランティアの皆さんと交流会です。それぞれが今日の感想やボランティア活動に対する思いを発表した後、金澤施設長からお話がありました。
『くすのき祭は障害を持つ利用者さんが本当に楽しみにしているイベントです。今年で16回目を迎えますが、多くのボランティアさん達の協力があって成り立っています。また、こうしたボランティアに参加いただく事で、皆さんが日常で障害のある方に接する時にやさしい気持ちが生まれるのではないでしょうか? 是非来年の参加を心からお待ちしております。』
帰りがけ記念写真を撮った堀切メンバー11名、ちょっぴりやさしく成長したのでした。

インスタレーション・アート『kokokara』
第16回くすのき祭のシンボルです。

たくさんのボランティアの方がくすのき祭を支えます。

お客さんが手にしているのは『あふれポップコーン』
3倍の量にうれしいサプライズです。

道化師さんもお祭りを盛り上げます。

子供たちから大人気の『ジャンボさん』
クイズラリーの受付を担当します。

坂口くんはくすのき園利用者さんが
手作りの作品を販売します。

ご自由にお好きな色でキャンバスを埋めてください。

メンバー11名で記念撮影。
ちょっぴり…やさしく成長しました。


ページの先頭に戻る



くすのき祭2016ボランティア活動報告

平成28年11月19日(土)、昨年に引き続き第15回くすのき祭のボランティアに参加しました。
くすのき祭は、当店のお取引先である障害者施設「東堀切くすのき園」で毎年開催されるイベントです。今年4月に施行された「障害者差別解消法」への理解、取り組みの一環として、昨年より「東堀切くすのき園」へ出向き「知的障がい者の行動を理解しよう。」をテーマにした勉強会を実施、年に一度のイベント「くすのき祭」に参加するボランティア活動を行っております。今年のくすのき祭も、アトリエ、ゲームコーナー、フリーマーケット、パフォーマンスと見どころ満載でした。当店からは14名が参加させていただき、模擬店を2店舗担当させていただきました。
模擬店の目玉は、当店お取引先「ジャパンファースト株式会社」社長の建部様にご協力いただき、「種子島甘蜜芋みつ姫」の販売です。みなさんは、「安納芋」をご存知でしょうか? 最近スーパーやコンビニ、通信販売ですっかりお馴染みになった種子島の原種、糖度はサツマイモの2倍、40度のお芋です。
その安納芋の中でも種子島産だけを厳選したブランド「みつ姫」の冷凍焼きいもを、くすのき祭のためにご提供いただきました。
朝のうち小雨が降り、ちょっと肌寒い気候が販売に拍車を掛けます。
「や~きいもー!あんの~いも!」と掛け声を掛けると、あらあら不思議。どんどん売れていきました。もう1店舗担当していた「ポップコーン」も勢いにつられて売れていきます。
「安納芋みつ姫」「ポップコーン」ともに用意した数量を見事に完売いたしました。
当店の広瀬主任が放つ売り声は、「やきいも屋」がすっかり板についていて、普段全く想像もできない新たな一面を垣間見ることができました。
昨年同様、自分たちがすっかり楽しんでしまった素敵な時間でした。

今年で第15回のくすのき祭
堀切支店は2回目の出場です。

会場を盛上げるパフォーマンスです。

くすのき園のみなさんが作った作品です。
アロマキャンドルを買ってみました。

模擬店のメニューです。
堀切支店はポップコーンと安納芋の担当です。

あま~い安納芋を宣伝、販売しています。

お芋と一緒にやきそばもいかが?

いもね~2人組です!!

ポップコーンも頑張りました!!


ページの先頭に戻る

堀切支店へ

ラッキー通りメロン育て隊報告

2019年、今年もラッキー通りメロン育て隊結成いたしました!!

昼間は汗ばむ陽気となり、今年も夏がやってくるなぁと感じ始めた令和の初夏です。
そんな折、今年も2019年ラッキー通りメロン育て隊を結成しましたことをご報告いたします。

4月19日(金)当支店駐車場にて苗の鉢植えを行いました。
早くも4回目を迎える今回は、昨年より10鉢増えて70鉢!20人で始まった企画でしたが、年々大きくなっています。
この日は、初期から関わっていらっしゃる岩崎会長をはじめとしたラッキー通り商店街の方々と協力して作業を行いました。

ソリューション事業部の協力を得て作成した、アイデアポスター。
メロンの網目は商店街の地図になってます!!(画像クリックで拡大表示)

愛情込めて植え付けます!

堀切ラッキー通り商店街の皆さまと当店職員が
力をあわせて鉢植えしました!

無事、苗植え完了です!!

今年も大きくなりますように!

4月21日(日)、天候に恵まれ苗の配布会を無事開催することができました。
ラッキー通り商店街の中心、ほりきりん公園にてほりきりんTシャツを着て参加しました(残念ながら、ほりきりんは欠席でした・・・)。実はこのTシャツ、昨年夏にソリューション事業部の協力を得て作成したものです。
堀切支店の職員がイベントの時に着て参加していたところ「それいいね!」と反響が多数寄せられ、ラッキー通り商店街会員さんからも「ぜひ着たい」との要望があり、背中のデザインを商店街バージョンに変更!!
1年越しにおそろいが実現し、私たち職員としては嬉しい限りです!

今年も多数の会員さまに、参加していただきました。

ずらりと並んだメロンたち、どれを選ぶか悩みます。

野菜も販売しました。とってもおいしかったです!!

バックプリント違いながら、おそろいのTシャツです。
左:岩崎ラッキー通り会長/右:当店船山支店長

いつもより賑やかな、ほりきりん公園です!

昨年優勝の小高さん(左)
今年も優勝候補の筆頭です!!

どの子がいいかな~

優勝目指して頑張るぞ~!!

12時に配布会が始まり、受付には隊員となるラッキー通り商店街の会員の皆さまが集まりました。
たくさん並んだメロンの中から「どの子がいいかなあ」と真剣に選ぶ方、「自分の愛情次第なんだから!」と目の前の鉢をパッと選んでしまう方など様々でした。
隊員の方のひと夏、それぞれの育て方で楽しく過ごしてほしいと願うばかりです。
昨年度優勝は2,562グラム!今年は3,000グラム超えのビックメロンを目指しみんなで頑張っていきましょう!

今年も約3ヵ月の熱いバトルが始まります。
メロンいっぱいのラッキー通り商店街に、皆さまぜひ足をお運びください!!


ページの先頭に戻る

 



堀切ラッキー通り商店街夏祭り逸品市&メロン育て隊品評会が開催されました!

8月19日(日)、『堀切ラッキー通り商店街夏祭り逸品市&メロン育て隊品評会』が開催され、堀切支店からは8名が参加しました。
昨年までは「メロン育て隊」品評会のみの開催でしたが、今年は堀切ラッキー通り商店街と、堀切の街に活気を取り戻すべく、大幅にスケールアップし、商店街を歩行者天国とした大規模な夏祭りとしてリニューアル。当日は連日の猛暑もすこ~し和らぎ、夏祭りらしい陽気での開催となりました。

大賑わいのラッキー通りです!!

当店お取引先、葛飾ラテックス工業所様に
特注で作っていただき購入した風船です!

優勝の小高さん、2,652グラムの
ビックメロンが収穫できました!!



皆さんの愛情が注がれたメロンたち、
網目模様が美しい!

メロンの網目に見えるのは、
なんと!堀切の街の地図です!!

品評会の後は夏祭りのメインイベント、堀切ラッキー通り商店街逸品市の開店と、メロンの試食会が始まりました。逸品市は各お店自慢の品がお値打ち価格で並び非常にご好評をいただきました。
また、メロン試食会には200名以上の方に並んでいただき何とか皆さんにお配りすることが出来ました(汗)。そのほかにも、カキ氷配布、防災体験、全長30メートルのプラレール展示などなど、大人も子供も楽しめる夏祭りとなりました。

おいしそう~

皆さんにお渡しできるか心配でした・・

無事皆さんにお渡しできました!



商店街の皆さんが自慢の品を持ち寄った
「逸品市」、お得な品がいっぱいでしたよ!

カキ氷も配らせていただき、
大人の方も子供も喜んでいただけました。

防災体験も大好評でした!

キレッキレのダンスを披露していただきました

小林さんとほりきりんのコラボレーション!

愛情がたっぷり注がれたメロンです!!

参加させていただいた堀切支店のメンバーです。
楽しませていただきました!!

堀切支店で育てたメロンたち
こんなに大きくなりました!



一つ一つ味も香りも違います!

役員の皆さま方、お疲れ様でした!!

ご参加いただいた方には「ラッキー通りに昔の活気が戻ったわ!」「来年は私もメロン育ててみようかしら」などのお声をいただくことが出来ました。
5月の苗配布会から始まった、平成30年度「メロン育て隊」の活動もこれで充電期間となりますが、回を重ねるごとにどんどん広がっていくメロンの輪、来年はもっと大きな輪になるよう一致団結した「メロン育て隊」なのでした。


ページの先頭に戻る



ラッキー通り商店街メロン育成相談会を開催しました!

平成30年6月22日(土)15:00~ラッキー通り商店街メロン育て隊メロン育成相談会を開催しました。当日は雨の降る中ではありましたが「メロン育て隊」60名のうち20名が参加されました。
この相談会は、メロンの苗を最適な状態にし大きなメロンを育てるために開催したもので、第3回目となる今回はなんと地元都立農産高校の佐藤先生にもお越しいただきました。「メロン育て隊」は毎年進化していきます。

相談会は開始時間前から集まっていた熱心な「育て隊」の方々でそれぞれの育て方についての持論や悩みを話しはじめ、早々にスタートしました。

15時がちょっと過ぎた頃、農産高校の佐藤先生が冷静な面持ちで登場!
ご挨拶で自己紹介でもいただけるのかと思いましたが「メロン育て隊」のみなさんが早くも質問攻めに!「水のやり方」「肥料のやり方」「葉の切り方」「受粉の仕方」etc。
農産高校は親づるで、ラッキー通りは孫づるでとメロンの育て方に根本的が違うことからどのような展開になるか少し不安でしたが、そんなの関係なしでした。さすが先生のアドバイスは的確でわかりやすく納得のいくものでした。
隊員の中には重さ約5キロほどあるメロンの苗の鉢を自転車で持って来て先生に診てもらったり、育成度合いが芳しくなく小さくか弱い苗の持ち主は「大丈夫でしょうか先生、元気になりますか…?」と言葉を詰まらせるなど、まるで我が子を案じるかのような隊員もいらっしゃいました。

先生からはたくさんのアドバイスをいただきましたが、その中でも印象に残ったのは「苗を植えるときは根を深くしないこと」「水やりは茎にかけないこと」「日光の当たる場所に置くこと」「風通しの良い場所で育てること」「15℃以上に保つこと」「肥料は液肥じゃないほうがいいこと」「受粉は同じ苗の雄しべと雌しべではなく、他の苗の雄しべと受粉させること」です。

隊員は、「育て方の基本がわかったわ」とか「悩みが解決したわ」など、目をキラキラさせてこれからの育成に意欲を燃やし、意気込みを語り合っていました。

さあ今回の相談会をきっかけにどのような展開になるか?驚愕のビッグメロン誕生となるか!8月19日(日)の収穫祭が楽しみでたまりません。
今日の相談会をきっかけに更に絆を深めたメロン育て隊なのでした。

育成相談会のスタートです!!

あいにくの雨模様でしたがメロンを
愛する気持ちはめげません!

みなさん真剣な面持ちで議論を交わします

都立農産高校佐藤先生(右)の的確な
アドバイス、非常に勉強になりました!!

メロンを見つめる瞳は
まるでわが子を見つめるよう…

当店からは舩山支店長がメロンカラーの
Tシャツで参加です!

大盛況のうちに相談会終了。
8/19の収穫祭に向けてがんばるぞ~

ラッキー通り商店街役員のみなさん
お疲れ様でした!

気を付けておかえりくださ~い


ページの先頭に戻る



「2018ラッキー通りメロン育て隊」結成!!

今年もこの季節がやってきました、今年で第3回目を迎える2018ラッキー通りメロン育て隊結成です。第1回は20人、第2回は50人と参加人数も増えてきて、今年は60人とさらにパワーアップし再結成です!

5月18日(金)、堀切支店駐車場で苗の鉢植え作りを行いました。当店職員・ラッキー通り商店街の会員の皆さんが力をあわせ作業開始。日ごろの運動不足がたたり足元がふらつきながらも、予備を含め70鉢無事完成しました。
5月19日(土)は苗の配布会です。堀切支店からは舩山支店長、柴田副支店長、ラッキー通り商店街担当の田中さん、宮下さんが参加させていただきました。
今年は配布会だけでなくラッキー通り商店街の名品販売、メロン綿あめの無料配布、地元フォークシンガーによる生演奏&生歌披露と、まるでお祭りのようなにぎやかな配布会となりました。今回で第3回目となり地元の方の認知度も上がり、通りすがりの方からも「去年すごかったね、今年もがんばってね~」「私もやってみようかしら」と多くの声をかけていただきました。
そしてなんといっても今年のハイライトは、地元フォークシンガー小林さん作詞作曲のメロン育て隊テーマソング「メロンの気持ち」のお披露目です!覚えやすいメロディーはついつい口ずさみたくなる名曲!機会があればぜひ聞いてみてください。
今後は葛飾農産高校とコラボしたメロン育成相談会を開催するなど、メロンの輪はますます広がっていきます。

大盛況のうちに終わった配布会ですが育て隊の本番はこれから、8月の品評会に向けて会員同志の熱いバトルが始まります。大きく育てみんなのメロン!!

足元がふらつきながらも、何とか70鉢完成です!!

ラッキー通り商店街会長岩崎さんによる
開会のあいさつです

配布会スタート!!
舩山支店長(中央右)
ラッキー通り商店街担当田中さん(左)、宮下さん(右)

がんばるぞ~

大盛況の配布会です

「メロンの気持ち」生みの親
フォークシンガーの小林さんです

メロン育て隊テーマソング
「メロンの気持ち」 目指せCD化!

大きく育て!!


ページの先頭に戻る



『2017ラッキー通りメロン育て隊』活動報告

5月20日に結成された『2017ラッキー通りメロン育て隊』ですが、8月20日(日)に品評会が行われ今年の活動が終了いたしました。今回はその品評会の様子をお伝えいたします。

○実行委員長の岩崎さんの開会あいさつの後、実行委員として齋藤副支店長が活動報告を行いました。
接木苗を取り入れパワーアップした事、商店街の枠を超えて育て隊を募集し50人の有志に恵まれた事を報告し、時系列に活動を振返ります。
5月20日  苗の配布会及び結成式を行いました
6月25日  雌花に受粉をおこなった時期です。この日育成相談会を開催、10名の参加がありました
7月27日及び8月3日  個別にお宅を訪問しメロンの実の写真を撮影させていただきました
8月20日  メロンの品評会及び2017育て隊の解散式です

○活動報告の後、重さで順位を付けさせていただきました。
1位  岡田さん  2326g   2位 コモードさん 1772g 3位 登坂さん 1767g でした。
≪ちなみに堀切支店のメロンは593gでちょうどプリンスメロン位の大きさでした≫
岡田さんは初参加、ダントツの優勝です。大きく育てる秘訣を伺いました。「毎日朝夕欠かさずにお水を上げる事、受粉した実には雨などの水分がかからない様カバーを掛ける事」とのこと。
『そして、ご主人と二人で毎日欠かさず愛情を注ぐこと。』だそうです。

今回品評会に約80名の方がご参加いただきました。今回配布した50鉢の内、約80%の鉢でメロンの実がなりました。お持ちいただいたメロンの実がずらりと並ぶと、道の駅の直売所でお見かけする商品と変わりありませんでした。
『ほりきり産メロン』 新しい名物の誕生です。

7月27日に撮影した登坂さんのメロンの鉢です。
とても芸術的です。

8月20日 品評会に堀切支店の作品を持って出発します。

会場に約80名の方が集まりました。
「これが鉢植えなの?」みんなビックリでした。

品評会に集まった作品の数々。
『道の駅の産直品』に負けません。

品評会ランキング1位の岡田さんが優勝メロンの披露です。

岡田さんご夫婦。
秘訣は「毎日欠かさず注ぐ愛情」です。

今年の優勝者岡田さんと昨年の優勝者登坂さんです。
登坂さんは今年3位でした。

ラッキー通りメロン育て隊の集合写真です。
『ほりきり産メロン』が新しい名物になりました。


ページの先頭に戻る



『2017ラッキー通りメロン育て隊』結成報告

昨年20人で結成し大成功を収めた「鉢植えのメロンを育てる」ラッキー通りメロン育て隊ですが、今年もパワーアップして再結成されました。
『2017ラッキー通りメロン育て隊』は2.5倍の50人の参加です。

堀切支店は、苗の仕入と50の鉢植えづくりを担当しました。大阪の園芸業者をインターネットで探し、鉢植えのメロンに相応しい苗を教えてもらいます。その結果、「カボチャの苗を接ぎ木した苗が育てやすい」とアドバイス頂き、接木苗をお願いしました。
イメージは下半身がカボチャで上半身がメロンとのこと。
「カボチャは強いのでカボチャの芽はこまめに摘んでください。でないとメロンを育てているつもりがカボチャの実がなりますよ。」とうかがって皆で大笑いしました。

5月19日の業務後、50鉢の植木鉢に砂利、腐葉土、黒土をブレンドし一つづつ苗を植えていきます。久しぶりに土をいじったメンバーが、楽しく大はしゃぎでした。
翌5月20日、メロン育て隊結成式と苗配布会です。あらかじめ募っていたメロン育て隊のみなさんで、先ずは記念撮影。どの苗がいくかはくじ引きです。みんなワクワクします。

今年は栽培でわからない点など情報交換できる研修会を開催(第1回6月下旬)、育成状況や情報交換の為にメロンニュースを発刊します。
みんなでワイワイガヤガヤ、8月末の収穫祭(育てたメロンを持ち寄った品評会)を目指し栽培を楽しんでいます。

メロン1

50鉢の苗づくり 結構な重労働でした。

メロン2

できた!! 真ん中にいるのは、
「きものの八重樫」さんです。

メロン3

まだまだかわいいメロンの苗です。

メロン4

H29.5.20 ラッキー通りメロン育て隊。
結成式&苗の配布会です。

メロン5

植物の育成に詳しい「美容室 コモード」さん。
メロン育て隊の先生です。

メロン6

6月24日晴れ 花の咲いた雌花に受粉しました。
約45日後にメロンの収穫です。

メロン7

6月24日 昨年の優勝者登坂さんの鉢です。
おや!?足元の葉っぱはカボチャ??

メロン8

メロンが並ぶ商店街。
ラッキー通りにぜひ遊びに来てください。


ページの先頭に戻る



メロン育て隊2016活動報告

平成28年度上半期のイベント『ラッキー通り打ち水やり隊&メロン育て隊』のイベントがありましたのでご報告いたします。

○打ち水やり隊。
7月31日ご当地ゆるきゃら『ほりきりん』を招いてのオープニングイベントです。
中で『ほりきりん』になりきっていたのは、営業係の田中君。誘導係は宮下君。子供たちに大人気でした。大作戦は7月31日から8月6日まで、毎日16時に一斉にバケツの水を柄杓にすくい打ち水です。水が蒸発する時に自然の涼を楽しむことができました。

○メロン育て隊。
8月29日、『品評会&28年度解散式』がカドヤさんにおいておこなわれました。
約5ヶ月の間、子供の様に育てた『メロン』を持ち寄りました。
大きさ部門、断トツで登坂さんのメロンが1位、サンケイ新聞の永野さんが2位でした。
記念撮影が終わった後に試食会です。
手塩に育てた『わが子』に包丁を入れる、複雑な気持ちが伝わってきました。
でも配られたメロンを大勢の人たちが『おいしい、おいしい』と言って頬張る姿を、登坂さん、本当に得意げに見ていました。
『品評会&28年度解散式』の締めは、〝本物??の″マスクメロンの登場です。一個数千円する、網網の入った大きなメロンが沢山並びました。
夏休みも最後という子供たちが、〝おなかいっぱい″メロンが食べられるという事で大勢集まりました。みんな、おなかいっぱい、大満足でした。

○メロンのぬり絵。
近所の幼児、児童のお友達が店先のメロンのぬり絵を書いてくれるという企画です。
いつもはポスターを張っている城北信用金庫の掲示板に、お友達のぬり絵が沢山飾られました。2歳のお友達のぬり絵もありました。メロンを地球に見立てたぬり絵もありました。夢と希望がたくさん詰まった掲示板になりましたね。

さて、今年20鉢だったメロン達。来年ももっともっと沢山の人が参加してくれるといいですね。

メロン1

オープニングイベントの様子です

メロン2

田中くん!?と誘導係の宮下くん

メロン3

メロンの品評会です

メロン4

手塩に育てたメロンに入刀です(登坂さん)

メロン5

永野さんは親子で育てました

メロン6

みなさんに細かく切り分けられます

メロン7

本物??のマスクメロンと一緒に

メロン8

掲示板のメロンのぬり絵です


ページの先頭に戻る



ラッキー通りメロン育て隊

堀切支店の地元商店街『ラッキー通り商店街』
活気のある商店街をめざして、若手の役員さんが毎月連絡会を開催しています。
城北信用金庫も商店街の一員として昨年11月から連絡会に参加しています。
昨年、連絡会発案のイベント第1号として『打ち水大作戦』が実行されました。
『16時になったら商店街で一斉に打ち水をして涼をとりましょう。』というエコ企画です。
加えて昨年、堀切支店で育った鉢植えメロンを成功体験として、商店街の店先で我こそはと思う有志20名がメロンの栽培を始めました。
今年のイベントは、名付けて『ラッキー通り打ち水やり隊&メロン育て隊』
20鉢の内、成功してメロンの実が育っている鉢は全部で6鉢。まだまだ素人集団ですが、来年はもっともっとメロンの実の数が増える様がんばりたいと思います。
商店街と城北信用金庫において、子供たちのメロンのぬり絵を掲示する企画もあります。

メロン1

4月ごろ 有志に配られたメロンの苗です

メロン2

6月初旬ごろ 少し成長しました

メロン3

7月初旬 受粉したばかりのメロンの実

メロン4

7月中旬 大きなびわ位に成長しました

メロン5

7月下旬 一気に大きくなりました。
(登坂商店さんの鉢です)

メロン6

売っているメロンと変わりありません


ページの先頭に戻る

堀切支店へ

商店街イベント報告



堀切フェスタ2018 活動報告

皆さん、堀切の名物と言えば…
そう、堀切菖蒲園まつりですが!!もう1つ忘れちゃいけないのが、第4回目となりました堀切フェスタです。
小学校の校舎や体育館、神社、お寺を舞台にしたコスプレイベントは下町葛飾「堀切商店街」ならではの大イベントです。2018年3月4日日曜日、今年は亀有信用金庫さんと一緒にお手伝いさせていただきました。

三寒四温の季節、お天気が心配でしたがその日は最高気温24℃と晴天に恵まれ、まさにコスプレ日和でした。
午前10:00ラッキー通り商店街を代表して伊藤会長が挨拶です。たくさんのコスプレーヤーが集う中、地元ヒップホップチームの演技でステージがスタートしました。キレのあるステップ、ターン、アレンジを掛けていくダンスに会場が熱く燃え上がりました。ステージ上ではアニソンや懐メロ、Jポップ等をコスプレーヤーが披露します。
ちびっこに大人気だったマジックショーもありました。

コスプレーヤーの皆さん、普段は池袋サンシャインの近くや遊園地等で活動します。
民家や学校、神社、お寺をコスプレの格好のまま写真撮影をするのには、事前に撮影許可をとらなければならないのですが、堀切の街中を自由に行動(撮影)できるとあって昨年以上の2,000名の方が集まりました。
今回の一番の目的は、『コスプレーヤーさん達にラッキー通りを歩いてもらう』ことです。『通るだけで幸せになれるラッキー通りを歩きませんか?』と投げかけたところ、『本当に幸せになれますか?恋愛成就しますか?』などのお返事を頂いたりしながら、『途中にある滝の噴水で写真を撮るとちょっぴり幸せが訪れますよ。』と新しいパワースポットを紹介しました。

さて、いつも自分たちが一番に楽しんでしまう堀切支店メンバー。柴又から遊びにきた寅さんを発見し、舩山支店長が一緒に写真撮影しました。『せーの、バタ~』映画『男はつらいよ』の中で御前様が写真撮影の掛け声を間違えるシーンを思い出します。
齋藤副支店長は『銀河鉄道999』のメーテルを見つけて記念撮影です。2017年の堀切フェスタではサザエさんのコスプレをしていた方です。(過去のブログの中からチェックしてみてください。)
ゲームの中の戦士の格好をしたちびっこコスプレーヤーも発見。コスプレをして堀切の町を歩いたことが、楽しかった想い出に刻まれますようと願いつつ、夢の世界から自宅に帰るメンバー達でした。

ラッキー通り商店街、伊藤会長の挨拶でステージが始まります。

たくさんのコスプレーヤーが集いました。

地元小学生のヒップホップチームがキレのあるダンスを披露します。

おとぼけマジックショーは子供たちに大人気

いつもの天祖神社が…
とっても不思議な空間でした

通るだけで幸せになるという噂の『ラッキー通り』
夢の空間に早変わりです。

写真を撮るとちょっぴり幸せが訪れる『滝の噴水』です。

「せーの、バタ~」映画『男はつらいよ』で御前様が間違えたセリフで記念撮影です。

副支店長は『メーテル』と記念撮影。
2017年のコスプレでは『サザエさん』をされていた方です。

ゲームの中の戦士たち。
夢の世界(堀切)の勇者です。


ページの先頭に戻る



堀切フェスタ2017に参加しました

葛飾区堀切のイベントと言えば…堀切菖蒲園の菖蒲まつりだけじゃぁないんです!!
平成29年3月12日(日)『第3回かつしかふれあいRUNフェスタ』、『堀切フェスタ2017』が同日開催され、堀切支店メンバー13名が両イベントのスタッフとして参加しました。

かつしかふれあいRUNフェスタは、約7,000名がエントリーするマラソン大会で、距離別にスタート、1Km、3Km、5Km、ハーフマラソンが行われます。7:30よりランナーさんの誘導係りとして『おはようございま~す』『がんばってくださ~い』と声援を送りました。

10:00より始まった『堀切フェスタ2017』。堀切支店は企画段階より参加しているイベントです。 イベントの目玉は、第2回目となるコスプレ大会です。亀有信金さんの駐車場に特設ステージを作り、歌、ダンス、パフォーマンスが繰り広げられました。今回は、地元の小学生にお声掛けし、ヒップホップショーも取り入れ大盛況です。当店からは会場のスタッフとして、周辺整理、甘酒のサービス、お面を配るお手伝いをいたしました。(熊野さんと副支店長が自らコスプレして楽しんでいました)
な、なんと900名のコスプレーヤーさんが集まりました。なぜこんなに集まったかと言いますと・・・ 近隣にある天祖神社、妙源寺、旧小谷野小学校がコスプレーヤーに開放されたのです。みな思い思いに写真を撮ったり、パフォーマンスをしたり。
堀切の道がいつもと違う異空間に変身した1日でした。

朝の8:00スタート地点
これから約7,000名のランナーがゲートをくぐります

こちらはゴール地点
全員が帰ってきます様に、頑張れ!!

当店中村マネージャー
会場までのご案内を担当しました

堀切フェスタ2017開会式
ラッキー通り商店街伊藤会長のご挨拶です

プログラムNo1のコスプレーヤーさんにお願いして一枚撮影させていただきました

齋藤副支店長と熊野さんもコスプレ!
買い物途中のサザエさんを見つけました

甘酒ふるまい隊の新木推進役と井野主任です

地元ヒップホップチームのパフォーマンスを観覧する人達 大盛況だったんです

地元のちびっこマリオと記念撮影しました

ここは葛飾区堀切・・・柴又ではありませんが・・・

堀切支店のお隣、妙源寺もいつもと違うお客さまでいっぱいです

近所の天祖神社も今日一日はアニメの世界です


ページの先頭に戻る

堀切支店へ

堀切支店ギャラリー

地元愛あふれるディスプレーとなりました!!

梅雨の長雨が続き肌寒い日が多くなっています。皆さま体調を崩さぬようお気を付けください。
堀切支店名物「店外ディスプレー」をリニューアルいたしましたのでご報告いたします。
今回のデザインは堀切の2大名物である「菖蒲」と「ほりきりん」をコラボレーションさせ、ポップなイメージで作成いたしました。ディスプレーは季節ごとに定期的にリニューアルしておりますので、皆さまお近くにお越しの際は、ぜひ堀切支店にお寄りください。

これまでとはちょっと違った、
ポップなイメージで作成しました!

キュートなほりきりんがたくさん
並んでます!!

ディスプレーの隣では
メロンも育成しています!

オリジナルの旗も作ってみました!

ディスプレーは定期的に更新しています。
次回は「夏」をイメージした作品を展示予定です。ご期待ください!!


ページの先頭に戻る

堀切から春を発信します!

桜と富士山が幻想的に浮かび上がります。

厳しい冬も過ぎ、日に日にあたたかくなってまいりました。今回も堀切支店名物、店外ディスプレーを春バージョンにリニューアルいたしましたのでご報告いたします。
デザインは日本らしく「桜と富士山」で作成し、桜にはオレンジ色のイルミネーションを施して夜桜の雰囲気をだしてみました!昼間は華やかに、夜は幻想的に映える手作りのディスプレーを皆さまぜひ一度ご覧になってください!
また、堀切支店の新たな名物としてご好評いただいているウェルカムフラワーも季節ごとに彩りを変えて皆さまをお待ちしております。皆さまぜひ堀切支店にお越しください!!

手作りで春らしく、桜満開に!!

完成!設営です!!

今回もイルミネーションをふんだんにほどこしました!

設置完了です!お疲れ様でした!

ぜひご来店いただき、ご覧になってください。
職員一同お持ちしております!!

ウェルカムフラワーも満開です!!

お花の係は支店長!


ページの先頭に戻る



花とイルミで、あたたかな空間を目指しました!



寒さも厳しくなり、インフルエンザも流行しています。皆さま、お体に気を付けてお過ごしください。
堀切支店名物の店外ディスプレーを、冬バージョンにリニューアルしましたので、ご報告します。
今回も職員の手作りで作成しました。キーワードは「あたたかい冬」です!!毎回女性職員中心に作成していましたが、今回は男性職員も作成に参加いたしました。寒さ厳しい冬ですが、“「あたたかさ」を地域の皆さまにお届けしたい”との気持ちから、職員で考えた標語と、イルミネーションで作ったハートマークで彩りました。
夜はハートのイルミネーションがきらめき、堀切の街をあたたかく照らしています。また、新たな堀切支店名物として、店舗入口に壁面花壇を設置いたしました。季節によって花壇の花も変えており、新たな名物として好評をいただいております。
皆さま、イルミネーションと花壇を見に是非堀切支店にお越しください。職員一同心からお待ちしております!!

今回は男性職員もがんばりました!

大きなハートが、
スノーマンと街を包み込んでいます。

寒いですが、お近くに来られた際は、ぜひご来店ください!!

季節色とりどりの花々が、皆さまをお迎えしています。

支店長も精を出して、手入れしてます!


ページの先頭に戻る



イルミネーション、2色で始めました!!



12月になり寒さも厳しくなってきましたが、皆さまいがかお過ごしでしょうか。
クリスマスの季節も近づくなか、堀切支店名物、店外ディスプレイ「堀切支店ギャラリー」も華やかなクリスマスバージョンにリニューアルいたしました!!
今回も女性職員が中心となりデザインから考え制作をしましたが、今回の目玉はなんといっても青と黄2色のイルミネーションです!前回のハロウィンバージョンの2倍のLEDを使用したクリスマスイルミネーションは、これまでよりより明るく、より華やかに堀切の街を照らせるようにとの願いを込めて作りました。
堀切支店の近くにお越し際はぜひお寄りいただきご覧になってください、いつもよりきらめくイルミネーションと職員の最高の笑顔でお待ちしています!!

どんなデザインにしようかな~

一つ一つ手作りです!

みんなで力をあわせて、もう一息!!

完成!!取り付けです!

昼間も華やかに皆さまをお待ちしております、ぜひご覧になってください!!


ページの先頭に戻る



堀切支店ギャラリーリニューアル!今回は「みんなが集まるハロウィン」がテーマです!!



10月には、堀切支店名物、店外ディスプレーによる「堀切支店ギャラリー」のリニューアルを行いました。これまで、「堀切支店菖蒲園」「堀切ひまわり園」とお花畑シリーズが続きましたが、今回はさらにグレードアップさせたハロウィンバージョンを作成いたしました!!
今回も女性職員を中心にデザインから考え、手作り感いっぱいのディスプレイが完成しました!今回も堀切地区を明るく照らせるようにとの願いを込めてイルミネーションを施し、昼と夜とでまた違った雰囲気を醸し出しています。
次回はクリスマスバージョンを作成予定です。お近くにおよりの際はぜひご覧になっていただき、職員にお声がけください!

みんなで力をあわせて作りました!

男性陣もお手伝い、ちゃんと作業してよ~

もうすぐ完成!!

気を付けて、壊さないでよ~

これまでのお花畑シリーズとはまた違った雰囲気、ぜひ見に来てください!!


ページの先頭に戻る



ラッキー通り商店街コラボTシャツで真夏の店内をさわやかに!!

あつ~い夏も終わり、涼しいを通り越して寒さも感じるようになったこの頃、皆さま体調を崩さずにお過ごしください。今回は、夏の活動報告を行います。
8月と9月には「Tシャツ営業デー」を開催しました!
ラッキー通りにちなみ、ラッキーセブンの7のつく日、7日・17日・27日に内勤の職員が堀切支店の属する「堀切ラッキー通り商店街」とコラボして作成したTシャツを着て営業を行いました。
ご来店いただいたお客さまも、入ってきた途端に大笑いされる方、気づかずに窓口まで来てビックリされる方、気づいてはいるもののいつも通りにお手続きされる方などなど、私たちも楽しく営業させていただきました。いつもご来店いただいているお客さまからも「金融機関に来た感じがしないわ~、まるでカフェに来たみたい!」とのお言葉を頂戴した他、多くのお客さまからお声をかけていただき、いつもよりお客さまとの距離が縮まったような気がしました。
今後も今回のようなサプライズイベントを行っていきますので皆さまぜひご来店してみてください。職員全員心よりお待ちしております。

いらっしゃいませ~

職員も楽しみました!

いつもより笑顔も増量中です!!

これからも皆さまを笑顔でお待ちしています!!


ページの先頭に戻る



『堀切支店ひまわり園』をオープンしました!!

皆さま猛暑の中いかがお過ごしでしょうか。体調を崩さぬよう気をつけてお過ごしください。
好評いただいた「堀切支店菖蒲園」も惜しまれつつ閉園・・・、「残念ね~」「また楽しみにしてるよ」との声も多数頂戴いたしました、ありがとうございました。
皆さまの期待にお応えすべく、夏らしいもの作ろうと試案を重ね、「夏といえば海だよね!」「スイカやカキ氷もいいんじゃない」「いやいや花火でしょう!」など多数の意見が出た中、菖蒲園に次ぐお花畑第2弾、「堀切支店ひまわり園」がオープンしました!!
堀切支店菖蒲園から引き続き、堀切地区を明るく元気にすべく、支店の前のショーウィンドウを活用した堀切支店独自の手作り運動、今回もショーウィンドウにはイルミネーションを施し昼夜にわたり堀切の街を照らしています。

精根こめて作りました!

みんなで作ったひまわり園、ここで壊さないでよ~

完成です!!

夜は引き続きイルミネーションが照らしています。
ぜひ見に来てください!



そして今回、もう一つの夏の目玉企画として制作した「堀切ラッキー通り商店街コラボTシャツ」のお披露目会もかねて、開園式を行いました。
正面には堀切のマスコット「ほりきりん」が、後ろには堀切ラッキー通り商店街と、城北信用金庫のトレードマークをあしらい、とってもおしゃれなTシャツが完成しました。

いらっしゃいませ~

後ろ向きで失礼します

  正面には地元で大人気の
「ほりきりん」があしらわれています

堀切ラッキー通り商店街と城北信用金庫との
コラボレーション!残念ながら非売品です!



無事に設置が完了し、堀切支店全員とゲストの方も混じりながら「堀切支店ひまわり園」の前で記念撮影!
今後はこのTシャツを着て、いろいろな堀切のイベントに参加させていただきます。もしも見かけたら「ブログ見たよ~」と声をかけてくださいね!またもしかすると、ご来店時にTシャツを着た職員がお出迎えする日があるかもしれません。そんな日に出会えたらみんな「ラッキー」になれるかも!ご来店お待ちしてま~す!!
次回は秋風が吹くころに新バージョンに更新する予定です、乞うご期待!!

堀切支店女子チームです

堀切支店男子チームです

皆さんのご来店お待ちしてます!!さてこの中でゲストの方はどなたでしょう?


ページの先頭に戻る



『堀切支店菖蒲園』をオープンしました!

平成30年6月1日(金)、『堀切支店菖蒲園』をオープンしました。
当日は支店の前でオープニングセレモニーを開催し、地域のお客さまである直田さんと立石バーガー店長の濱田さんをお招きしました。

これは、この堀切地区を明るく元気にする取り組みのひとつで、支店の前のショーウィンドウを活用し、イルミネーションを施した堀切支店独自の手作り作品です。
オープニングセレモニーは、ご来店くださるお客さまや地域住民の方々が行きかう時間帯に、柴田副支店長の司会進行で始まりました。

まずは舩山支店長の開会挨拶、信号待ちや通り過ぎる人々を全く気にすることなく、注目されるのを楽しんでいるかのようでした。続いて来賓挨拶を直田さん、人生の大先輩でもあり臨機応変さと安定感がありました。続いて花束贈呈を直田さんから舩山支店長へ、直田さんからのプレゼントです。
「ここでサプライズの葛飾区長からの電報が…」柴田副支店長が笑いを取りに来ましたが全員苦笑…。
続いてオープニングテープカットに移ります。ショーウィンドウ前に手作りの菖蒲園を作り上げた事務課女性職員が整列し、その前に来賓の直田さんと濱野さんと舩山支店が並び、1・2・3の掛け声でテープカット!今日一番の盛り上がりを見せました。その後も感動が冷めやらず、男子職員が出てきて写真撮影をするなど、ご来賓のお客さまも交えた心のこもったオープニングセレモニーを滞りなく執り行うことが出来ました。
直田さん濱野さん本当にありがとうございました。

ショーウィンドウに施したイルミネーションは、昼夜にわたり手作り菖蒲園を引き立たせ、特に夜にはブルーとホワイトのイルミネーションが、菖蒲の紫の葉をライトアップすることで幻想的な空間を作り上げています。
ご来店のお客さまからは「とってもキレイだね!」とか「こんなの初めて!感動したよ」といったお褒めのお言葉をいただいたり、『堀切支店菖蒲園』の前で記念撮影やFacebookにアップしてくださる方もいました。
堀切菖蒲園にちなんだ『堀切支店菖蒲園』、堀切の名所に加わることができたらうれしいと思っています。ご興味のある方は梅雨明けまで開園していますのでぜひ見にいらしてください。

堀切支店のショーウィンドウイルミネーション作戦で、これからも堀切地区を明るく元気にしていきます!夏バージョンは既に構想が練りあがっていて、そろそろ制作に着手する予定です。次は○○○です!乞うご期待!!!

鋭意作成中!!

取り付け作業は慎重に…

柴田副支店長の司会進行で
セレモニーのスタートです。

来賓の立石バーガー濱野店長さんです(中央)

来賓の直田さんから舩山支店長への花束贈呈です。

はいチーズ!!

みんなでテープカット、
『堀切支店菖蒲園』の開園です!!

男性職員も拍手要員として参加です。

イルミネーションで夜はこんなに綺麗です!!

梅雨明けまで開園予定です。
ご来店お待ちしてます!!


ページの先頭に戻る

堀切支店へ

ページの先頭に戻る