振り込め詐欺の手口について

オレオレ詐欺

息子・孫等の名前をかたって、トラブルを解決するためと偽り金銭を要求する詐欺です。

まず「風邪を引いて体調が悪い」「携帯の電話番号が変わった」などと電話がかかってきます。
その後、次のような話が展開されていきます。
「電車の中に小切手の入ったカバンを置き忘れた、会社に迷惑がかかる。立て替えてほしい」
「会社のお金で株に手を出して失敗した、横領で訴えられる」
「交通事故で相手に怪我をさせてしまった、示談金が必要となった」

子どもを思う親心を利用した、振り込め詐欺の中で最も多い手口です!

還付金詐欺

税務署の職員等をかたって、税金の還付に必要な手続を装い、金融機関またはコンビニエンスストアのATMに行くようにしむけ、操作方法の指示を出して口座から現金をだまし取る詐欺です。

融資保証金詐欺

融資する旨の文書等を送付して、即日融資、低金利との好条件をうたい、保証金や手数料名目で現金を口座に振り込ませる詐欺です。

金融商品取引名目の詐欺

未公開株や社債等のパンフレットを送付して、その後、電話で投資や資金運用の嘘のもうけ話を持ちかけ、高額な現金をだまし取る詐欺です。

架空請求詐欺

郵便やインターネット等を利用して不特定多数の者に対し、架空の事実を口実とした料金請求文書を送付して、現金を口座に振り込ませる詐欺です。

その他にも・・・

金融機関職員を装いお客さま宅を訪問し、キャッシュカードをだまし取る手口や、震災や個人情報漏えい事件等の報道がされた直後には、それに便乗した手口が多発しています。

振り込め詐欺資金返還ホットライン

城北信用金庫 コンプライアンス統括部 マネー・ローンダリング対策グループ
電話番号:0120-770-117平日9:00~17:00(当金庫休業日を除きます)

各営業店の窓口・電話でもお問い合わせを受け付けております。

店舗を探す