渉外活動中のマスク着用について
[2020/08/07 情報更新]

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 当金庫では、新型コロナウイルス感染症への対策として、店舗窓口や訪問先でのお客さま対応時には職員のマスク着用を励行しておりますが、気温・湿度が高い中でのマスクの着用により、熱中症のリスクが高まるとの指摘もございます。
つきましては、政府が呼びかける「令和2年度の熱中症予防行動」に基づき、渉外活動中のマスク着用について、下記のような熱中症対策を実施しております。
お客さまには、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • 熱中症のリスクを考慮し、渉外活動等による屋外での移動中は、周囲の方との距離を十分に(概ね2メートル以上)確保できる場合、マスクを外して移動します。
  • 屋外での渉外活動中は、のどが渇く前に、こまめな水分補給を行うこととし、周囲の方との距離を十分にあけた上で、適宜マスクを外して休憩します。

厚生労働省「令和2年度の熱中症予防行動」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_coronanettyuu.html