事業創造

ビジネスマッチング、
そして、クラウドファンディング。
地域のビジネスに、前を向くチカラを。
営業
細井 一憲
2014 年入庫

地域の「相談役」として
その声に耳を傾ける。

 営業の仕事は、個人や法人のお客さまの窓口として、預金・融資・資産運用をはじめとした金融ソリューションを提案することです。しかし、それは、単なる金融商品のセールスを意味するのではなく、地域をよりよくしていくための「相談役」を務めることだと私は考えています。
 お客さまと向き合い、その声を聞き、そのニーズを満たしていく。それが、城北信用金庫のスタイルです。誰よりもお客さまに近いところにいるからこそ、提供できる価値があると私は確信しています。
 私にとって、強く印象に残っているのが、製造業を営む法人のお客さま。それほど、大きな取引はなかったのですが、話を聞いていくうちに、他の金融機関への返済で経営に大きな負担がかかっていることがわかったのです。そこで、提案したのは条件を見直し、負担の少ないかたちで借り換えをすること。融資実行後に「細井さんに出会えて良かった」と言っていただけたこと。そして、その後もさまざまなご相談をいただけるようになったことは、私にとって何よりの喜びでした。

仕事に妥協は許されない。
常に、新たなチャレンジを。

 豊かな人生を送るためにも、ビジネスをさらに成長させるためにも、お金は欠かすことのできないものです。その大切なものに深く関わっていく。私たちの仕事は「前を向いて、挑戦するチカラ」を届けることなのではないでしょうか。だからこそ、私たちの仕事に妥協は許されません。常に挑戦し続けること。そして、お客さまと共に成長していくこと。そこに城北信用金庫の使命がある。私はそう考えています。
 私たちの提供価値は、金融に限ったものだけではありません。
事業の発展に貢献するクラウドファンディングやビジネスマッチングの提案など、常に新たな取り組みを続けていますし、一人ひとりの職員も自分なりに考え、地域やお客さまのための行動を貫いています。お客さまに向き合い、その未来をよりよいものにする。期待を超える価値を提案し続ける……。揺らぐことのない信念を胸に、この街とそこで暮らす、すべてのお客さまに前を向くチカラを届けていきたいです。
MESSAGE
城北信用金庫がただの金融機関だったなら、私が入社することはありませんでした。金融に留まらないさまざまな提案ができる。新たな挑戦を続けていける。その面白さをぜひ体感してほしいです。自分を強く持って、就職活動を楽しんでください!

SCHEDULE

他の職員を見る