心に寄り添う

あなたがいるから。
大好きなこの街を
支えていける存在に。
テラー
上條 ひかる
2017 年入庫

その心に寄り添う。
私にしかできないことを。

 お客さまのために、地域のために。その声に耳を傾けながら、自分にできることを考え、行動する。城北信用金庫のテラーはただ窓口業務をするだけではない。私はそう考えています。
 私がもっとも大切にしているのは、お客さまの些細な変化や想いに気づき、その心に寄り添った行動・サービスを心がけることです。旦那さまを亡くし、相続の手続きに訪れたお客さまがいらっしゃいました。その表情はひどく疲れていて、強い悲しみが伝わってくるほど。
 私はできるかぎり、丁寧に、わかりやすく、心情に配慮した対応をしようと努めました。対応が正しかったのかどうかはわかりません。お客さまの悲しみが拭われたわけでもありません。けれど、後日、そのお客さまが別の要件で来店された時に、こんな言葉をかけてくださったんです。
 「上條さんが店頭にいると、すごくほっとするの」
 お客さまの心に、心で向き合っていく。その大切さが刻まれた瞬間でした。

誰よりも信頼される、
理想のテラーを目指して。

 「用事はないけれど会いに来た」「あなたがいるから、城北さんをメインバンクに」。そんな風に言っていただけるような、誰よりも信頼されるテラーになる。それが、今後の目標です。私が勤務するのは、窓口がふたつだけの小さな支店。けれど、常にたくさんのお客さまで賑わっています。忙しい時にはバックヤードに任せてしまいがちな事務仕事も、今では、できるだけ自分で手続きをして、お客さまとの何気ない会話を交わし、心を通わせていく……。
そんな日々を重ねるうちに、私自身がこの街を、このお店を大好きになりました。
 お客さまに喜んでいただけるイベントの企画や地域のお祭りなどに参加したり、金融商品の勉強をしたり、営業担当者に同行して、お客さまのもとを訪問したり……。今は私にできることを探し、一生懸命に自分を磨いているところです。一人ひとりに寄り添う心を忘れることなく、大好きなこの街を支えていける存在になりたいと思っています。
MESSAGE
商社の営業事務やメガバンクの一般職など、いろいろな会社を受けた中で、城北信用金庫を選んだのは、私が私らしくいられる場所だと感じたからでした。皆さんも、無理なく、自分らしく働ける場所を見つけられるよう応援しています。

SCHEDULE

他の職員を見る