リーダーの使命

事業創造。そして、地域活性。
チームの絆で
この街に、尽くしたい。
営業班長
浅田 稔浩
2006 年入庫

この街のためになるなら、
何を提案してもいい。

 「何とか、お客さまの力になりたい」。私のチームのメンバーは、その想いを胸に日々の仕事に向き合っています。日々、様々な資金のご相談をいただきますが、その全てに融資を行えるわけではありません。私たちはそんな壁に直面することが、しばしばあるのです。そんな時、一人ひとりの営業メンバーの悩みを聞き、共に考え、支え、時には同行する。そして、チームを目標達成へと導く。そこに、営業班長のミッションがあると私は考えています。
 私たちの仕事は、お金を貸すことではありません。お客さまのビジネスや人生をよりよくするための提案をすることです。新規事業を共に考える。成長を実現するビジネスマッチングを模索する。そのプランは、金融分野に留まるものではなく、まさに「お客さまのためになるなら、何をしてもいい」のです。ただし、一人きりで思い悩んでいても、解決策は見えてこないもの。支え合っていけるチームの絆がある。それが、一人ひとりに確かな力を与えてくれていると思っています。

お客さまと地域を
全力で盛り上げていく。

 私が勤務する支店は、地域とのつながりがきわめて強い店舗です。その象徴とも言えるのが「赤羽馬鹿祭り」。支店のメンバー全員が参加するほか、城北信用金庫の入庫2年目以内の女性職員がダンスやパフォーマンスで祭りを大いに盛り上げているのです。地域のみなさまと共に歩み、この街を盛り上げ、すべての人が笑顔になれる。考えてみると、私たちの仕事は祭りのようなものかもしれません。
 正直に言うと、私の入庫動機は「営業職で土日休み、転居を伴う転勤なし、経営も安定している」という程度のものでした。
けれど、今は「お客さまと地域を盛り上げていく」この仕事に確かなやりがいと喜びを感じています。お客さまのためにできることを皆で考え、提案する。時にはお客さまの経営する飲食店に営業チーム全員でお邪魔して、チームメンバー同士の絆を深める。だからこそ、仕事に妥協は許されません。常に高い目標を持ち、チームと共に苦しみ、喜びを重ねていくことで、常にお客さまの期待に応えていける、最高のチームを目指していきたいと考えています。
MESSAGE
就職活動期間中は、さまざまな企業を知る良い機会です。そして、そこで見聞きし、学んだことは社会人生活の糧となります。できるだけ多くの企業と人に出会って、心の底から「やりたい」と思える仕事を見つけてください。

SCHEDULE

他の職員を見る