スペシャル

Nゲージ「城北信用金庫号」発売記念特集


TOP

東京都電「城北信用金庫号」がNゲージになりました!

この度、東京都電「城北信用金庫号」が、
株式会社ハセガワさまよりNゲージとして製品化されることとなりました。

同車は2004年より、当金庫の営業エリアを走行を開始。
当金庫のシンボルである桜のマークをモチーフとした華やかなデザインは、
地域の皆さまはもちろん鉄道ファンにも長年愛され続けています。

Nゲージとは

Nゲージとは?

鉄道模型は、レール幅によって規格が定められており、
レール幅が9㎜、縮尺が1/150の鉄道模型規格をレール幅9㎜(Nine)の頭文字をとって「Nゲージ」と呼びます。

精巧に再現された手のひらサイズの鉄道模型は、眺めて楽しむだけでなく、
レールの周りに街や山など情景レイアウトを作り、その中を走らせて楽しむこともできます。

Nゲージとは

株式会社ハセガワさま 特別インタビュー

Q.鉄道模型業界への参入のきっかけを教えてください

HOスケールのプラモデルとして、某ゲームに出てくる路面電車の開発依頼を受けたことがきっかけです。
その後、プラモデルに動力を組み込んだ商品(HO完成車両)をいくつか手掛けました。
1997年には、当社オリジナルのNゲージ商品東京都電6000形が発売し、
日本の鉄道模型のメジャースケールであるNゲージを開発するようになりました。

Q.城北信用金庫号を開発した理由を教えてください

弊社ではこれまでにいくつもの都電の車両を手がけてきましたが、
「都電のラッピング車両=城北信用金庫」のイメージがありました。
今回のイベント(第21回国際鉄道模型コンベンション)出展にあたり、何か特別な商品を開発したいという思いから、
複数あるラッピング車両のなかでもデザイン性の高い城北信用金庫のラッピング車両を採用しました。
車体にはロゴマークが大きく印刷されており、
遠くからでも「城北信用金庫号」と分かる模型映えする商品に仕上がりました。

Q.開発に際しこだわったところを教えてください

弊社の都電7000形の商品から動力周りを一新しています。
また、デザイン面ではより実車に近づけるため、車輪径を小さくし、
行先表示を点灯させる機能を追加しました。前モデルよりリアルな模型に仕上げています。
生産工場でのトラブル、新型コロナウィルスの影響などもあり、完成までに3年もの歳月がかかりました。

Q.城北広告車Nゲージを使ったおすすめのレイアウトや楽しみ方を教えてください

路面電車用のレイアウトで走行させることで臨場感が増します。
TOMIX「ワイドトラムレール」やKATO「ユニトラム」などにストラクチャーを組み合わせることで
少ないスペースでNゲージの世界を楽しむことができるのでおすすめです。

株式会社ハセガワ 営業部 製造グループ
モデモ担当 山田係長さま

東京都電7700形 “7707 城北信用金庫号”(M車)

株式会社ハセガワ

所在地:〒425-8711 静岡県 焼津市 八楠 3-1-2
事業内容:プラモデル・鉄道模型・専用工具等の企画、製造、販売、海外プラモデルの輸入販売
ホームページ:http://www.hasegawa-model.co.jp/

走行動画







Streetcar top|停留場







History|歴史







Features|特集