定時定額購入の特長

投資信託とは、たくさんのお客さまからお預かりした資金をひとつにまとめ、
運用の専門家である投資信託会社が、複数の株式や債券など多くの金融商品に投資し、
その成果をお客さまにお返しする商品です。

  1. 小さな資金で始められます。

    一括なら10,000円から。定時定額購入なら5,000円(投信インターネットサービスなら1,000円)から始められます!

  2. 分散投資の効果が得られます。

    複数の投資対象に分散投資しますので、リスクを抑えた運用を目指すことができます。

  3. 専門家が運用を行います

    資金運用は豊富な知識と経験・情報力を持った専門家が行います。

資産運用の考え方

ご自身のお金を色分けし、運用に使える資金を確認しましょう。

投資信託などリスク性商品の運用にあたっては、余裕資金を使ってはじめることが大切です。ご自身のお金の中で「当面使う予定のないお金」が運用資金に適しています。

運用の目的を確認しましょう。

投資信託(ファンド)を選ぶ時は、効率よく資産運用するためにも、運用する目的を確認し、目的に合ったタイプのファンドを選択することが重要です。

投資信託の購入方法を確認しましょう。

分配金の仕組み

分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。

分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。

  • 分配対象額は、①経費控除後の配当等収益および②経費控除後の評価益を含む売買益ならびに③分配準備積立金および④収益調整金です。分配金は、分配方針に基づき、分配対象額から支払われます。

投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。

  • 上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご留意ください。

投資信託の主なリスク

投資信託は値動きのある株式や債券などに投資しますので、投資信託の値段(基準価額)は株式、金利、為替などの動向や発行体の信用状況の変化などにより変動します。したがって損失が生じ元本を割込むことがあります。一般的に主なリスクには下記のものがあります。
(下記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。)

  • リスクの大きさは一般的な傾向を示しており、実際の投資とは異なる場合があります。

リスクとの上手な付き合い方

資産の分散

投資資金をひとつの資産にまとめて投資するよりも、値動きの異なる資産に分散して投資することでリスクを軽減させる効果が期待できます。

時間の分散

一度にすべての資金を投資するのではなく、購入時期を何回かに分散することで、平均購入単価を抑える効果が期待できます。

ドル・コスト
平均法

一定の期間毎に、一定の投資金額で同一の金融資産を購入する手法です。価格に関係なく、一定金額を投資するので、単価が高い場合には少数の口数を、単価が安い場合には多数の口数を購入することとなります。結果として買付価格を平準化することが期待でき、長期投資に向いています。

参考例

下記のようなケースの場合、「ドル・コスト平均法」の方が平均購入基準価額を抑えることができます。
ただし、常に良好な運用成果を約束するものではありません。

  • 上記は概算であり、手数料や税金は考慮していません。

長期投資

長期投資とは、目先の動きにとらわれず、長期間で投資を行うことです。
投資期間が長くなるにつれ、安定した運用成果が期待できます。
日本株式、日本債券、海外株式、海外債券の4資産均等分散投資で保有期間を変えてみると…

  • 当グラフは、日本株式、日本債券、海外株式、海外債券の4資産に均等分散投資をした場合のイメージ図です。常に良好な運用成果を約束するものではありません。

購入方法

窓口へお越しください。
投資信託のお取引には、総合口座(普通預金口座)を開設のうえ、投信取引口座を設定していただく必要がございます。

店舗で相談する

お近くの店舗でご相談ください

お持ちいただくもの(個人のお客さま)

マイナンバー
お届印
本人確認書類(運転免許証等)
ご確認させていただきたく事項

・口座開設の目的
・ご職業

投信インターネットサービスからご購入いただけます。

  • 本サービスは、窓口での事前申込みが必要です。

分別管理

投資信託は、お預かりした資金を「信託財産」として信託銀行で管理しています。
信託銀行は、自行の財産とは分別して管理することが義務付けられていますので、信託銀行およびその他の関係会社が破たんしても、破たん時点での信託財産(時価)の安全は確保されています。

投資信託ご購入にあたってのご注意事項

  • 投資信託は預金、保険契約ではありません。
  • 投資信託は預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
  • 当金庫が取扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当金庫は販売会社であり、投資信託の設定・運用は委託会社が行います。
  • 投資信託は元本および利回りの保証はありません。
  • 投資信託は、組入有価証券などの価格下落や組入有価証券などの発行者の信用状況の悪化などの影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。また、外貨建て資産に投資する場合には、為替相場の変動などの影響により、基準価額が下落し、元本欠損が生ずることがあります。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、ご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託には、換金期間に制限のあるものがあります。
  • 投資信託の取得のお申込みに関しては、クーリング・オフ(書面による解除)の適用はありません。
  • 当金庫取扱いの投資信託は、買付時の購入時手数料(申込金額に対し最大3.3%(税込))ならびに換金時の信託財産留保額(基準価額に対し最大0.5%)が必要となり、保有期間中は信託報酬(純資産総額に対し最大年率1.804%(税込))、監査費用、売買委託手数料、組入資産の保管費用などの諸費用が信託財産から支払われます。その他の詳細につきましては、各ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面などをご覧ください。なお、これら手数料・費用に関する手数料の合計は、お申込金額や保有期間などによって異なりますので表示することができません。
  • 分配金は、運用状況などによっては、分配金額が変動する場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
  • スイッチングの取扱いは行っていません。
  • 当資料は、投資判断の参考情報の提供を目的に作成しています。投資はご自身でご判断されるようにお願い致します。
  • 当資料は当金庫が独自に作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 投資信託のご購入にあたっては、あらかじめ最新の投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面などを必ずご覧ください。投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面などは当金庫本支店などにご用意しています。
  • 詳しくは当金庫の投資信託の専用窓口までお問い合わせください。

帯広信用金庫 登録金融機関 北海道財務局長(登金)第15号

お問い合わせ

詳しくは、お近くの本支店窓口、または「おびしんふれあい相談室」へお問い合わせください。

電話で相談する

おびしんふれあい相談室

TEL0800-800-6100
受付時間:平日 9:00~17:00
土曜日・日曜日・祝日 休業日
電話:0155-28-6100/FAX:0155-24-3348

店舗で相談する

お近くの店舗でご相談ください