仕事もプライベートも、
良い職場関係がある

- 入社〜現在までの経緯を教えてください。

2013年度に帯広しんきんに入庫し、3年間は木野支店に配属され渉外担当及び融資担当していました。配属当初は右も左もわからず、先輩職員のアドバイスを受けながら、日々の仕事を覚えていくのに必死でした。現在は3店舗目で渉外業務を行なっています。

- 今、どんなお仕事をしていますか?

地域のお客さまの資産形成や事業発展をサポートする仕事をしています。
渉外係としてできる限り多くのお客さまと直接お話をすることで、情報収集に努めています。今いる店舗は年齢の近い先輩・後輩が勤務しており、仕事やプライベートの相談がしやすいです。また、中規模の店舗であり預金・融資・渉外の係毎の連携もとりやすく、良い職場関係が作られています。

お客さまに関わり
感謝される喜びがある

- やりがいを感じた時は?

訪問活動を通じて、新たなお客さまと取引が始まることや、大きなお金が必要となるお客さまのライフイベントの際には資金支援をすることで、感謝の言葉を頂けることが嬉しいです。
帯広しんきんは各地に支店があるため、各支店毎の交流は普段は少ないものの、職員組合のレクリエーション行事として新入職員歓迎会やクリスマスパーティー等があり、他の支店の職員と交流することができます。

支店長となって、
運営や職員の育成に力を入れていきたい

- 将来の目標を教えてください

若手職員は預金・融資・渉外の各担当に職場内ローテーションすることから、様々な経験を積むことができます。若手職員でも預金業務や保険、投資信託等のその他業務だけでなく、担当先の融資案件を上司のサポートを受けながら進めることができ、活躍することができます。
また、本部研修や派遣研修などの研修制度が充実しており、人財育成に力を入れているので安心して働くことができます。
支店では中堅職員となってきましたが、現在イメージする今後の目標としては、支店経営の責任者として支店長となり、支店運営や部下職員の育成に注力してみたいと思っています。

渉外係の1日

  • 8:35出勤
    朝礼が終わると一日のスケジュール確認をします。
  • 9:00訪問活動
    担当先のお客さまを訪問。定期積金の集金や振込受付、税金支払い等手続きのため事業所や自宅を訪問し、通帳や伝票等をお預かりする。
  • 12:10昼休み
    帰店、午前中にお客さまよりお預かりした伝票等の処理をした後、昼休憩。
  • 13:00業務再開
    新規訪問。初めて訪問するお客さまについては名刺交換から始まり、帯広しんきんや自分自身を知っていただき、今後の取引につながる情報等収集をします。
  • 16:00活動報告
    1日の活動報告として、その日の訪問先で得られた情報や融資相談等を上司に報告するために1日の日報を作成。
    また、翌日訪問予定先への提案書等の書類を作成、準備します。
  • 17:00退庫
    1日の仕事を終え、車で帰宅。たまに同僚と食事にいくことも。