TOKACHI Grand Nutsプロジェクトとは

帯広しんきんは、十勝農業の多様性や付加価値向上に取り組んでおり、2017年8月には十勝管内外の産学・農商工との連携により、落花生を用いた新たな食文化の創造とともに、十勝における落花生の栽培方法の確立・普及やオイルやペーストなど落花生の加工品の開発を推進しようとするため、“TOKACHI Grand Nuts”プロジェクトを立ち上げました。
2018年度には、帯広畜産大学圃場の試験栽培に加え、芽室町の生産者グループに参画いただいたこともあって、プロジェクトの栽培面積を拡大したほか、(一社)日本ピーナッツ協会の皆さまが視察にお越しになるなど、国内関連業界からも強い関心が寄せられるようになっています。
2019年度は、落花生栽培の品質確保と拡大を図るため、生産者による「十勝グランナッツ生産者有限責任事業組合」が設立されました。また、同時にプロジェクトメンバーを中心に、栽培から加工・流通まで一貫した地域内バリューチェーンを構築することを目的とする「十勝グランナッツ合同会社」が設立され、帯広しんきんは協力企業として幅広く支援しています。
今後、栽培の規模拡大や機械化、加工品開発等が進展すれば、生産性、採算性の向上が期待できます。帯広しんきんは、十勝農業の多様性の推進や付加価値の向上を図るため、中長期的な視点に立って取り組みを支援してまいります。

  • *落花生の英語名は「Ground Nuts」ですが、「偉大な・母なる」という語彙をもつフランス語「Grand」と組み合わせて“Grand Nuts”(造語)と名付けました。

お問い合わせ

詳しくは、「地域経済振興部」へお問い合わせください。

電話で相談する

地域経済振興部

TEL0155-23-7590
受付時間:平日9:00~17:00